teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


11月秋山ハイキング

 投稿者:篠崎徹  投稿日:2012年10月20日(土)22時49分29秒
返信・引用
  日時 11月10日(土)
山域 二子山(奥秩父と西上州の境目)
行程 西武池袋駅8:05発(快速三峰口)-9:47着西武秩父駅ータクシーー二子山登山口
   ー服峠ー二子山西岳ー坂本下降点ー魚尾道峠ー登山口(約3時間30分)
   -バス又はタクシーー西武秩父駅ー池袋駅
山容 コースの大部分は露岩のやせた稜線でスルり満点の高度感、爽快感g

http://あ

 
 

秋山(9月)山行案内

 投稿者:篠崎徹  投稿日:2012年 8月31日(金)16時37分57秒
返信・引用
  山域 西吾妻山(山形)2035m
日程 9月8日(土)6:12東京発つばさ121号ー8:25米沢9:00-山交バスー9:41白布湯元ー
         ロープウェイー天元台ーリフトー北望台ー人形石ー西吾妻山ー人形石ー
         北望台ー天元台ー白布温泉(中屋別館・0238-55-2121)懇親会
   9月9日(日)白布温泉10:00-米沢市内散策ー米沢ー帰京(郷)
 

記念誌等の寄贈

 投稿者:64  小堀  投稿日:2012年 6月26日(火)14時47分10秒
返信・引用
  山岳部、OB会の活動の歴史を母校に残す為、以下のものを6月15日寄贈致しました。
  寄贈先           寄贈物
  明治学院大学図書館    「ヌン東稜 1978」    1冊
               「ザイル 50周年記念号」  1冊

  明治学院歴史歴史資料館  「ヌン東稜 1978」    1冊
  (明治学院記念館2F)  「ヌン・東稜1978」DVD 1
               「ザイル 50周年記念号」  1冊
               93年9月9日付朝日新聞トゥインズ遠征記事コピー 1
               93年9月7日付日経新聞トゥインズ遠征記事コピー 1
 以上はヌンDVDリメーク計画時からの予定でした。
 両館共完全空調で火災焼失外は学院が消滅せぬ限り後世に残る扱いです。歴史資料館には
 貴重な学院先人の残した多数の資料がありその様な重みのある中に保管される事に感動と
 ある種の誇りを感じました。
 尚、図書館には「ヌン 東綾1978」は高橋(健)会員が1冊既納済 開架式
 歴史資料館は予約閲覧可との事、又歴史資料館で発行(不定期)の「歴史資料館ニュース
 レター次号に本件を掲載すると担当の松崎氏の話でした。

 

上州武尊山

 投稿者:篠崎徹  投稿日:2012年 6月21日(木)18時31分40秒
返信・引用
  6月30日~7月1日 上州武尊山の案内

明学ワンゲル武尊小舎泊

6/30 7:14新幹線上野発ー8:08高崎8:24-9:11沼田ータクシーー東俣林道駐車場ーリフト   ーWV武尊小舎
7/1 小舎ー3合平ー武尊避難小屋ーセビオス岳ー中ノ岳ー武尊山ー中ノ岳ーセビオス岳ー   三合平ーWV武尊小舎ータクシーー花咲の湯ー沼田ー上野

レンゲつつじが見頃、付近の周遊も良、WV会より64年度会員高野、手塚各氏が参加の予定
 

竹内洋岳

 投稿者:64  小堀  投稿日:2012年 5月28日(月)13時10分28秒
返信・引用
  立正大学山岳部OBの竹内洋岳氏が、さる5月26日現地時間PM5:30ダウラギリ(8167M)に登頂し世界で28人目、日本人では初となるジャイアント14座の登頂に成功しました。
彼は1995年にマカルーに登頂、1999年当会伊丹会員率いる「日本リャンカン・カンリ登山隊1999」ではチべットにある7536Mの同峰に初登頂しました、この時のBCへは支援隊として(故)広瀬、斎藤(恭)会員と岳友の川口氏が参加しています。現在の彼を応援する組織「14座プロジェクト」は当会の伊丹、平野会員を中心に始められ、彼が2007年パキスタンのガッシャーブルムⅡ峰登山中の雪崩事故の救出は彼の人柄もありますが伊丹会員の顔の広さが大きくものを言いました。又2010年には平野会員の会社「アートオフィス・プリズム」が丸善(株)から「初代 岳竹洋岳に聞く」を発刊しています。マカルー以降17年間彼のこれまでの地道な活動が今回の快挙に繋がったものと思います、当会員にも大きなつながりのある竹内君の14座完登に大拍手!!
 

富士登山ツアーのアルバイト募集

 投稿者:富士登山ツアー会社サンシャインツアー東京  投稿日:2012年 5月25日(金)15時13分3秒
返信・引用
  お世話になっております、サンシャインツアー東京の小林と申します。

突然メールでの連絡になりまして、大変申し訳ありません。

今般、ご連絡させて頂きました件は、弊社サンシャインツアーは夏季に
富士登山のツアーを行っております。

まず大体の商品内容としては、バスで横浜、東京、新宿駅より出発して頂き、
富士山五合目で富士登山専任ガイドと合流して頂いた後、
八合目で仮眠、頂上で御来光を見て東京へ帰ってくるプランになります。

弊社HPは下記URLになります。

http://www.sunshinetour.co.jp/fuji/fuji_kantou.html

夏の期間は7/7~毎日ツアーが催行決定しています。

そして、今回この連絡をさせて頂いたのは、最終出発場所の新宿から
翌日東京へ帰ってくるまでの、お客様と同行し富士登山をして頂ける
アルバイトの方を今年は去年の倍程、募集をかけている状況です。

お手数ですが、メンバーの皆様へ上記の件を、共有して頂きたく
ご連絡させて頂きました。

アルバイトの件で何か、質問や応募があった場合には、

kobayashi@sunshinetour.co.jp

03-5155-3911

までメール、電話どちらでも結構ですので、ご連絡お願い致します。

富士登山 担当 小林


以上、ご確認の程、よろしくお願い申し上げます。


----------------

サンシャインツアーセンター 東京営業所
〒160-0022東京都新宿区新宿6-28-8
               ラ・ベルティ10階
tel 03-5155-3911 fax 03-5155-3912

小林 央典 コバヤシ ヒサノリ

----------------
 

6月例会山行 「那須・三本槍岳」計画書

 投稿者:篠﨑 徹  投稿日:2012年 5月21日(月)22時34分37秒
返信・引用 編集済
  6月9(土)~10(日)の那須・三本槍岳(100名山那須岳最高峰)の案内です。

9日(土)東京7:44発やまびこ205号(23番線3号車乗車予定)→那須塩原8:55着
西口広場9:05発無料バス→(40分)→東急ハーベスト?楽部→タクシー(20分)→マウントジインズロープウェイ山麓駅(950m)→(10分)→山頂駅(1410m)→(20分)→中の大倉尾根入口→(70分)→赤面山分岐-(20分)→清水平分岐→(30分)→三本槍岳(1917m)-(15分)→清水平分岐→(20分)→赤面山分岐→(40分)→中の大倉尾根入口→(20分)→山頂駅→(10分)→山麓駅→(タクシー途中買出し)→東急ハーベスト(泊)

10日(日)ハーベスト発タクシー→平成の森(那須御用邸内)→ハーベスト→(無料バス)→那須塩原駅16:41発快速ラビット→上野駅19:10着

費用 新幹線東京ー那須塩原 5240円 ロープウェイ往復 1500円
   快速ラビット 2520円 タクシー代 ハーベスト泊代+買出代 etc

昼食持参

雨天決行(コース変更?)

ハーベスト?楽部には、不要な物は預けられます。タオル・歯ブラシ他あり。

山名の由来 三本槍は昔、会津、白河、大田原藩が山頂に三本の槍を立て、各藩の境界を確認した事が山名の由来だそうです。又ロープウェイ山頂周辺は国内最大級のごよう躑躅(シロヤヤシオ)3万本の群生地です。

担当 煙草勝也・晶子夫妻
幹事 篠崎徹

 

「齋藤繁也会員歓送会」に寄せて

 投稿者:高橋健司  投稿日:2012年 3月27日(火)19時37分36秒
返信・引用
   2012年3月23日(金)雨。梅寿司にて。参加者18名。彼の人徳を物語る多くの参加者。山形放送東京支店勤務トータル11年の間、企画室理事を中心に会に多くの貢献をしてくれました。
以下は、高橋からの贈る言葉
「1975年4月。当時の明学本館前中庭での最初の出会いから37年。私が山岳部入部勧誘。
 1978年10月。一緒にヌン東稜からの登頂。あれから34年。
 1989年5月岩手山10月早池峰山。仕事で同じ仙台勤務でヌン以来の山行。23年前。
 1994年10月。穂高追悼山行。私が4年振り山行再開。彼は強かった。17年前。
 2004年4月。高尾山~陣馬山。八王子天狗で前後不覚の大宴会。8年前。
 2005年7月。谷川岳追悼山行。山形から駆け付け横須賀と共に強さ際立つ。6年前。
 そして、2009年4月八ッ5月剣岳早月尾根から雪山再開。怖さ面白さ共有。3年前。
 不思議に馬が合い、人生の節目・仕事の節目・山登りの節目に斉藤がいつも傍に居てくれた気がする。山岳部4年と1年は、縦の関係が強い。しかし斎藤とは横の関係で付き合えた気がする。彼は気を使っていたのかも知れないが…。
 もう東京には戻らないだろう。でも、元気に生きている限り、一緒に東北の沢登りをしている気がする。再度ヒマラヤの雪稜を一緒に歩いている気がする。そんな後輩を得て、そんな友を得て私は幸せ者だと思う。
 だから斎藤よ。
 鍛練怠るなかれ!
 ザイルワークマスターしよう!
 健康診断オールA続けろよ!
 ストレッチ続けろよ!
 じゃあ、またな、元気でな。」
 

69年度 平野会員プロデュース番組放映のお知らせ

 投稿者:64  小堀  投稿日:2012年 3月15日(木)17時57分10秒
返信・引用
  放映日  3月21日(水)22:00~22:54 BS朝日
番組名  「竹内岳洋 サミットプッシュ」 あとひとつ
内容   立正大山岳部OB竹内岳洋氏の、全8000m峰14座登頂の最後となるダウ
     ラギリ(8167m)登頂を今年の6月に控え、今までの山歴を振り返る番組

コメント 1995年学生時代のJACマカルー遠征に始まり、2007年ガッシャーブ
     ルムでの雪崩による背骨骨折からの奇跡の生還、そして翌年再挑戦で登頂成功
     そして14座目となる今年のダウラギリ登頂で日本人初の全座登頂となる。
     彼の14座登頂は当会69年度伊丹、平野会員が中心となる「14プロジェク
     ト」により進められて来ました。又竹内氏は1999年伊丹会員が隊長の「日
     本リャンカンカンリ登山隊1999」でチべットの同峰に初登頂しています。


            
 

斉藤繁也(75年度生)会員歓送会参加のお誘い

 投稿者:高橋健司  投稿日:2012年 3月13日(火)22時31分27秒
返信・引用
  まだまだ寒い日が続いておりますが、会員各位におかれましては元気にお過しの事とご推察申し上げます。さて、斉藤繁也会員(75年度生)が6年の山形放送東京支社勤務を終え4月1日付で山形本社に栄転する事になりました。つきましては、下記の通り歓送会を開催致しますので、多くの方のご参加を期待しております。
                     記
①日時:3月23日(金曜日)19:00~
②場所:梅寿司
③会費:6000円(プレゼント代込)
④申込期限:3月16日(金曜日)
⑤連絡先:高橋健司(090-7426-4303)
     横須賀誠(090-8453-2693)
     TELまたはショートメールでお願いします。
                              以上


 

レンタル掲示板
/13