投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


こんばんは!

 投稿者:はりぃ。  投稿日:2017年 5月 8日(月)23時35分57秒
返信・引用
  暑い日が続いてますね~。みなさん元気してますか?

>十郎さん

>美しいカマキリの標本
そうですね!むしろ私が欲しい。綺麗な色のままとなると手をかけないと難しそうですね。

>出展
残念ですが仕方ないですねー。気持ちがなければとてもできないですもんね。
でも、関東近辺で色んなカマキリ見れるところはなかなかないんですよね( ̄∇ ̄)

>擬態×擬態
この足場に関しては成虫になってからごちゃごちゃと組んでみましたが、飼育だけでいうなら足場が多い環境じゃなくても、まったく問題ないと思います。
でも、産卵に関してはこだわりがありそうで、うちの庭に生えてる木の枝や拾ってきた枝の様々なサイズに割り箸、竹ひご、100均の擬植物等いろいろ入れた中で
2回とも、割らない割り箸に産卵しています。
見た目的にはごちゃごちゃとしてますが、案外カマキリは気に入っているみたいで、結構動いては擬態ポーズをとったり捕食しています。
足場に関しては飼育の仕方次第なのでしょうが、ほとんどのカマキリは鉢底ネットだけでも大丈夫でしょうし、枝をごちゃごちゃとした環境でも大丈夫な気がします。
で、観察してみるとこのカマキリに関しては足場がたくさんあるほうが好まれている気がします。
他には、羽化後は普通のサイズのサシからのハエはあまり捕食しないとか(ビッグのほうは良く捕食
レッドローチ大好きとか
うちの飼育種の中ではずば抜けて顔が可愛い!!
とかがわかりました(´∀`)

>ジャワハラとマレーハラビロ
そうですね!羽化して比べてみるのが楽しみです。
ジャワハラの産卵がないのだけが気になりますが。

あ、産卵といえば、発泡質のカスのようなものがついていたゴースト。やはり良くないものだった様子で産卵ができない体になってしまっています。
産卵しようと頑張っていますが、少量だしては止めを繰り返してうまくいっていないです。
元気な様子ですが心配ですね。

 

今日は休みだ!

 投稿者:十郎  投稿日:2017年 5月 8日(月)23時12分55秒
返信・引用 編集済
  今日買った漫画「北斗の拳イチゴ味 7」「ヒストリエ 10」「その女、ジルバ 4」そして、復活してたのね「7人のシェイクスピア」。

「超拡大で虫と植物と鉱物を撮る」って本を探してたのだけど、みつからず。
代わりに漫画だけ買って帰ったのであった。


>ムーさん
>ランカマ
繁殖させて数が殖えると、あまり手をかけられませんから、こういうときこそ、広々とした容器で贅沢に飼って魅力をたっぷり堪能してやりたい種です。

>そのジュエルはどのくらい生きてるのですか?
「長生き」と申しましたが、2年足らずですから、そんなに長く生かしてるわけじゃないですね。
「長生き」は言い過ぎました。

自分がムカデ飼育で意識してるのは、もう土壌生物のノリですね。
蒸れない風通しの良さと、それでいて乾かないぐらいのたっぷりの土と水入れ。

また、いくら飼育環境に気を使っても、それを取り巻く住環境がしっかりしてないといけません。
自分の場合、ボロアパートからマンションに引っ越して、ようやく色んな生き物がうまく飼えるようになってきました。

保冷ならファンよりもエアコンの方が手っ取り早いし効果的だと思います。
これは保温にも言えることですが、とにかくエアコンつけっぱなしが最強です。

>ハイナンミント、ヤンバル
むむむ、こんな大物を飼われたとは、ムーさんのムカデのキャリアは相当なモンですね。
釈迦に説法じゃなければいいのですが…。





写真はヒョウモン新成虫オス。
自分はこうやって「オスがいなくて困ってる人いないかい?」と言えるオッサンになりたかったのさ。
 

はい

 投稿者:ムー  投稿日:2017年 5月 7日(日)21時33分21秒
返信・引用 編集済
  十郎さんへ
ランカマキリはメスだけですがキレイで飼っていて楽しいです!

そのジュエルはどのくらい生きてるのですか?以前の記事ではそんなに低温を気にされてないとのことでしたがどういった環境で長期飼育されているのかとても気になります。
ジュエルは飼育したことはないのですがハイナンミント、ヤンバルともに半年間ほどで落としてしまって高温に弱いとされるムカデに苦手意識がありまして…
ちなみに個別にファンをつけ暑さ対策はとっていたのですが
 

老いた?

 投稿者:十郎  投稿日:2017年 5月 7日(日)10時26分9秒
返信・引用
  長いこと飼ってるジュエルもちょっと色あせてきた。
コイツもマレーのどこにいるのだろうなぁ。

側溝に溜まってる落ち葉とかさらいまくったら出てくるのかなぁ。
 

黄金週間

 投稿者:十郎  投稿日:2017年 5月 7日(日)10時24分11秒
返信・引用 編集済
  >はりぃ。さん
>うまく週末にあたってヒッチハイクをしたら節約できるかも( ´ ▽ ` )
まぁ、タイミングが合えば山を下りていく長距離バスに便乗して、19マイルで降ろしてもらうのもアリです。
交渉がめんどくさいのと、帰りのバスがやはり夕方の5時頃のローカルバスを待つしかないのがしんどいところですが。

>心配してましたから(いらぬ世話
いやはや、ご心配をおかけしました。
「忙」という字は「心を亡くす」と書くってのは、真理でありました。
ある程度解放&緩和された今でも精神的な疲労が後を引いてるようで、休日は何をするでもなく、こんこんと眠ってしまいます。

>カマキリショップ十郎
実はカマキリで儲けられるのは生体ではなく、美しい標本だと思います。
甲虫や蝶に負けず劣らず美しいカマキリの標本を作製できれば、間違いなく売れますし、「カマキリを集めてみようかい」というコレクターも増えるでしょう。

>今までお世話になっている分、これからの遠征費等を私から持っていってくださいo(`ω´ )o
はっはっは、お断りですo(`ω´ )o

>今年も十郎さんの出展は厳しいですかねぇ。
あ~、なんかもう、出展はやる前から飽きてきました。
色んな人にカマキリを見てもらうってのは、箕面の昆虫館に回せばいいだけですしー。

>擬態×擬態
うーむ、なんかエライ足場が多いですが、このカマキリはそういう環境を好んでいるのでありますか?

>あなたよくそれで繁殖できていますね!って言われそう。
海外じゃ、昆虫採集禁止のところも多いですからね。
近所で自ら捕まえた餌を与えてるはりぃ。さんの飼育スタイルを知れば、逆に尊敬されたり羨ましがられることの方が多くなるかと。

>デュラハン
あっぱれ、見事な死にざまです。

>ジャワハラ
「大きいことはいいことだ」の大型ハラビロの一角ではありますが、多分、kazさん経由のマレーハラビロの方が大型になると思います。
長所即弱点。
そんなわけで、マレー産に勝る美点をみつけてやらないといけませんな(^_^;)



>kazさん
>Toxoderaのオス成虫は、2週間は生きていました。
これはすごい。
いきなりそいつの脚を失わせた自分は、やはり虫の扱いが雑なんでしょうかね。

>無論、メスの入手が難しいのですが。
まぁ、ひたすら現地に通うしかありませんよな。
時代も自分も変わりつつありますれば、こんなことをやれるのはそう長くは無いでしょうが。

>まず間違いなく終了間際に入札があるでしょうね。賛否があるところだと思いますが
うーむ、狭い世界で出展者も競走した落札者もネットで知ってる人だったりしたり、そうでなくとも後に知り合う可能性も高いのですから、遺恨を残さないか心配になりますが。



>ちゃちゃさん
>ランカマ
>さすがにペアで産地が違うということまではないと思うので(笑)
い~や、自分は疑いますぞ~。
少なくともランカマキリに関しては、いつどこで手に入れた系統か売り手は記すべきです。

>画像
あっ、今度で亜終齢でしたか。
う~ん、うちのマレー産と比べて遜色ない感じだと思います。


>ムーさん
あららら、オスに死なれましたか…。
とりあえず、残ったメスは生かせられるだけ生かしてみませう。

ジャワ産なら今後も入荷は多いですし、マレー産なら7月に自分がオスを入手したら持って帰ってきますから。



写真は羽化中のサイコメス。
そういや久しくアルフォート抹茶味食ってないな。
 

デュラハン。

 投稿者:はりぃ。  投稿日:2017年 4月30日(日)21時52分45秒
返信・引用
  みなさんこんばんは!
>ムーさん
雄残念でしたね。私も飼育していて急に原因もわからないままの突然死にあうこともかなりありますので、お気を落とさずに。
それ以上に不注意で死なせているのですが( ̄∇ ̄)
メスを頑張って羽化させたらオスが手に入る事もあるかもしれませんし、飼育楽しみましょ~!

>ちゃちゃさん
今、私もランカマキリ給餌ペースを考えてやっていますが、、、これがほんと苦手。
お腹ぺったんこに近いとどうしても餌与えたくなってしまいます。ランカマキリのオスなんて抑えているつもりでも、あれよあれよと脱皮していくのは私が下手くそなのでしょう。メスがあと3回で羽化。オスが終齢。
これは?!   うまく頑張ってみますo(`ω´ )o
成虫になっての食欲の変化。う~ん、これは成虫に限らずですが、私の中では成虫になった後の方が顕著にでていると思ったので書いてしまいました。
幼虫でも脱皮前や脱皮直後は食べなくなるのも変化ですもんね。

>オス長生き
これはこの後に載せる画像にも関係ありますが、交尾のケアでも大きく変わると思います。
共食いしやすい種でオスが、モグモグされる事もありますし、交尾後に餌を与え休息させないと弱って突然死とか。ゴーストのオスなんかは交尾後に同居させておくと結構な割合で死ぬ気がします。

>kazさん
ハラビロ順調です( ´ ▽ ` )
私も飼育技術がなかなか上がらない、、、。というかやはり海外の方の飼育の仕方をみていると恥ずかしくなりますね。あなたよくそれで繁殖できていますね!って言われそう。
まぁ、飼育技術云々語るにはまだまだ経験が足りないしこればっかりはよく観察してカマキリと向き合っていくしかないですね。
よくkazさんが累代していって、初めてわかる事があるといいますが、まさにこれですね。
先ほどシビラの孵化がありまして、5匹中2匹が孵化不全気味。う~ん濡れティッシュが効いてなかったか、、、。明日の朝起きたら追加孵化を期待します。
といっても、孵化があったのでまだまだチャンスありです。追交尾させながら14個程、卵とれていますし、オスもメスもまだまだ健在!湿度調整しながら色々環境変えて様子見てみます。うまくいけば20匹くらいは孵化するみたいですもんね。


さて、うちのゴーストも産卵しましたが、、、。あとから羽化したメスが先に産み、2回交尾したであろうメスが産んでおらず。失敗したかな( ̄∇ ̄)去年は交尾失敗して8個全部孵化なしでしたからなぁ。
ジャワハラも十郎さんから送って頂いたメスは、、、産卵しそうでしない。
うちのメスとも先日交尾させたらデュラハンに。
もう追交尾できませーん。どうなることやら。
十郎さんのとこからきたメスはクマバチも、バリバリ食べて元気にしてますよ^_^
 

はぁ…

 投稿者:ムー  投稿日:2017年 4月30日(日)12時18分46秒
返信・引用
  みなさんに指南していただいていたのですがランカマキリ雄が死んでしまいました…
今回初めてのカマキリ飼育でしたので残った雌2匹を寿命までじっくり観察して楽しませていただきます
ご指導ご鞭撻ありがとうございました(^o^)
 

4月も終わり

 投稿者:ちゃちゃ  投稿日:2017年 4月30日(日)02時50分39秒
返信・引用 編集済
  こんばんは。そろそろ野外のカマキリ達が孵化し始める頃でしょうか。

>>十郎さん
>能力
カレハ系なんかも見た目だけでなく野外では何か能力を使ってたら面白いのですけどね。
>ハチクラランカマ
そうなんですよね。若齢幼虫では判別できないし野外産の入荷を待とうかと思ったんですが、ペアを揃えられるならジャワ産でもマレー産でもいいのでまずは飼ってみたかったというのもあり購入に踏み切りました。
さすがにペアで産地が違うということまではないと思うので(笑)
先日、ヤフオクでもマレーランカマが出品されていてそちらも落札することができたので合わせて飼育していきます。

>>はりぃ。さん
ランカマ飼育録ありがとうございます。とても参考になります。
今は雌雄の羽化ズレを最小限にできるよう給仕ペースを調整中です。実践するためにまずは成虫まで育て上げないと…!
成虫になってからの食欲の変化はあまり意識したことがなかったので気になります。国産種でも同じ感じなのでしょうか…これからは要チェックですね。

>>kazさん
初めまして。ちゃちゃと申します。kazさんのサイトもよく参考にさせていただいております。
こちらの掲示板でも毎回とても興味深いお話をされていて、いつも楽しく読ませていただいてました。外国産カマキリに関してはまだまだ初心者ではありますが、皆様からいろいろ勉強させていただきたく思います。よろしくお願いします。
>オス成虫
オオカマ、コカマ、ハラビロは長いこと飼育してきましたが思い返すと自分はオスを長生きさせたことがないです。
この3種に関しては身近にいることもありオスを欠いても外で捕まえてくればいいやと問題にしていませんでしたが、外国産カマキリを累代していくにはメスと比べて入手しにくいオスの扱いはかなり重要になるかと思いますので、私もこれからは給仕ペースをはじめ、オスをもっと長生きさせることを意識していかないといけませんね。


写真は前回貼ったランカマ。先週脱皮してたぶんこれで亜終齢です。
角が脱皮前より目立ってきましたが…う~んどうでしょう(笑)
 

ひととき

 投稿者:kaz  投稿日:2017年 4月29日(土)16時33分45秒
返信・引用 編集済
  ちょっと時間ができたので書き込み。相変わらず前回から日にちが空いてしまっているので、あまり前までは遡らないことにします。

カレエダが餌をあまり食べないというお話を十郎さんもされていましたが、性成熟したカマキリ類のオス成虫なんて、程度の差はあれど、どの種もそんなものではないでしょうか。
カレエダが特に絶食に弱く、弱り易いのは同意します。しかしそれは、オス成虫だからでしょう。弱ってしまってからは、色んな餌を拒否する、すぐに死ぬ…というのはあるでしょうね。カレエダに限らず、同じような傾向の種は多いものです。ちなみに、以前に十郎さんからいただいたToxoderaのオス成虫は、2週間は生きていました。うろ覚えですが、3週間しない頃に旅行で家を空けた際に死んでしまったと記憶しています。
私は昔Metatoxoderaを孵化幼虫から飼育していましたが、前脚が弱いので小さな餌しか食べられないという特徴はあったものの、飼いにくかったりすぐに死んだりということはなく、普通に育っていました。
性成熟したオス成虫だから長生きさせにくいのであって、メスが手に入って子が採れれば難しくはなかろう…というのが私の想像です。無論、メスの入手が難しいのですが。

カマキリに限らず、どんな稀少な生き物もお金があれば大抵は手に入ります。しかし、入手しても生きながらえさせる技術がなければ、ほぼ無意味です。飼育技術はお金では買えません。簡単な種で3世代4世代…と難なく累代を繰り返すことができるような技量は、最低限持っておきたいところですね。自戒を込めて。
ここの皆さんは、それぞれある種のカマキリに一家言ある方々ばかりなので、実りある会話ばかりです。一方で、国内にしろ海外にしろ、色んな種を手にしたり売りに出している人間が、イコール色んな種の飼育技術も持ち合わせているかというと、必ずしもそんなことは無いです。いつまでたっても飼育技術は低いままという人間もザラです。あちこち目移りせず、ある種に打ち込んで技術を積むのが、将来他の種に手を出す上でも最短ルートであったりするもの…というのが、私の考えです。
某オクの魔王は今回は穏やかな様子ですが、まず間違いなく終了間際に入札があるでしょうね。賛否があるところだと思いますが、私は常々そうして落としています。長らくやっておりませんが。

http://mantidmaniacs.net/

 

そろそろ

 投稿者:はりぃ。  投稿日:2017年 4月25日(火)09時53分57秒
返信・引用
  おはようございます。
そろそろジャワハラの産卵やシビラの孵化がありそうな気配です。

>キャメロンハイランド
十郎さんや他の方の採集記を見てるといろいろ変化しているみたいですね。
バスの本数なんで減ってしまったのでしょう。
タクシーが値上がったからバスの需要が高まって本数増えたりしないのかしら。
往復を2日して12,000円ですか、、。距離がわからないですが日本とあまり変わらない?さすがに日本よりは安いのかな。
うまく週末にあたってヒッチハイクをしたら節約できるかも( ´ ▽ ` )

>ヤフオク
ま~今回も落札できなければ縁がなかったと思い他の種に力をいれてみます!すでに今も充実してるっていったら充実してますし、バイオリン以外も繁殖に力をいれていくのもいいかもしれませんなぁ。

>いいタイミングに異動
カマキリショップ十郎の開店が伸びましたね( ̄∇ ̄)
でも、ほんとにいいタイミングでの異動みたいだし仕事も少し楽になったならよかったですねo(`ω´ )o
心配してましたから(いらぬ世話

ケンラン残念でしたね。今年も十郎さんの出展は厳しいですかねぇ。個人的にすごく楽しみにしているのですが笑
マルムネは十郎さんから購入する!宣言してますから。
今までお世話になっている分、これからの遠征費等を私から持っていってくださいo(`ω´ )o
それか、私も繁殖頑張るので来年でもいつでもいいので
カマキリ一緒に出展しませんか?(え。

画像は。
擬態×擬態
仕事から帰宅して、カマキリの上に乗っけて写真とる予定が食べられてました。
擬態勝負カマキリの勝利。

 

/319