スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:105/3276 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

眠れない午前三時

 投稿者:十郎  投稿日:2017年 6月14日(水)03時18分51秒
  通報 返信・引用
  ケンラン飼育容器のダンボールをマメにチェックしてるけど、まだ産卵していない模様。
このままケンランが鳴かず飛ばずだと、次の旅行もマレーだのう。

マレーに行くとしたら、クルアンとタナラタ間の移動を、いかに無駄なく速やかに済ますかがカギ。
まずは3日クルアンに滞在してケンラン探し、でクルアン最終日にクアラルンプールへ行き、バスターミナルそばの宿に泊まる。
翌日の朝、長距離バスでタナラタへ行くのが常道かな。

しかし、自力採集って無茶苦茶楽しいので、クルアン滞在を4~5日に伸ばして、購入主体のタナラタは2日も居ればいいかなーって気がしないでもない。

問題は天候か。
旅行前にクルアンの天候を調べたら、毎日雨で激しい雷雨も多く参ってたけど、あれはあてにならないよ。
現地滞在中も、検索したらずっと雨マークだったけど、一滴も雨は降らなかった(苦笑)。

逆に言えば、晴れマークでも信用できないってことだけどね。

余談の余談。
クルアン行きは空港タクシーで一発でいける。
費用は約1万円、時間は3時間ぐらい。
タナラタと同レベル。

道は高速道路が整備されてるので、見かけの距離よりずっと早く着く。
ちなみに鉄道って手もあるのだけど、クルアン周辺の鉄道は電化が一番遅れてる地区なので時間がかかるとのこと。(マレーシア政府観光局調べ)
将来、鉄道の整備が進めば、電車で行くのもアリかもしれぬ。




>はりぃ。さん
>目指せバイオリン日本一(^∇^)
むむむむむ、この称号、近いうちにモノにできそうですね。
場合によっては、世界一も獲れるかもしれません。

自分も…そうですね、マルムネ日本一でも目指しますか。
まぁ、マルムネみたいな多産種は若齢でなく成虫の数を競わないと、収拾がつかなくなりますけど(笑)。

>m(_ _)mすいません。
なんのなんのなんのなんの!
カマキリ飼育に不慮の死は付きもの。
未来の同志は、今の我々の飼育カマキリの死亡率の高さにあきれるかも知れませんが、今はこれが精一杯。
辛いお気持ちはわかりますから、この趣味を嫌にならないでくださいよう。

>休暇の予定がどうなるのか、、、。私も楽しみにしています!
はりぃ。さんのカマキリ休暇も楽しみにしてますよん♪

>画像
これは…フンですか!?
面白いですねぇ。
原因が食べ物由来だったら、自分も試したい(笑)。




写真はグヌンランバックのコロギスの死体。
脚の水色がお洒落。

生きてるのも捕まえたけど、ケンランに逃げられまくって意気消沈してたので、撮影意欲は無かったのであった。
ふんわり飛んで逃げるので、むしろ成虫の方が捕まえやすいのかも知れぬ。(コロギスはよーしらんけど)
 
》記事一覧表示

新着順:105/3276 《前のページ | 次のページ》
/3276