投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ゴーストがふたつおる。一個はバグじゃ。

 投稿者:mmm  投稿日:2017年 3月30日(木)01時42分57秒
返信・引用 編集済
  ハリウッド版『Ghost in the Shell』については今のところ不安しかないのだけど、ヤンマガで始まった連動企画がなにげに楽しみ。講談社お得意のトリビュート本(画像。表紙は『監獄学園』のヒトか?)も出るし。
ところで吹替版はアニメの声優さんがやるってことだけど、荒巻(ビートたけし)は誰が吹き替えるのだろうか?

>キアさん
出展者さんと話がついたようでなにより。
ただ、この業界は良くも悪くも昔の見世物小屋みたいなもんです(売る側が意図的かそうでないかに関係なく)。相手の言うことをそのまま受け取っても馬鹿を見ることが多いです。ご自身の見る目を養いましょう。

ワタシが先日某オクで落札した某蜘蛛のオスも、出品時にはどこにもオスって書いてなかったです。
これは多分意図的な例ですが、こちらはそんなこと知らんふりをして落札し(繁殖用に欲しかったので)、さらに相手におべっかを使いつつ入手時の情報等を聞き出しましたw ま、その情報もなんだか怪しかったですけど。



http://avimania.exblog.jp/

 

雌雄

 投稿者:ちゃちゃ  投稿日:2017年 3月30日(木)00時40分4秒
返信・引用
  オオカマキリの大型個体が今後オオクワガタのように高値で取引されることなんてないでしょうし、完全に自己満足ですけどね(笑)

普通にオオカマ飼育を楽しみつつあわよくば大型個体の秘密が何か分かればいいなと思います。
大型オオカマのカッコよさを知ってしまっているので、やはり大きく逞しく育てたいです。

>カレエダ

分かりやすい写真をありがとうございます。
なるほど、こう見るとはっきりオスだと判断できますね。
 

追記です

 投稿者:十郎  投稿日:2017年 3月30日(木)00時03分42秒
返信・引用
  >カマキリの性別は例外なくお尻の形で簡単に判別できるものだと思ってましたけど、カレエダ系は他のカマキリと違って判別しにくいのでしょうか。
>確かに写真見た感じだと周りに飾りが付いてて自分にはよく分からないです。

まぁ、基本は似たり寄ったりなんですが、わかりにくいっちゃあ、わかりにくいですか。
ちなみに自分もメスのカレエダは見たこと無いです。


写真はどっちもオス。
 

さて

 投稿者:十郎  投稿日:2017年 3月29日(水)23時57分7秒
返信・引用
  >mmmさん
なんかフィールドは行かずとも、呉には聖地巡礼しそうなぐらい、ハマってますな(笑)。

>【答え】
あ~、かすりもしませんでした(笑)。

>画像
うへぇ、小さいながら、大したもんです。
餌はトビムシでしょうか。

…地味なクモでも、mmmさんなら喜んでいただけそうですな。
どうも自分は見栄坊で、人に差し上げる物は見映え重視で考えてしまうもので、いけませんな。




>キアさん
>ドラゴンマンティス
ボクサーマンティスと同じで、多分に主観的な定義です。
外見由来のあだ名みたいなモンですよ。
即ち、そのカレエダでもドラゴンに見えなくもないと押し通そうと思えば通ります。

>連絡しました所、向こうも反省してくれ、何度も謝ってくれました。
>金な関してですが、全額返金しますので生体と交換してください。との事でした
まぁ、誠実な対応で良かったですな。

>このカレエダとお別れするのは名残り惜しいですが、仕方ないですよね…
いやいやいや、別に仕方なくないですが(^皿^;)

通販で画像と違うのが送られてきたのならともかく、キアさんがご自身の目で見て納得して買われたのでしょう?
で、オオカレエダじゃないとわかった途端、熱い手のひら返し(笑)を見せるのも、どうかと。

出展者の方とも今後もお付き合いをなさられる気なら、キアさん側も少々譲られる部分は譲られた方がよろしいかと。
その個体に未練がおありなら値引いて売ってもらい、また後日メスが入荷したら最優先で売ってもらう約束を取り付けるのもアリでは?

カレエダ系の飼育データは世に皆無ですし、オスでも後にメスを入手した時に、随分飼育の参考になるかと。
そして写真を撮りまくり、最後は標本にして、元を取れるだけ取るのが上策かと。





>ちゃちゃさん
>遅くなりましたがケンラン捕獲おめでとうございます!
ありがとうございます。
できれば、誰かに真似して欲しいので、知りうる限りの情報は載せました。
自分は色々不器用すぎていけません。

>今までは基本的に「常に満腹作戦」だったのですが今年は「じっくりゆっくり作戦」で大型目指して育ててみようと思います。
が、頑張ってください。
今や飼育下で累代を重ねてきた国産オオクワガタのサイズがエライこっちゃになってますから、大型個体作出の基本は、とにかく選別交配を続けられることだと思います。
カマキリの場合、それが大変なんですけどね(^_^;)

>ゴースト産卵
うおおおお、自分も続きますぞー。
 

ケンラン・カレエダ

 投稿者:ちゃちゃ  投稿日:2017年 3月29日(水)23時39分21秒
返信・引用
  こんばんは。
今月は忙しくてなかなか書き込めませんでしたが、ようやく落ち着きました。


>>十郎さん

遅くなりましたがケンラン捕獲おめでとうございます!
書き込み楽しく読ませていただきました。興奮が伝わってきます(笑)


> ところで、オオカマキリって普通に飼ってると7月には成虫になってしまいませんか?

なりますね。孵化から遅くとも2ヵ月程度で成虫になります。

給仕ペースのさじ加減は難しいですね。
餌を与えすぎた結果お腹が重くなりすぎて、ぶら下がると体がくの字に折れてしまう子が何度か出たことがありました。

今までは基本的に「常に満腹作戦」だったのですが今年は「じっくりゆっくり作戦」で大型目指して育ててみようと思います。


>>キアさん

カレエダの件、残念でしたね…。

カマキリの性別は例外なくお尻の形で簡単に判別できるものだと思ってましたけど、カレエダ系は他のカマキリと違って判別しにくいのでしょうか。
確かに写真見た感じだと周りに飾りが付いてて自分にはよく分からないです。

しかしすごく魅力的なカマキリですね。飼育も難しそうです。


もう2週間前の話になりますが、ゴースト産卵しました。
交尾に苦戦しましたが結合は確認できたので成功してるのではないかと思ってます。この産卵は交尾の1週間後です。
 

カレエダ

 投稿者:キア  投稿日:2017年 3月29日(水)21時29分20秒
返信・引用
  連絡しました所、向こうも反省してくれ、何度も謝ってくれました。

お金な関してですが、全額返金しますので生体と交換してください。との事でした

このカレエダとお別れするのは名残り惜しいですが、仕方ないですよね…
 

えええ

 投稿者:キア  投稿日:2017年 3月29日(水)18時32分17秒
返信・引用
  ドラゴンマンティスじゃないんですかぁ
しかもオス…
まじかぁ…
始発で行って、眠たいながらモンハンしながら並んで、大金はたいて買ったのに…
十郎さん、教えくださってありがとうございますm(_ _)m
ちょっと出展者の連絡先やツイッター知っているので、連絡してみます

 

ドラマンが二つおる。一個はオオカレエダじゃ。

 投稿者:mmm@スマホ  投稿日:2017年 3月29日(水)17時57分51秒
返信・引用 編集済
  ドラマン問題についてはよう知らんので静観。

【答え】
・・・・→寄生バエ
××××→食い荒ら

画像はメダマグモ幼体。
2ミリ位でも投網を張っとりんさる。

http://avimania.exblog.jp/

 

蟷螂project

 投稿者:十郎  投稿日:2017年 3月29日(水)13時11分38秒
返信・引用 編集済
  >mmmさん
>「グリーンオセロット」
>ちなみにこの名前は、ドイツの業者が付けたようです。
うぬう~、流石ドイツ!
センスありますなぁ。

>異動
今ほどには忙しくならないと思われます。
落ち着いたら、さっそくマレーですよ!マレー!

>卵嚢内で半分以上が・・・・に××××されてました。
う~ん、「ハハグモ」に「ミンチに」されてました…でしょうか?
「蟷螂擬き」(カマキリモドキ)に「ウマウマ」は考え過ぎですかな。

>十郎さんに頂いたグリーンオセロット。
あ、やっぱ、この名前、使います?(笑)
ちなみにケンラン探しの立ち枯れ見回りの時は、造網性のクモならしこたまいました。
ひたすら地味~なヤツばかりですが。



>はりぃ。さん
>四月中頃とかにまたお聞きする形は如何でしょう?
むむむ、それでは機を逸しそうな…。
と、とりあえず、4月上旬にはどうにかしたいので、もう少しだけお待ちください。
4月の勤務の予定が、まだハッキリしてないのです。

>意識してみてみます^_^
期待してまーす。

>褐色と緑色があるのは知りませんでしたが。
はっはっは。
早速、kazさんから別種と突っ込みが入りましたよ(^_^;)

自分もイマイチよくわかってませんや。



>kazさん
>終始、え?と思いながら読んでいました。
まぁ、そうですよな。
メスでも無かったですしなぁ…。

>茶色いオオカレエダと、緑のオオカレエダは別種です。
げふん、げふん。
そ、そうでしたか。
(…やっぱ、標本、集めよう(^_^;))


写真はオオカレエダ褐色型と思ってたやつ。
 

無知の知

 投稿者:kaz@ケータイ  投稿日:2017年 3月29日(水)09時00分22秒
返信・引用 編集済
  終始、え?と思いながら読んでいました。

もし、Toxoderaの最大種でない(2番手でもない)、しかもメスでもない個体をそう謳って売り出していたのであれば、出展者のレベルが知れますね。私は素人の(誰にも影響を及ぼさない)誤同定なら問題にならないと思っていますが、人様から金銭をとる以上、知らなかった、詳しくないから、は理由にならないと思いますね。知ったかぶりは恥を知れ、と考えます。返金して然るべきだとも感じます。

十郎さんの写真の茶色いオオカレエダと、緑のオオカレエダは別種です。オオカレエダという和名自体に定義があるわけではないので、意図的に複数種をひっくるめているのであれば、それでも良いとは思いますが。

http://mantidmaniacs.net/

 

/313