投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


デビュー

 投稿者:キア  投稿日:2017年 3月18日(土)15時50分49秒
返信・引用
  エンドレスゾーンさんのオーストラリア産のハラビロ売約しました。

ごれで私も外国産のハラビロデビューになりました\(^o^)/
 

遠くへ行きたい

 投稿者:kaz@ケータイ  投稿日:2017年 3月18日(土)10時44分40秒
返信・引用 編集済
  はりぃ。さん

>ほんとにkazさんの飼育数が少ないのであれば、喜んでこぶ屋さんのいい日にお送りします!

本当に少ないです(見栄を張っても仕方がない笑)。うちは飼育種が多いぶん、育った大きな個体の数は大抵の種で少ないのです。それに、せっかくの機会なので、はりぃ。さんとこぶ屋さんが新たに繋がるのも良いのではないでしょうか。

>>ハラビロの件
>後ほど、メールさせていただきますm(_ _)m

同意していただけるということですね。それなら了解です。本種は以前に十郎さんから持ち腹の2メスをいただいたにもかかわらず、現在それらの累代がやや黄信号です。特に難しくはないのですが、それだけにお恥ずかしい限りです。今回お送りする幼虫は、本種の維持が心細くなるのが嫌で、自分で方々を当たって現地から送ってもらったものの子です。十郎さんから頂いた系統のバックアップとしても、純粋に楽しむためにも良いかなと思っています。もちろんお送りする分は絶えても良いので、お好きなように飼育なさって下さい。
昔馴染みの方々以外とは長らく個体のやり取りをしていませんでしたが(特にハラビロ類は)、 はりぃ。さんなら大事にしていただけそうですし、喜んでお分けします。

ジャワ産は十郎さんとの間でチャレンジなさって下さい。私は仮にお預かりしても手が回らない可能性が大です。私に子孫をいただけるという話も、当面考えていただかなくて良いです。変な期待の重圧は無く、純粋に飼育繁殖を楽しまれて下さい。

では、失礼致します。

http://mantidmaniacs.net/

 

エンドレスゾーン

 投稿者:キア  投稿日:2017年 3月18日(土)09時20分24秒
返信・引用 編集済
  エンドレスゾーンさんにハムショー便入荷しましたね
アリストさんもカマキリ出してますし、時期なのでしょうか

>はりぃ。さん
いえいえ。
お値段については、こうゆう公の場で言っていいのかわからないので、爬虫類倶楽部のお高いと言いましたカマキリのペアくらいです。
 

一足先に

 投稿者:はりぃ。  投稿日:2017年 3月18日(土)07時32分1秒
返信・引用 編集済
  おはようございます。
一足先に満開ですな。カキコミ桜が。それもいい話題がたくさん。花咲十郎さんが頑張りましたもんね。

>こぶ屋さん。
はい。メール等はお手数ですが十郎さんから聞いて頂けたらと思います。昆虫館に私が問い合わせで繋がるのであれば、それでもよいですよ^ - ^

しかし、私がでしゃばってしまったので混乱を招いてしまっているようなので、話がまとまってからのほうがよいかな?
みなさん、優しいから気を遣って頂いてしまっていそうなので、、、。
kazさんからのほうが、状態がよいでしょうし、追加などが必要でしたら、私からでも^ - ^
ほんとにkazさんの飼育数が少ないのであれば、喜んでこぶ屋さんのいい日にお送りします!
忙しい日が続くでしょうが、お体には気をつけてくださいね(^ω^)b

>kazさん
お忙しいなか、いつも貴重な情報ありがとうございます!なるほど。どの種も厳しい感じですね。でも、まったく存在してない事はないみたいですし、機を待つ事にします。野外から入るのが厳しい状況みたいですが、入ればまた、変わるでしょうし。
それにしてもやはりヨーロッパの方々はすごいなぁ。モモアカの記事は覚えていますので、大切に繁殖に努力されているのでしょうね。

>ケンラン生木
なるほど。たしかに。こればかりは現地でないとわかりませんね。

>ハラビロの件
後ほど、メールさせていただきますm(_ _)m
ジャワ産。kazさんのところのメスの状態がどんなかわかりませんが、kazさんのところに先に送ったほうがいいのでしょうかね。少しでも累代の可能性があがるようにしたいのですが。私のところはメスの羽化はまだ先ですし、最近失敗続きでネガティブなのです。
まぁkazさんお忙しいでしょうから、私達で繁殖させて必要でしたらお送りするのもいいのかなぁ。

>キアさん
おー。ケンラン予約したのですね!
いくらだったんだろ(ドキドキ
爬虫類倶楽部のカマキリ高いのですか。なんか電話連絡すら気持ちが乗らなかったので、教えて頂いて助かりました。ありがとうございますm(_ _)m

とりあえず、仕事の準備にはいるので、皆様また後ほどm(_ _)m
 

ハチクラ。ランバー

 投稿者:キア  投稿日:2017年 3月18日(土)02時28分52秒
返信・引用
  少し見ないうちにレスがすごいことに。笑
十郎さん、ケンラン捕獲おめでとうございます^ ^
>十郎さん
ランバーのケンラン、予約しました。爬虫類倶楽部にもケンラン入ったみたいで、そちらでは、幼虫ペアで入荷していました。お値段的にはどちらも高かったですが、交通費やランバーのセール割引きなど入れると大体1匹辺り、同じお値段でした

>一緒にマレー便として、他のカマキリも来そうな気がしますから、それも楽しみですよね。
そうですね。楽しみです^ ^


>はりぃ。さん
爬虫類倶楽部さんに電話で聞いた所結構どれもお高かったので、前みたいに全部すぐには売れないと思いますよ

ちなみに私がケンラン以外で気になったのは、メモし忘れのカマキリです。何か聞いた所、ダンゴカマキリっぽいとのことでした。
ダンゴカマキリ調べて見ましたら、飼うの難しいみたいでですし、お値段も聞きましたら、高くて買うのを諦めもした…

>こぶ屋
こんにちは。昆虫館の館長ですか。すごいです^ ^おめでとうございます
もしよければ、私からも昆虫館の展示品にと思いましたが、今カマキリ渡せるのいないので、カマキリじゃなく、クワガタのパラワンオオヒラタとジャワパリーオオクワガタでしたら渡せるのでしょうがいりますでしょうか?


写真は最近羽化しましたゴーストマンティスです。♂が羽化不全ですが、元気です^ ^
 

・・・絢爛。

 投稿者:mmm  投稿日:2017年 3月18日(土)01時26分44秒
返信・引用
  絢爛蟷螂じゃ! よう見たってくれ。
あれが東洋一の観光地で採集された世界一の蟷螂じゃ。
「お帰り」言うたってくれ、すずさん。

++++今日の「セカカタ」ごっこ終り++++


しかし今回の十郎さんにはびっくりさせられました。いやはや。
今は現地での思い出を反芻しながら、ゆっくりお休みください。

いまはおやすみ。

http://avimania.exblog.jp/

 

1週間が早すぎる

 投稿者:kaz@ケータイ  投稿日:2017年 3月18日(土)00時10分16秒
返信・引用 編集済
  はりぃ。さん

>マオウとイドロモルファとWide Armantis事.Cilnia humeralisの3種類

マオウは自分用に小規模で維持している人は散見されますが、私の知る限り現在は売っている人はいません。Idolomorphaはオランダとドイツとイギリスにlateralis種とされるものを飼育している人がいますが、10年以上前に日本でよく出回っていたmadagascariensis種を飼育している人は、私の知る限りではおりません。いずれにせよ、両種とも売りには出されていないと思います。Cilniaはここ数年は世界中から消えていましたが、つい先日ポーランドのマニアが導入して、細々と流通し始めました。いずれもっと出回るでしょう。
結論としては、いずれの種にしても時期尚早というところです。

ジャワ産ハラビロは、我が家では世話が行き届かず全滅寸前になってしまいました。今いるメスが産まねば終了です。ぜひそちらでは頑張って下さい。

>マレーシア産の大型ハラビロ
>ジャワ産ハラビロ以来、ハラビロには心惹かれているので興味あります!

了解です。もし、本種をいかなる相手にも譲渡しないことに同意していただけるのであれば、我が家で先日孵化した幼虫を差し上げます。ご希望であれば私のサイトからメールでご連絡下さい。

>私やkazさん十郎さん達が生きているうちは

私はこれが極めて難しいと思っております。世界的な外来生物問題への意識の高まりや、生物多様性条約にかかわるABS問題などを考慮すれば、到底楽観視はできません。
我々は世界の生き物との距離が近い便利な時代に生きておりますが、過渡期だとも思います。落ち着く先が、我々にとって幸せな世界だと良いのですが。完全に、我々の振る舞い方次第だと言えます。

十郎さん、

直ぐにマレーに戻られると伺ったときには驚いたものです。それをお聞きして、子供の頃に縁日でウナギ釣りなるものがあり、次こそは次こそはと思いながら子供にとっての大金を注ぎ込んで、結果釣れずに絶望した記憶がふと蘇りました。十郎さんも絶望されるのではなかろうかと危惧しましたが、要らぬ心配でしたね。さすがです。そして、おめでとうございます。それを惜しげも無く提供するという気概にも恐れ入ります。これが十郎さんにとって特別な振る舞いでないことは、これまで色々お世話になっている私にはよく解ります。その執着の無さは、私が十郎さんに敵わないなと思う部分でもあります。
それはそうと、向こうではそれなりの個体数のケンランをご覧になったのですね。密度が低くないようで、興味深いです。林内に飛び地的に現れる立ち枯れに、どうやってやって来ているのかという疑問をお持ちのようですが、これついて個人的な疑問です。ケンランは、本当に周囲の生木では見られないのでしょうか。生木では枝葉や複雑な樹皮のせいで目立たないだけなのでは…?と。
日本の落葉樹では冬に卵嚢が目立つが、常緑樹では冬でも目立たない。そのせいで、落葉樹でばかり卵嚢を見つけた人から「ハラビロ類は〇〇の木(落葉樹)にばかり産卵している!」という思い込みの話をされる機会がチラホラある私は、そんなことを思うわけです。
肯定でも否定でも私は結構です。現地でご覧になった十郎さんから、ズバッとご意見をお聞きしたいですね。

そいえば、はりぃ。さんが書かれているお店へのカマキリの入荷ですが(MiomantisとかOdontomantisとかAcromantisとか、ほんと不特定多数相手に売るのは勘弁して欲しい…)、モモアカケンランがいますよね。これ、私が知る限りは、欧州で出回っている系統は日本の某業者さん由来です(十郎さんもご存知のあそこです)。しかも、流れたのはもう何年も前、日本で流通していた時期の少し後の限られた一時期だけ。欧州では、それからずっと大事に維持されているのです。日本もこうありたいものですね…。

追伸

こぶ屋さん

あれ?以前メールでお話した限りでは、バイオリンはうちから出すつもりでおりましたが。ですが、はりぃ。さんが出されるのであれば、個体数にも余裕があるようですし、お任せ致します。うちは少数しかおりませんので。
何をご用意すれば良いのか、今回はとりあえず何も結構なのか、ちょっとよくわからなくなってきました。

http://mantidmaniacs.net/

 

Re: お帰りなさい!

 投稿者:こぶ屋  投稿日:2017年 3月18日(土)00時07分14秒
返信・引用
  > No.6284[元記事へ]

はりぃ。さん

> 館長就任おめでとうございます。
> ほんとの話ですよね?!
> 昆虫館の館長なんてすごいなぁ。どんな昆虫館なんだろう。

ありがとうございます!そうなんですよ、大阪の箕面市にある「箕面公園昆虫館」の館長に就任します。
今は展示やらショップの準備でとてもとても大変です。

> で、
> えー。バイオリンマンティスはいらんかぇ?
> バイオリンマンティス~。かっこいいよぉ。

バイオリンいいですね!元職場でkazさんに提供してもらった個体を展示したことがあります。
是非交渉させてください。メールなどは十郎さんに教えてもらうといいでしょうか。
よろしくお願いします!
 

Re: 二次攻撃隊帰還!

 投稿者:こぶ屋  投稿日:2017年 3月18日(土)00時02分41秒
返信・引用
  > No.6282[元記事へ]

十郎さん

> これでは、昆虫館の新規オープニングにお披露目するケンランカマキリとしては、インパクトが弱すぎます。
> そんなわけで、必死こいて、ここんとこ連日マレーを攻めてた次第。

これはさらにえええーーーっ!!ですよ!
心苦しいことこのうえないのですが、ここはご厚意に甘えて、4月1日から生きたケンランカマキリが見られる昆虫館としてデビューすることにします!

> そちらで殖やされるのも愉快ではありませんか。

もう、そのつもりで正座して万事準備整えます。飼育するうえで留意すべき点などいろいろ教えてください。

初めて見る生きたケンラン!楽しみです!!
 

さて

 投稿者:十郎  投稿日:2017年 3月17日(金)20時54分51秒
返信・引用 編集済
  グヌン・ランバックの話はこれまでじゃ。
この山は毎朝数百人が健康の為に登り、休日はシンガポールから日帰り登山の客も目白押しという、高尾山ばりの観光山じゃ。

立ち枯れの破壊されっぷりもそうだけど(自分も加担してるけど)、自然度は低く、虫の影はほとんどない。

ケンランを本格的に探すのなら、より手付かずの周辺の山にした方がいいと思うし、自分もそうするつもり。


>はりぃ。さん
自分は余人と違ってケンランの若齢も卵嚢も知ってるってのは、内心密かに自負してましたが、全然みつけられませんでした~(苦笑)。

ぶっちゃけ、親指の爪より小さいサイズの幼虫はみつけられませんでした。
案外、若齢期は倒木とか地表とかシロアリに混じってるとか(←好白蟻性カマキリの発見である)、別のところに棲んでたりして。

ケンランカマキリはジャングル内の孤島のような立ち枯れをどうやって渡り歩いてるのか不思議であります。

それから、カマキリの卵嚢は持ち込み可能で問題ありません。





写真は宿泊したホテルセティア。
山まで徒歩20分という立地と、コンビニと飯屋を包括してる便利な宿。

しかし、自分はキャメロンのタナラタしか知らなかったから、今回のクルアン滞在で今更ながら、タナラタって物価が高かったことを思い知った。

こっちだと虫を買うことも無いので、全然お金が減らないの(笑)。
 

/313