投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


お帰りなさい!

 投稿者:はりぃ。  投稿日:2017年 7月13日(木)08時50分31秒
返信・引用 編集済
  遅くなりましたが、無事に帰国されて安心しました。それにしても毎日暑い。仕事の半分近くは外移動なので中々病みあがりの身体にはこたえますね。

身体のほうは大分いいのですが、カマキリを10日くらいまともに世話してないので、ちょっと酷い状況です。
まぁ、なるようにしかなりませんが、できる限りの事をして少しでも早く立て直していきたいなぁと思っているのですが、、、。
ちなみに、ゴーストの孵化には加湿は必要みたいです50~60%でも孵化不全で2匹死んでいるのを先ほど確認しました。ちなみに6個目のたまごから。

ケンランはランバージャックにも入荷されましたね。
人気があるようで、売れるうちは定期的に入荷されそうですね!!

>マレーの黄色ハラビロ
やはり美しいのですね。
美麗種といえば、kazさんから頂いたマレーハラビロ。複眼が真珠のような艶をしているので、私はパールアイと呼んでいます笑

それにしても、現地の画像をアップして頂くといろいろと想像しちゃいますねー。野生キノカワの孵化したてなんて贅沢すぎる!キープできなくても捕まえちゃうと思います。

まぁ、いろいろカマキリは失敗していますがマオウとバイオリンは元気なので、なんとか頑張っていきます
(^◇^)


それではみなさんお体ご自愛ください。
 

立ち枯れのキノカワ

 投稿者:十郎  投稿日:2017年 7月12日(水)11時33分37秒
返信・引用 編集済
  グヌンランバックのシロアリにやられまくってカリカリの立ち枯れ。
剥がす樹皮が無くとも、あっけらかんとケンランが止まってる可能性があるので、一応調べる。
大きな亀裂に指を入れて広げようと力を入れると、そこから小さなカマキリがパパッと何十匹も飛び出して逃げ散って行く。

シルエットからすぐにケンランでなくキノカワの幼虫だとわかったけど、何でこんなに群れてるの?
で、よくよくみたら、卵嚢が。
どうやら、孵化直後だった模様。

しかし、このキノカワの卵嚢の目立たなさは凄いね。
孵化児の抜け殻と1匹の孵化失敗幼虫がくっついてなかったら、卵嚢の存在に気付けたかちょっと自信が無い。

翌日もこの立ち枯れを調べたけど、キノカワカマキリの幼虫は1匹もいなくなっていた。
散るの早いね~。
 

飼える?

 投稿者:十郎  投稿日:2017年 7月12日(水)11時04分24秒
返信・引用
  ハチクラ大宮店にケンランが入荷してる。
今年はケンランの当たり年…というか、生態が解明されてきて、採れるようになってきたんだろうなぁ。
そのうちニジイロクワガタみたいに、飼育繁殖個体が安価安定提供されて、みんなが飼えるようになったら楽しいだろうなぁ。


写真はミツヅノコノハガエル。
オランアスリの皆の衆から結構売り込みがあるカエル。
大好きなカエルなんだけど、1度飼育に失敗してから、怖くて飼えない。
 

19マイル

 投稿者:十郎  投稿日:2017年 7月10日(月)01時36分53秒
返信・引用 編集済
  19マイルはいつも通りでした土佐。
特筆するなら、マルムネカレハの売り込みが多かったぐらいですかね。

とりあえず、今回の旅行の報告はこれまで。
次の旅行の標的はキャメロンのふもとのタパ-ですかね。
 

ジュエル!?

 投稿者:十郎  投稿日:2017年 7月10日(月)01時24分18秒
返信・引用
  3日目にとぼとぼと山を下りてると、ノロノロと歩いてるムカデを発見。
最初はジュエルかと思い、「噛まれても構わん!」と厚手のビニール袋を手袋代わりにつかむと、案外おとなしく捕獲成功。
このムカデ、自分の知ってるムカデどもと違って、なんかおっとりしてるのよね。
 

うーむ

 投稿者:十郎  投稿日:2017年 7月10日(月)01時18分27秒
返信・引用
  コンデジでもズームに強い機種とかあるから、ケンランの写真はそういうのなら綺麗に撮れたかなぁ。  

3日目

 投稿者:十郎  投稿日:2017年 7月10日(月)01時09分34秒
返信・引用
  初日、2日目は午後から雨だったけど3日目は朝から雨。
1日中雨なら、いっそ今日を移動日にしようと思ってたら、9時頃止んだので出撃。

しかし、良い立ち枯れが全然ない…。
高所に良い樹皮が付いた立ち枯れならあるんだけどなぁ…と、上を見て歩いてるとケンランがチラチラ。

だいたい高さで言うと5メートルぐらいの所なので(もっと高所にも居るとも思うけど、近眼なので見えない)、道具と腕のある採集家なら、なんてことなく捕まえそうな気がする。
この程度の障害で手も足も出ない自分の未熟を呪ったね。

で、今後のケンラン探しはどうしよう?
高所の樹皮までひっぺがす方向で工夫していくか、河岸を変えるか。
個人的には、もうこれ以上グヌンランバックの残されたケンランの住処を破壊するのは止めにしたい。
よって、河岸を変えてタパー方面に新天地を求める方針にしようと思ふ。
 

2日目

 投稿者:十郎  投稿日:2017年 7月10日(月)00時46分57秒
返信・引用 編集済
  2日目に崩壊しかかった立ち枯れのわずかに残った皮を剥ぐと、幼虫がピュッと飛び出してきた。

写真を撮ったのち、新兵器・綿で口元をモコモコさせたプラスチックフラスコを構えると同時に、足元が崩れかけ、汗が目に入り、蚊がまとわりつき、ズボンの裾から侵入したと思しき何者かに太ももを噛み付かれた。(ズボンの上から叩き潰した後で大きなゴキブリと判明)

なにくそと体勢を立て直すも、昨日、少し会話した老夫婦がラジオを大音量で鳴らしながら「何か見つかりましたかー!」と駆け寄って来て、ジ・エンド。

ここまで森羅万象に邪魔されたのは、もう逃げられる運命としか思えんかった(^皿^;)
 

さて

 投稿者:十郎  投稿日:2017年 7月10日(月)00時26分14秒
返信・引用
  昨夜は「祝杯じゃー」とチリの安ワインをゴブゴブ飲んで、その後、記憶が無い(苦笑)。
やっぱ、家に帰って気が緩んだか。

>りーちゃんさん
レプトマンテラ、カゲロウ共にオスしか入手できませなんだ。
ヒョウモンメス成虫なら手に入りましたが、ご入用ならメールください。
発送は来週末の15・16日になります。

>もし向こうでこちらを覗く機会があればよいのですが…
19マイルはネットが繋がりませんでしたが、グヌンランバックなんて山中でもネットができました。
いや、もう、何と言うか、時代は変わりましたねぇ。




>kazさん
前回と違って無事に届いたようで何よりです。
黄色ハラビロも別種の可能性を思えば、送らずにはおれませぬ。
しかし、ハラビロ系のオスは全然でしたね。
滞在期間が短すぎたのか、季節が悪かったのか。

毎度おなじみホソムネのハラビロなら複数入手できましたが、コイツはkazさんの研究の対象外ですよな。
必要ならお送りしますが。




>はりぃ。さん
お加減はいかがでしょう?

>マオウは2令~3令の色合いがたまりませぬ。薄紫色から少し青みがかった個体、白い妖精みたいな感じでだったり。
わ、わかる、わかります!

>いつかウォンさんのお店を覗きにいくのを私も楽しみにしています。
ここんとこ、ウォンさんは自宅でカマキリをキープしておられますので、おうちにお邪魔して購入することになります。
ウォンさんのご家族が万札が乱舞している様子を興味津々で見てますので、ウォンさんも面目を施せてる気がします(笑)。

>まー、日本から通って、その場所を探すのが至難なわけですが、、、。
タパーっつっても、広うござんすからねぇ。
しかし、探してみる価値ありますぜ!

>マレーの黄色ハラビロは海野さんの図鑑と同種なのかなぁ。
かなり似てますね。
そして、目の当たりにするに、やはり美麗種です。




>ちゃちゃさん
>今年も野外で大型オオカマキリを探しに行きたくなりました。
もうライフワークですな(笑)。

>こんなシーンを生で見るとやはりテンション上がりそうです(笑)
普通にこんな光景が見られますから、是非是非現地へ行かれませ。

>自分のところのキノカワを同じような感じで手に乗せてみましたが…比べるとほんとに大きいですね…!(写真1)
わかり易い写真ありがとうございます。
こちらの巨大キノカワは、今回の旅の目玉なので、ぜひ持ち腹に期待したくござ候。

>器用なものですね(笑)
これをやると、テーブル代わりにされてるメスの背中が結構汚れてくるのでご用心。

あと、交尾中のペアにオスや他の交尾中のペアを近付けてみたりしたら、オスのドラミングの調子が変わったりしないかとか想像してます。
ハチをおびき寄せる化学物質を分泌するくらいの超能力を持ったランカマキリですから、まだまだ隠し技を持っている可能性があります。



>mmmさん
酷暑の中、無事に到着したようで何よりです。(ちょっとビックリ)
グリーン・オレンジの両ハンツマンが、オスしかいなかったのが痛いですね。
あ、採集日は全て7月6日です。

しかし、お送りする時はさほどとも思わなかったクモたちですが、mmmさんの写真で見るとちょっと壮観。
クモに対する愛の差ですかね~(笑)。




写真はグヌンランバック初日に見つけた抜け殻。
ふもと付近の立ち枯れに付いてた。
グヌンランバックのケンランって、本格的な山道に入らないと居ないと思ってたけど、認識を改めないとイカン。
 

玉手箱

 投稿者:mmm  投稿日:2017年 7月 9日(日)12時33分20秒
返信・引用 編集済
  午前中に十郎さんからのスーベニールが到着。
本当にいつもすみません。このお礼は後日必ず。

初めて見る種類も多かったですよ~キラキラありがとうございます!!

http://avimania.exblog.jp/

 

/325