投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


今日は休みだ

 投稿者:十郎  投稿日:2017年11月26日(日)18時42分1秒
返信・引用 編集済
  今日はランバージャックのセールに行ってきました~。
やっぱ3割引きは大きいなぁ。
南米の超巨大ムカデだって、頑張れば買える…かな(笑)。

自分の目的はマレーシアアースタイガーだったのだけど、なぜか売れ残ってたボクサーカマキリなんかも買ってしまいました土佐。
実はボクサーもサイコも、なんでか全然孵化しないので、また仕切り直しさね。


>はりぃさん。
自分の行きつけの釣具屋さんもサシが値上がりしました。
自分の場合は1袋30円値上げですかな。

値上げと言えば、マレーシアのカマキリが軒並み値上げ傾向にあります。
こりゃ、マレーシアと日本の経済成長の差でしょうね。

>巨大マルムネは南米のじゃなくて、以前話していたものですよね?
そうですそうです。
できればキャメロン数年滞在して、毎日この手のレアカマキリを探したいですわ。
老後の目標にしようかしらん(笑)。

インドネシア昆虫センターさんの採集ツアーのランプーンの項でも見られますが、ランプーンでも多産するってわけじゃなくって採れたのは後にも先にもあれ1匹だそうで、マルムネのくせに(笑)なかなかのレア種のようですよ。

>華龍!!うまい事いいますね~。
まぁ、下の画像の種は「アフリカ棒」なんて、ひでぇ名前で呼んでますが(苦笑)。

あと、フランス産ウスバカマキリを「ファーブルカマキリ」とか。
タミヤが「ヤクトパンター」のプラモを「ロンメル」って名づける感覚で(苦笑)。

>Empusa pennata
ウムッ!いいカマキリですね。
無事に羽化したようで何よりであります。
思ったより足が太くてしっかりしてる、美麗な大型種ですな。
なんか良い和名は無いものか…。

>マオウ
>苦手意識はないので
…つ、強い(^_^;)



>attenboroughiiさん
>ケンランやキノカワ等カサカサ系のカマキリは特に若齢幼虫は高湿度を要求します。
正直言いますと、自分は現地でジメッとした立ち枯れの樹皮の下にケンランが居るのを見るまでは、ケンランはカラッカラが好きな種かと思ってました。
後はとにかく現地で若齢幼虫を確認したいですわ~。

>結構詳細な飼育マニュアルを添えて分譲したんですけどね~><;
最近、飼育者の方が「ダンゴムシ・ワラジムシビジュアルガイドブック」なんてすんばらしい本を作成されてましたし、「ケンランカマキリガイドブック」なんて仕立てられるのもアリかと。
ケンランは見映えしますので、写真集的価値もござる。
無論買わせていただきますよん♪

>シロアリは地面から上には上がってきにくいのでケンランもとても落ち着いています。
あ、そういうメリットもありますか。



>こぶ屋館長さん
>ケンラン
え、まだ生きてますか!?
これはちょっとすごいことですよ。
少なくとも、自分はそこまで長生きさせたことはありません。
いやはや、ここまで大事にしていただいて本当に採集者冥利に尽きます。

>今はケンランの長期飼育記録が目標です。
またうちで育ったのを送らせていただきますね。
で、長生き勝負しましょう、勝負。(←負けそうや~)

件のカマキリ先生もマレーに行かれましたし、来年はこぶ屋館長のマレー行きも楽しみにしてますよ。



写真は今日買ったマレーシアアースタイガーの1匹。
ひょっとしてシンガポールブルーかと思うくらいひょろこいけど、シンガポールブルーはもっとひょろこいか。
ワイルドのタランチュラのこういう胡散臭さが大好き。
 

こんにちは!

 投稿者:はりぃ。  投稿日:2017年11月26日(日)14時25分18秒
返信・引用
  今日もいい天気ですね~。昨日はアスファルトを歩くハラビロカマキリを見つけてお持ち帰りしてしまいました。そろそろカマキリも見かけなくなってきますよね。

>attenboroughiiさん
ありがとうございます。ほんとに綺麗な種です。
attenboroughiiさんの飼育に余裕があるとき、是非お声かけしてください。バイオリン送ります!!
私の所も、近くにある釣具屋さん3件はサシの取り扱いがないので、仕事で外回っている時に週2回購入しています。去年は冬はサシ大の入荷がなかったので、今年は顔も覚えてもらって世間話したりしているので、迷惑にならなければ個人的に入れてもらえるか頼んでみようかなと。私も通販サイト見つけて送料聞いたのですがやはり高いので悩みました。

>マオウ
繁殖は成功していませんが、苦手意識はないのでちょっと書いてみます。
私は亜終齢までプリンカップ860サイズで個別飼育しています。860の盛り蓋だとオスなら終齢までいけました。羽化もいろいろ試したのですが、100均のs~500円のプラケースの縦置きでどれも無事に羽化できました。
マオウはツルツルした所は登れないし、足も長いし足場に対するツメのかけ方も癖があるので、ちょこっと注意が必要ですが、枝を多目に組んだものや、網戸のメッシュのみや鉢底ネットに手を加えたもの。どれも脱皮、羽化できました。
ただやはり神経質な性格なのは間違いないので、環境を変えるタイミングを間違えると危ない事はあると思います。湿度に関しては40~70%ならそこまでシビアにならなくても大丈夫な気がします。40%なくても脱皮や羽化できましたが敢えて低い湿度にする事はないと感じました。温度に関しては、やはりベストなのは30度以上だと思います。40度で60%以上の湿度でも体調壊してなかったです。20度前後だと餌の食いが悪くなったり消化不良も起こりやすいと思います。
あとは私のやり方なので参考にしない方がいいかもしれませんが、マオウは食欲に波があると感じてからは食べる時には割とお腹パンパンに与えていました。他のカマキリもそうなのかもしれませんが、マオウは脱皮や羽化のちょうど良いタイミングを逃すとなかなか次のタイミングがなくズルズル伸びて体も少し伸びて力なくグニャリと下に落ちて★になるような気がします。
マオウも体や顔の動かし方で、エサ食べるかわかりやすいので、ピンセットでレッドローチとかも与えやすいのですが、大きめのメスだと消化不良になりやすいかもしれません。
消化不良と話が矛盾しますが、ほんとに私の飼育していたマオウ達はほとんどの状態でお腹ぱつぱつでした笑
脱皮や羽化の2~3日前には皮も浮くしカマも少しひらいたり餌も食べないので、脱皮や羽化がよく見られた午前中や深夜~早朝にかけては刺激にならないように気を付けました。

霧吹きに関しては、飼育容器が広かったりネットケージとかならしても問題ないと思いますし、冬場なら必要なのかもしれませんね。容器内が汚れてたり室温が低いのに体にかかるようにしてしまうと悪影響になるかもしれませんが。

>ケンラン
すごい。飼育方法確立されていたのですね。
それに数百匹を分譲とか、、、大成功していたのですね。でも逆に数が多い分、気を抜いたり手が回らず慣れない飼育でダメになってしまう事はありそうですよね。
私が東南アジアのカマキリを上手く累代できないのは湿度が足りないのだと今年改めて気づきました。そこら辺の感覚は、ほんとに失敗や成功を重ねて掴んでいくのでしょうね。最初たまたま上手くいって、油断するとあっというまにダメにしてしまう事を今年は何度も味わいましたし。
なんだか長くなりましたが、マオウとケンランの経過楽しみにしております^ - ^
マオウの事思い出しながら書いたら、繁殖成功させたくなってきました。


>こぶ屋さん
長い間展示していただきありがとうございます。
バイオリンたしかに交尾以降が難しいかもしれません。
今期余裕もあったのでいろいろ試したのですが、これなら上手くいっただろうなぁといった個体が一つ産んだあとその次が無精卵のような卵を産んで死んでしまったりまだまだ分からない事あります。
うちのsibyllaは全個体羽化しましたが、3つ産んだ卵はまだ孵化せず、一つ産んで死んでしまったり2個めを産み渋っている感じです。今回残ったのがオス1メス5だったのでオスになにかしらの異常があった場合は、、、。
精包は確認できているのですがね、、。
また必要な時はバイオリンや他の上手くいった種は送れるのでお声かけください。m(__)m
 

近況報告

 投稿者:こぶ屋館長  投稿日:2017年11月25日(土)22時41分28秒
返信・引用
  なんだか呼ばれたような気がしたので…。

先ずケンランですが、十郎さんに送っていただいたケンランはまだまだ元気にしています!2~3日毎に頭部を引き抜いた小さめのイエコオロギを与えていますが、いつも喜んで(?)食べています。
それからattenboroughiiさん、初めまして!実は前に孵化した6個体のみで、以降孵化していません。またこの6個体も3齢まで進んだのが1個体あっただけで結局全滅させてしまいました。今ならトビムシが多数いるので餌には困らないんですが…。

それからはりぃ。さんのところからやってきたバイオリンは1メス2オスが羽化して、ずっと雌雄同居させて展示していましたが、交尾は未確認で結局産卵しないまま死なせてしまいました。バイオリン、コツを掴んでいないせいか難しいと感じています。Sibyllaの方は終齢で成長が止まっているような感じでなかなか羽化しません。でもこんなものかもしれませんねぇ。

以上近況報告でした。今はケンランの長期飼育記録が目標です。

 

(無題)

 投稿者:attenboroughii  投稿日:2017年11月25日(土)14時11分36秒
返信・引用
  >はりぃ。さん
Empusa羽化おめでとうございます。
マオウに負けず劣らず妖しく美しい蟷螂ですね~。バイオリンも飼育したことないのですが、
いつか飼育してみたいと思っています。

ウチの近所に釣具屋がないのでサシは通販なんですが、送料が痛いですね。
冷蔵庫保存でも2か月は持ちませんから、まとめて購入もなかなかできず...。

マオウ霧吹きしないんですか。ますますわからない...。
これまでは丸太飼いでやってきましたが、今回は広めの飼育容器でゆったりやってみるつもりです。

いや、ケンランの飼育方法は結構前に確立されています。ただ後が続かないんですね...。
ウチも2013年頃には卵、幼虫、成虫合わせて数百匹分を分譲に回して、丸瀬布の昆虫館だとかいろいろな所に送りましたがその後が全く聞かれないのでどうやら何方も上手くいかなかったようです。
成虫サイズの虫を沢山キープするのは大変なので、卵や幼虫での分譲が主でしたが
ケンランやキノカワ等カサカサ系のカマキリは特に若齢幼虫は高湿度を要求します。
この感覚は自分で増やして数を飼育しないと掴みにくいのかもしれません。
結構詳細な飼育マニュアルを添えて分譲したんですけどね~><;



ケンランは5齢になるものが増えてきました。
ヤマトシロアリは良い餌になりそうです。
ショウジョウバエですと歩き回ってケンランを怖がらせることが良くあるのですが
シロアリは地面から上には上がってきにくいのでケンランもとても落ち着いています。
キッチンペーパーを湿らせておけば一緒に飼育できますし、キープもだいぶ楽です。
餌やりの際、土を入れると返ってシロアリは消滅しやすいように思います。
底床材がカビるとシロアリによくない気がします。

こぶ屋館長さんのところでもケンランが増えているようですが、順調でしょうか。
 

羽化。

 投稿者:はりぃ。  投稿日:2017年11月24日(金)23時53分9秒
返信・引用
  みなさんこんばんは!
初めて飼育する種の羽化成功の嬉しさは、本当に言葉にできないくらい嬉しいですね。
ほんと、バイオリンとEmpusaだけに絞ってもいいくらい好き。
また入手できる事があったら累代させたいなぁ。
むしろヨーロッパへ旅行へ行きたい( ´∀`)
初めてマオウが羽化した時以来の浮かれ具合。
ほんとカマキリ好きだわぁ。
来年も頑張れそうです。

さて、前回アクアリウムバスへ行ってみてとても楽しかったので今回も行こうと思ったのですが、昆虫類はあまりなさげ?なので当日の子供達の気分で参加するかもしれません。来週火曜日はディズニーも行く予定なので、迷います。
画像はEmpusa pennata
ほんとに綺麗
 

値上げ

 投稿者:はりぃ。  投稿日:2017年11月21日(火)14時33分9秒
返信・引用
  みなさんこんにちは!今年も終わりが近いですね。
最近値上がるものがたくさんありますが、私が購入している釣具屋さん。すべてのサシが20円値上がりました( ´∀`)もともと安いところだったのですが、貧乏な私には20円の値上がりがどう響いてくるやら。
カマキリの数減らすべきなのかなぁ。
attenboroughiiさんが、おっしゃるように数少ないとやはり手をかけられて上手くいく事が多いですよね。


>attenboroughiiさん
ケンランさすがですね!私もその安定感をどうにかものにしたいです。
マオウ購入!順調にいきましたら是非お話聞かせてくださいm(__)m
きっとオークションの方のほうが詳しいのでしょうが、、、。私はニセハナマオウカマキリ飼育では霧吹きをした事はありません。湿度が40~50%でも脱皮の失敗の原因にはなっていなかったので、十郎さんがおっしゃるように飼育容器等次第なのでしょうね。
でもヨーロッパでは霧吹きやライトとか、ばっちりやっていそうですよね。

>十郎さん
華龍!!うまい事いいますね~。私は勝手に紅葉と呼んでいますが笑
ほんとに綺麗なカマキリですねー。実物みれるなんて羨ましい。キープが難しいのは対策立てる事ができても飼育になると、、、。誰か飼育チャレンジしてくれないかなぁ。
巨大マルムネは南米のじゃなくて、以前話していたものですよね?これもみてみたい!
ヨーロッパに輸出はできないですが、日本でカマキリ人気がでた時に輸入に頼らなくても少しはまわせるように好きな種はたくさんキープしておきたいですね。
特に自分の累代したものが昆虫館とかに置いて頂けるのがほんとに嬉しかったですし。

>ケンラン
十郎さんとattenboroughiiさんが飼育方法を確立したら飼育したい人増えるでしょうね~。
綺麗ですもんね^ - ^


 

さて

 投稿者:十郎  投稿日:2017年11月20日(月)19時31分11秒
返信・引用
  これぐらい育つと、ピカピカして見ごたえがあって楽しい。
そろそろシロアリいけるかな?
 

週末

 投稿者:十郎  投稿日:2017年11月18日(土)19時04分18秒
返信・引用 編集済
  明日も仕事。
とんぶりも行けない。
新しい部署になってから、日曜出勤が多くなって、イベント離れがますます加速している。


>attenboroughiiさん
>ドラゴン誰か入れて欲しいですね~。累代チャレンジしたいです><
マレーシアで捕獲されるや即日本送りにできる態勢ができてないと難しいでしょうね。

>出品者はマメに霧吹き推奨してましたがどうなんですかね。
う~ん…止めた方がいいとは思いますが、この時期は暖房手段ひとつとっても多種多様。
飼育容器が置かれてる環境次第でしょうね。

>その一個から19匹生まれて現在4齢。生存数は16匹とまずまずな感じです。
うおおおお、さすがの生存率ですねぇ
自分は孵化幼虫の1割が羽化すれば御の字レベルです。

>シロアリ
自分も早く使いたいですなぁ。
た~だ、シロアリと言っても色々いますから、ダメな種類とかもあるかもしれません。
ジャングルを行進してる黒いシロアリは、なんだかマズそうに見えます。

>なんとか自分で確保したいです。
発生してる朽木を持ち帰って庭やベランダにゴロリ…って、なんだかそのうち家に取りつかれそうで危なっかしいですよな(^_^;)

>ヒヨケムシ
うーむ、凄い、これもうまくいってるようですね。
アリの巣を襲撃する様子が動画が知られて以来、ブラックヒヨケムシの注目度が上がってますが、ここまで育てるのに時間がかかりそうだと、軽い気持ちで手を出したら返り討ちにあいそうです。



写真は羽化した持ち帰りランカマキリ
持ち腹から得られた少数の幼虫から、1匹でもオスが出ればコイツと掛け合わせてワンチャン。
 

(無題)

 投稿者:attenboroughii  投稿日:2017年11月14日(火)16時33分56秒
返信・引用
  こんにちは

華龍めちゃ奇麗ですね!
ドラゴン誰か入れて欲しいですね~。累代チャレンジしたいです><

マオウがオクに出てたんで6頭購入しました。
3度目のチャレンジです。出品者はマメに霧吹き推奨してましたがどうなんですかね。
一応今のところ元気にしていますが...。
砂漠カマキリもオクに出てて欲しかったんですけど、複数ペア売ってくれないと手が出せません。

我が家のケンラン、そこそこ生きて2ヶ月生存していたんですが、
老齢個体だったのか結局最初の1個しか生んでくれませんでした。
その一個から19匹生まれて現在4齢。生存数は16匹とまずまずな感じです。
数が少ないと世話がしやすくて生存率が上がりますね。
4齢からは教えていただいたシロアリを与えていますが、これいい感じですね!
ヒナカマキリにも与えてみたんですが、ハエをやっている時と比べて嘔吐が全然起きません。
大きさもそこそこあるので成虫まで与えられそうです。
難点は買うと高価なことですね。なんとか自分で確保したいです。

我が家のヒヨケムシですが、あれから手持ちの半数ほど分譲して百数十匹手元にあります。
写真はヒヨケムシ"ブラック"のバンザイポーズ。
動きもなくて死んでるようにしか見えませんが脱皮の前はこんな体勢になるようです。
しかし長い...。巣穴に籠ってから脱皮まで2か月以上たっています。
メスが卵産んでから幼体が3齢に上がるまで半年近くかかっているんですよね...。
この調子だと成体になるのに数年要しそうです。
この長さも普及し辛さにつながっているんですかね。

 

シン・ゴジラ

 投稿者:十郎  投稿日:2017年11月12日(日)18時51分15秒
返信・引用 編集済
  「シン・ゴジラ」のテレビ放送は今日か。
自分は明日が早いから視ないけど、ネットの界隈では盛り上がるかな。


>はりぃ。さん
>ドラゴン勢は飼育難しいのですか?
飼育どころかキープが難しうございます。

オラン・アスリの皆の衆から朝に入手しても、夕方には大抵全身がカチンコチンになってたり脚の一部が麻痺したり取れたりで、明らかに弱ってます。
ホテルでのキープ中も、下手に広目の容器に入れて歩き回らせるより、キャンディ包みにして身動きできないようにした方がマシかもしれませんが、実践する度胸は無いです(笑)。
恐らくは灯火採集されたであろう消耗したオスしかいじくったことが無いので何とも言えませんが、メスも強健とはちょっと思えませんね。

>十郎さんは、この種を飼育してみたいなぁというのは今ないんでしたっけ?!
平日の殺伐とした気持ちではなく、今日みたいな休日の午後につらつら考えましたら、結構ありますね(苦笑)。
1番飼いたいのは超巨大マルムネですか。
2番目は下の写真の華龍ですかね。
3番目は砂漠カマキリ。(できれば大型のやつ)

現地で見てみたいってのは砂漠カマキリもそうですが、モモアカケンランとランカマキリですね。
ランカマキリは東ジャワに多産地があるようなので、またインドネシア昆虫センターさんに頼むことになると思います。

>バイオリンはお店開けるくらいの数をキープしているので、ほんと安心して楽しんでいます。
うーむ、素晴らしい。
いつも言ってますが、こっちからヨーロッパに輸出できるぐらい殖やしてやりたいもので。
特にアジア産は。

>ニセハナマオウ
自分にとっては動かせない巨岩みたいな存在になってしまってるので、今は迂回するのみです。
ちょっと当たって砕けすぎました。こっちが(笑)。

>ランカマキリ
ランカマキリを悪く言う人はホント、いません。
現地でも耳目を引く良い虫でした。



写真は華龍。
地味路線を突き進むカレエダ系の反逆児。
 

/331