teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


山形浩生の書評について

 投稿者:高橋英利  投稿日:2012年 4月 8日(日)19時40分13秒
編集済
  山形浩生ていうしょうもないやつが、書評を書いてくれていて、まったくもってはた迷惑なもんだよな。。。

(そういえば、大田さんは、彼に書評を書かれて喜んでいましたね。。。彼のどこが気に入ってるのですか?)

実に卑劣なやつで、勝手気ままな書評なる駄文を公表しておきながら、僕のコメントは載せないんだよね・・・
ガードかけてるのかな。。。
だから、僕も「反論」しておかないといけないので、ここに書かせてもらいますね。大田さん仲よさそうだし、彼ここを訪れるかもしれないので。

あ、ちょっと精神的にすさんでるかな・・・僕は、たぶん。

そういえば、吉本隆明さんが亡くなられましたね・・・
彼には、「転向」という言葉で昔、評論されていたっけな。。。当時
実を言うと、意味がほとんど解らぬままキョトンとしていたのだけれど、少し気になる言葉だった。
彼は、その言葉を決して悪い意味で使ってはいなかったようなんだけど、僕の行動が「90度の転向者」行為だとと言っていた。

こういう評論だと、されたほうも「グッ」と引き締まる思いなんですけどね。

まあ、僕にとっては自分の<精神をかけて>いたところが「魔窟」だったんだ。だからそうならざるを得ないよ。
彼に言わせれば、それは「稀な」ことのようだけれどね。

脱会した当時に、ふんぞり返って180度の批判とかはしなかったし(ああ、それをやったらそれこそ愚劣だぜ)、
かといってかつての教団の行いには、世の中の人がまだ気づけないほどの闇が潜んでいることにいち早く気づいてしまったからこそ、内在的な不穏な雰囲気を追及していた。

山形ってやつに言わせれば、それも売名行為にみえるそうだね。

95年4月頃、まだ出たての頃は教祖の批判までは勇気がなくて、できなくって、
少し時間をかけて考えた末、問題の根源に教祖は確かにいたし、その事を度外視して観察しても
何も見えてこない・・・てことに気づいて、展開していった。

おおかた、伝わったはずだ。伝わったと想っている。

時を経て、実に「くだらない評論」を書く人物が現れた。
そういう輩は一定数いるだろうな・・・と想っていたし、別に不思議なことではない。

僕はある意味、「晒し者」だったし、これはこの名前がある限り、続くんだ。これからもずっと。<受け入れて>いるよ。

あのおぞましい事件に関して言えば、
自由に人が判断するだけの材料は、僕の瞳を通じてみてきたものを提供することで貢献できたと想っている。

期せずして、世の中の関心のあったであろうことは、生でこの瞳でみてきたから。

山形浩生・・・君のような「愚劣な」人間にだけはなりたくなくってね。。。

人を常に高みにたって、評論する・・・
書評?笑わせるなよ。。。そんなの小学生の「感想文」レベルさ・・・
言説の新鮮さはブログの域にも達せず、2チャンネルかTwitterレベルの「無配慮で」「いびつな」言説だ。

それだけの知恵と道徳が自分には備わっていると、勘違いし、(死ぬまでには気づいたほうがいいだろうな・・・)
われこそは、正義を振りかざし、正そうとする・・・

でもって、なんだい、神を信じる人や、何らかの霊的な信奉者を、時代遅れの代物のごとく
(・・・だってそうじゃないか。。。て言うんだろうな(笑))
批判する類の人間は、我こそは善良なる現代の先端をいく知識人だとでも自認しているのかい・・・

ああ、目上の教育者ぶってるけど、いったいどのくらいの「精神年齢」なんだろうかね・・・
「ちゃんとおうちに帰るまでが「帰還」ですからね」・・・

だってさ・・・
あなた、僕の「パパ」ですか?
 
 

ヤマギシ会について

 投稿者:サニー  投稿日:2012年 3月29日(木)07時32分10秒
  たいしたことが書けないので投稿にのせないで下さい。
私は以前から自分を捨てろという宗教はカルト宗教であり
自分を捨てる人は人も捨てるひとだ、と書いてきました。
自分を捨てる人と言えば人格異常者でありその元祖のカルト陰陽宗教の大国主自身であり
それが作ったオウム真理教=創価学会=モルモン教=ヤマギシ会等々と繋がります。
カルト宗教が操るyahoo!japanに投稿していたため人目に触れる事なく
削除されたかもしれずやはり元をたぐるとそういうことをしているのは大国主と言う事になります。
大国主=エロヒム=シヴァと理解しています。
私のブログです。またも大国主によって隠されているかもしれません。苦笑
http://cloudbe13.blogspot.com/
http://outfromu.blog9.fc2.com/
 

RE: 宗教と呪術、その他

 投稿者:高橋英利メール  投稿日:2012年 2月26日(日)15時34分2秒
  大田さん

どうも、こんにちは。
しばらく海外に出張しており、返事が遅れました。

文庫本『オウムからの帰還』は、今度お会いする機会がありましたら、是非贈呈させてください。
僕はまだ先生のようにシャープに言説を唱えることはできないのがもどかしいですが。

ところで、いくつか重要な論点も出てまいりました。

■「呪術」と「宗教」の違いに関して
当時活躍していた宗教学者の方々が全く触れていなかったとは思いませんが、充分に深められてもいなかったテーマでもあります。
ぜひ、ここら辺の分析も披露していただけると助かります。

>こうした「宗教」と「呪術」の二分法を前提とするなら、麻原彰晃やグルジェフ、あるいは中沢新一や内田樹といった一部の知識人たちが語っていることは、実は「宗教的真理」についてではなく、主に「呪術的真理」についてではないかと考えられます。

これはでも、大胆な指摘ですね。テンポとしては引き込まれるのですが…
しかし、大田さんがそこまでおっしゃるのであれば、この違いを明確にした上で、見落とされていたであろう「呪術的真理」とそのメカニズムを解体していかなければならないでしょう。そしてその上の討論として学術的にも精査されうるものと発展するものであれば有意義だと感じますが、いささかこの刺激的な言説も、早すぎはしないか?というのが僕の印象です。
このテーマを語るのであれば、もう少し広く学術的な場でも展開していただきたいです。

それに、ここに挙がっている人たちの思想を十派一からげに纏め上げ批判する姿勢には賛同できません。大田さんはどうもそういう傾向がありますね…
(それは外野の第三者にとっては楽しいめるものかもしれませんが、僕はちょっとついていけません。)
僕はそこまで彼らの思想に通じておりませんので、軽はずみなことは言えません。
それは仮にも人生をかけて練り上げた諸思想家の方々に、粗野で短絡的なくくりすぎはしないか?と感じます。
大田さんによってステロタイプに纏め上げられた説明は、それによって簡略化されて解り易くなる反面、細部のディテールを大胆にそぎ落とし、誤謬も生み出してしまう恐れを感じるのです。老婆心ながらも。

…とはいえ、この「呪術的」な側面のあぶり出しは重要なことだと思います。
ひとつ僕のほうから上げられる点は、「名前」です。

オウムにはホーリーネームの制度があり、教祖の霊的視点と感性で弟子に新たな名前が付与されたのです。
仏教にある「改名」と似た意味合いをベースにしているのですが、そのスタイルは先述のO(ラジニーシ
の団体が使っていた手法の模倣であり、もっと「今的」であり、信者にも「受けていた」と想われます。
日本ではなかなかないスタイルで、意外性がありました。
その横文字の新たな名前に、どこか「本当に生まれ変わった」感じを持たせることに成功したのです。

現世の名前すら「捨て」させ、教祖が名付け親となって「生まれ変わる」儀式…それがオウムのホーリーネームであり、その影響力は精神的に計り知れない大きさを持ち合わせていたと推測できます。

信者は、その意味で「教祖」に名づけられた名前によって「呪われて」おり、その強さは計り知れないほど大きかったと言えるでしょう。

ちなみに、僕はそれを与えられていない点において、かろうじてその「呪い」から逃れていたと言えるのではないかと。
その代わり、出家前、出家後、脱会後を通じての一貫した僕の「高橋英利」という名前は、重くのしかかっています。
自分で言うのもなんですが、僕は自分の名前に一時期つぶれそうでした。

僕の意見を述べます。
「宗教」と「呪術」の二分法を前提にしては、いけないと思います。

この時点で行われる「排除」には有意義な発見はありません。
その二つはむしろ「混合」していたと言えるでしょう。

事実、カルトと宗教の違いによる、既存宗教の防御的な姿勢が当時さかんだったと思います。
その上で、カルトの行動的結実をもって、違いを語りたい気持ちは充分に分かるのですが、入り口は同じ性質のものでしょう。
それを理解した上で、もう少し内部に迫りたい…17年の歳月が経った今、それが少しはできるのではないかと想うのです。

呪術的性質も捉えた上で、宗教的動機が厳然としてあったであろうことを度外視すれば、その視点はひどく視野が狭いものとなってしまうと想われます。

そして、その点において、麻原を精神病で単なる凶悪犯という視点で捉えてしまうことに危険性を感じます。

■麻原とグルジェフ
>結論としましては、オウム真理教の教義や麻原彰晃の人格をグルジェフの体系で分析するということよりは、両者をともに一種の「呪術の体系」と見なし、相互の共通性や違いを比較分析してみる方が有効なのでは、というのが、私の考えになります。

了解です。僕も別に特殊な体系でのみ観察することは本意ではないので、大田さんのアプローチに期待いたします。
じっくり行っていただければ…と思います。

■麻原彰晃・村井秀夫・上祐史浩の関係について
ここらへんは、当時の三者をよく知る人物などから情報を引き出したほうがいいように思います。
僕はかろうじて、この三者を観察できる位置にいたので、その地点から見えていながら世間では表現されていない点をご紹介させていただきました。

■文庫本「オウムからの帰還」あとがきの挿絵
自分で言うのもなんですが、歴史的に貴重な資料になると想っています。
一枚目の麻原は、麻原初公判の時、彼が着席した直後に見せた表情になります。
ここから読み取れるメッセージは、ロゴスを超えており、僕はどんな表現も的確でない…ものを感じます。

当時、この裁判の傍聴も狭き門でしたが、この傍聴における僕の法廷画は、世に出ませんでした。
僕がかつて信者だった事や、裁判当時において脱会後の人間であることを踏まえた上で、この絵が適当でないと判断されたのでしょうが、僕は、この「世に出すことのできなかった絵」を公表すべきだと思うに至りました。

計4枚の絵を載せましたが、麻原の変遷が読み取っていただけると思います。
 

宗教と呪術、その他

 投稿者:大田俊寛  投稿日:2012年 2月22日(水)11時48分5秒
  高橋英利様

書き込みいただき有難うございます。どうお答えするべきか、なかなか言葉が見つからないところもありますが、簡単にコメントさせていただきます。

■「宗教」と「呪術」の区別について

前回の繰り返しになりますが、オウム真理教にせよグルジェフにせよ、その体系は、「宗教」と言うよりは、むしろ「呪術」と呼ぶべきなのだろうと思います。初期の宗教学(フレイザーやデュルケーム等)では、「宗教」と「呪術」という、似て非なる二つの領域が存在することが重要視されていたのですが、その後の宗教学では、このテーマを十分に探求してこなかったところがあるように思います。

デュルケームは宗教を「社会の統合を成立させるための集合的表象」と定義しています。すなわち宗教とは、「社会のメンバー全員にとっての公的真理を表すもの」と言い換えることができるでしょう。

宗教はこのようにして、社会統治の主要な手段として一般に用いられるわけですが、しかしながらこの方式は、いつでもどこでも万能というわけではありません。「誰にとっても当てはまる真理」というものを拒否する人間、それでは満足できない人間が、社会のなかには常に生み出されてしまうからです。それは、何らかの理由や原因によって社会から疎外され、社会の呼び声に応答しなくなった人間であり、より端的に言えば、何らかの仕方で「精神を病んでしまった」人間、ということになります。

こうした人々は、現状の社会に対する根源的な違和感や不満を抱えているわけですから、「社会のメンバー全員に当てはまる真理」という仕方の呼びかけには応答しようとしないわけです。では、どうするか。別の仕方で呼びかけるしかない、ということになります。すなわち、「社会には隠されている真理を、私が君だけに教えてあげよう」という種類の呼びかけを行うのです。大ざっぱに言えば私は、こうして展開される「私秘的な真理」の体系が、「呪術」と呼ばれる領域を形成していると考えます。

こうした「宗教」と「呪術」の二分法を前提とするなら、麻原彰晃やグルジェフ、あるいは中沢新一や内田樹といった一部の知識人たちが語っていることは、実は「宗教的真理」についてではなく、主に「呪術的真理」についてではないかと考えられます。周知のように近代社会は、大規模で複雑なシステムによって成り立っており、そこからはじき出される人間、疎外される人間が絶えず生み出されていきますから、「呪術的真理の語り」というものは、その社会において常に一定の大衆的ニーズを集めるということになります。こうして、さまざまな宗教的セクト、ニューエイジや精神世界といった流行現象、サブカルチャーの諸領域において、カリスマ性を帯びた「呪術師」が登場し、その周囲に「彼こそは秘められた真理を知っている人間だ」(まさに「知っていると想定される主体」です)と考える信奉者たちが集う、という現象が繰り返されることになります。

しかし、ここで往々にして見過ごされるのは、こうしたカリスマたちが語っているのは、実は私秘的領域にしか通用しない「呪術的真理」に過ぎず、その論理は公共的領域には通用しない、ということではないかと思われます。さまざまなカリスマたちは、自らの力によって人々を訓育・領導できることに自信をつけ、しばしば政治の領域に関与しようとしますが、ほぼ例外なくそこで躓き、纏っていたオーラを雲散霧消させる、平たく言えば、「化けの皮が剥がれてしまう」ことになります。すなわち、彼の「真理」が通用していたのは、あくまで閉鎖的共同体の内部のみであり、社会的公共性の領域には通用しないことが露わになってしまうのです。

・・・ということで、何を書いているのか良く分からなくなってきましたが、結論としましては、オウム真理教の教義や麻原彰晃の人格をグルジェフの体系で分析するということよりは、両者をともに一種の「呪術の体系」と見なし、相互の共通性や違いを比較分析してみる方が有効なのでは、というのが、私の考えになります。

■麻原彰晃・村井秀夫・上祐史浩の関係について

オウムの幹部同士の関係については、部外者である私にはうまく想像できないところがありますが、高橋さんの仰ることは確かに興味深いですね。教えていただいた当時のテレビ番組も、村井さんと上祐さんが水面下で敵対し合っているという視点から見ると、細かい仕草や挙動に隠された意味が分かるような気がします。

しかし全体として言えば、私には、上記の三者がそれぞれ別のベクトルを持っているようには思えないのです。言わば三人とも、かつてオカルト雑誌『ムー』の愛読者であったという意味で「ムーの子供たち」であり、そこに書かれていた陰謀論・超古代史・疑似科学などをかなり素朴に信じ込んでいたのではないでしょうか。そして、オウム末期の運動をリードしたのが、主に疑似科学やマッドサイエンスの方向性であり、この点で村井さんは、その能力において他の幹部より秀でて(?)いました。そして、上祐さんを含む他の幹部たちは、そうした村井さんに対して、嫉妬や危惧の入り混じった複雑な感情を抱いていたのでは、というのが、私の想像するところです。

高橋さんのご著書『オウムからの帰還』を読み、末期のオウム教団において村井さんの果たした役割がとても大きかったということが良く分かりました。その意味で言えば、村井さんが刺殺されてしまったことは、麻原彰晃が法廷で何も語らなくなったこと以上に、「オウム事件の真相」を闇の中に隠してしまったのかもしれません。

(*『オウムからの帰還』は、最近、文庫化されたようですね。喜ばしいことだと思います。「文庫版あとがき」を拝読したいので、私も近いうちに手に取ってみます。)
 

上祐氏と麻原、村井氏の関係について~『カラマーゾフの兄弟』からの考察

 投稿者:高橋英利メール  投稿日:2012年 2月12日(日)18時27分34秒
編集済
  ■上祐氏と麻原、村井氏の関係について~『カラマーゾフの兄弟』からの考察

僕は上祐氏について、次のように考察しています。

・信者時代の初期、教祖に対し彼ほど批判的な言説で挑んでいた者はいなかった。

実は教団内部で、説法に対し、教祖に対し彼ほど批判的な言説で挑んでいた者はいないのです。
(89年90年あたりの信者は知っていると思いますが91年以降の信者はおそらくほとんど知らないと思います。)
彼ほどの知性が、すんなりと麻原の言説に従うわけもなく、彼はかなり「がんばって」食い下がっていたのです。
この点においては、他のどの古参信者よりも「頼りになる」存在でした。
(僕は信者がかなり無批判に己の思考経由なく麻原の言説に感銘を受けていることに苛立っているほうでした。)
そしてそのことに気づくには、古い89年あたりの説法と質疑応答を拝聴してみなければいけないのです。
僕がそれを知ったのは在家時代、とあるルートから「出家信者しか聴いてはならない」と言われた説法テープを拝聴したのがきっかけです。

・世間における評価:教団防御のために嘘八百を並べ立てる口の達者な人物

これは世の中に一般に表現された彼の態度が、「教団防御のために嘘八百を並べ立てる口の達者な人物」という印象であったのに対し、真っ向から対立する姿勢があったことを示しています。むしろ一般の方々が「疑問」に想うようなことは、いち早く彼が教祖に問いただしていたのです。(それは僕にしても同様だったと思います。彼ほど弁がたつ人間ではありませんでしたが。)

当時の報道で、その事に気づいている人はほとんど皆無だったと思います。
実際、彼ほどあの教団の悪性を引きづったまま、世の中全体にストレスを冗長した人物はいないと感じます。
その点で彼は、非難されてしかたのない人であり、脱会当時の僕にとっても「対立者」として徹底して振舞っていました。

・矛盾する人格と葛藤

この内部での実態と彼に対する教祖の評価、そして彼が教団のために行ってきた数々のことが、通常の想定をことごとく裏切っているため、彼の真意が分からぬまま十数年が経過したのだと思います。
で、それほど複雑な心理的世界には他人は踏み込まないため、結構重要な点を見過ごすことになります。

彼が最終的に、教祖の言説を除外し「ひかりの輪」を立ち上げる流れは、言わば当然の流れでした。
しかし、真意として彼が何を志しているのかは、彼の言説をそのまま鵜呑みにするわけにはいかないでしょう…

彼に対する一般的な批判には、事の真相を知らないゆえの軽薄なものを感じます。
彼の脱会後の総括において、彼の根底にあるエネルギーを伺うことができます。

世間でもみくちゃにされている間、彼の心に去来していたものがなんだったのか…僕が感じ取った彼の心境はこういうものです。
(私がロシアに行っている間に、一体あなたは何をしていたのだ!(麻原に対し))
(しかもこの状況は最悪にして、一番懸念していたことでありながら、そのことは既に私が進言していたはずだ!)

こうした怒りを感じていたはずだと思います。

そして、教祖に対するグル信仰の矛盾を埋め合わせるべく、それを温存させたまま、その怒りは村井氏に向かっていたと思います。

この高弟同士の仲の悪さについては、以下の映像で現れています。1分14秒あたり
上祐氏が半ばふてくされて、質疑応答する村井氏を心の中で軽蔑している姿が浮き彫りになっています。

1分46秒あたりでは、上半身頭部が村井氏を避けるようにして左にかしいでいます。
こうした反応は心の内面として隠せないもので、村井氏に対し相当うさんくさいものを感じ、同じ教団幹部として出演しながら、相容れないジレンマを感じていた事が伝わってきます。

http://www.youtube.com/watch?v=qRWvEZep1T8

この映像の主題は「村井氏」なのですが、ここに隠れているもうひとつの姿が、高弟どうしでさえ「隠しあっている」姿です。
これは教団の紛れもない姿であり、教祖がこれを放逐していたのが伺えます。

・ロシアへの左遷

彼は、教祖に運営の仕方で私的意見を挟み、教祖に疎まれ、結果ロシアに左遷されたのだ…

これが事実だと思います。(※彼が私的意見を挟んだかどうかは僕は知りえないことですが、恐らく彼の性格からしてそうした会話があったはずだと感じています。)

ただし、僕は一方で、上祐さんに対し1歩踏み込んで問い詰めたい心境があります。
教祖の近くにいながら、彼の危険性を気づきうる才を持ち合わせながら、なぜあなたは、彼を監視しなかったのだ!
というものです。

これは、ドストエフスキーの小説『カラマーゾフの兄弟』の中で、イワンが無意識の中の予感として、父フョードルを忌み嫌い、彼の死を渇望し、そうした事件が起される予兆を感じ取りながら、「毒蛇同士の食らいあいに構ってなどいられるか!」と勢い、チェルマーシニャ、否、モスクワに逃げてしまう心境に似ていたはずです!(結果的にそれは彼自身の犯行を抑止することになった)

イワンが、自分でも気がつかぬ無意識の罪を体現するスメルジャコフの存在に、次第に畏れを抱き、不愉快な気分を味わい、しかも彼がその<不気味な姿をかもし出す>スメルジャコフに「意地悪く勧められるまま」チェルマーシニャ行きを決定してしまう様は、敗北そのものと言っていいものです。。。

心の中だけの罪が、現実の罪に変貌する瞬間…それを体験したのではなかったか…

彼は麻原をどうしようもないくらい畏れていたはずで、しかし信仰生活のスタイルとして、システムとして教祖に謀反を起せなかった事実があります。でも<予感>はしていたはずです。

こうした幹部のの心の弱さが、事件をどんどん大きなものへ、止められないものへと冗長させていったのではないのだろうか?
振り返ってみればラーフラのような行動を取れなかった自分を恥じているのではないか?
そして、その事を気づかれないために、多弁に陥っている。。。

僕はそう思えてならないのです。

そして、この時に、ロシア行きを斡旋したのは、村井氏ではなかったのだろうか…とさえ思えます。

イワン・カラマーゾフが上祐氏だとすると、スメルジャコフは、村井氏に相当します。
実際の汚れ仕事を請け負っているという自負が村井氏にはあったと思います。

※誤解を与える事無いように弁護するならば、「破壊による救済」など共有できたはずはなく、その意味で上祐氏はイワンそのものではないでしょう…しかし無自覚にもこのような結末を…予期しえた稀な位置に彼はいたはずだと僕は思います。

まとめてみます。

◆イワンの無意識に感じていた事件:
父フョードルの死。しかしそれは兄ドミトリーによって突発的に起されるものと感じていた。
まさかそこに真意として彼の願望を反映する形で、用意周到に「自覚的に」スメルジャコフが事件の引き金をひくとは思いもしなかった。

◇上祐氏の無意識に感じていたであろう事件:
日本におけるサリン事件。しかしそれが本当に起されるとまでは思っていなかった。
しかし、きなくさい状況は真っ先に知りうる立場にいながら、自分の後輩信者にはその教団の変貌と危険を表明する事無く日本を去っていった。

◆イワンの悪夢:
父の死の予感を感じながら、それを止める位置に自分の身をおかずに、モスクワに「逃げて」しまうこと。
モスクワについてから、自分自身を「卑怯者だ」と感じるようになる。スメルジャコフが気になって仕方がなくなる。

◇上祐氏の悪夢:
日本において教祖と村井氏がタッグを組んで、自分達の理想の仏教的生活が壊される予感
そのとばっちりを避ける意味でも、ロシア任命には「快く」承諾した。
ロシアについてから、日本での教団体勢の変貌を忘れる意味でも、自分の任されたロシアの地での教団拡大に没頭する。
それは、ふがいない教祖の野望に対する潔癖の主張だった。


ここまで分析して、はじめて上祐氏を批判できるし、彼もまた恐ろしく呪われた運命を背負わされたものとして、僕は同情してしまうのだ。

そして、そういう意味では、僕は自分自身の中にもきっとイワンやアリョーシャやスメルジャコフのようなものがあるのではないかと感じてしまうのです。
 

コメント

 投稿者:高橋英利メール  投稿日:2012年 2月12日(日)15時12分31秒
  ■コメント
>私は現時点において、グルジェフ思想の体系とは、自分自身の否定的側面(「囚われ」と呼ばれているようです)を直視することによって精神的に成長し、「本当の自分」に目覚めることを目的としているのではないか、と考えています。私が先に「グルジェフの真我論」と呼んだのは、このような内容を指しています。

了解しました。
ただここで述べられている概念の多くは「性格分析エニアグラム」をやる方々の表現になります。
グルジェフも似たような事をいっているのですが、微妙にニュアンスが違うんです。「本当の自分」に目覚めなさい…という言い方よりも、「君達は自分の意志があるのだと勘違いしているようだが、通常の君達は、愚鈍で眠りこけており、真の自分自身を探すどころか、自分自身の『主人』をすらまだ確立していないのだ。」というような事を述べています。

別のところで、こんな一言もあります。(意訳ですが…)
『よく偽善的に人のために尽くしたいと軽々しく述べる人がいるが、彼らは何も分かってはいない。
真に利他的な人間は、まず驚くほど利己的な人間にならなければならない。』

ここら辺の発言を聴けば聴くほど、タイプ8(支配者)の言説だなと想うのです。
グルジェフがやろうと思えばできたのに、エニアグラムを性格分析まで敢えて発展させなかった理由は、彼自身の分析を弟子達にされたくなかったからではないかと考えています。

>グルジェフのこうした「真我論」は、オウム真理教のそれと基本的に同型なのではないか、ということです。

そうですね。その意味ではそうだと思います。
僕達は、自分自身の否定的側面ばかりを見つめていました。少なくとも僕自身はその傾向が強く、こうしたベクトルは支配者からみれば実に調御しやすかっただろうと思います。

>私が懸念するのは、グルジェフの体系とオウムの体系が基本的に同型であるとすれば、果たしてグルジェフのエニアグラムによって、麻原彰晃のパーソナリティを客観的に分析することは可能なのだろうか、ということです。

先に述べておくと、僕は、エニアグラムが完全だとは想ってはいません。あくまでひとつのメソッドとして捉えており紹介したものです。しかし、エニアグラム自体が全方位に批判性を持っています。(幾何学的にも)
この土俵ら逃れるために、「解脱」という概念を持ち出す禁じ手が彼(麻原)にはあると思います。

しかし、エニアグラムのタイプ論には、リソ&ハドソンの研究成果で、9つのレベル概念が導入されました。
それまでにはないものでしたが、より柔軟な体系に仕上がっています。

レベル1が精神疾患だとしたら、レベル9が悟りの境地を表します。
それが各タイプにそれぞれ存在します。

この時点で、すべてのタイプの善悪を網羅し、闇と光を矛盾なく表現できるものになったのです。

T8はいささか力への意志という原初の囚われにより、かなり大雑把で大胆な、時に無謀なチャレンジをします。
その際、それは一個人の枠組みを超えます。
その時、犠牲をいとわないのが、T8の特徴であり、これは善にも悪にも転がりえるのです。
聖者にも独裁者にも大量虐殺者にもなりえるのです。


・人は本質において基本的なタイプの枠組みから解放されないが、そのレベルは変動しうる。
・しかも隣り合うタイプ同士は干渉しあい、要素が交じり合う。
・そして各タイプはベクトルとして上昇の方向と下降の方向があり、そのままでいると重力に縛られるように下降の方向に向かう。

この成果をもって、鈴木秀子さんの初期の研究成果の不備は補われ、補強されいます。

なお、現在の性格分析エニアグラムには、グルジェフの唱える「高次思考センター」と「高次感情センター」が存在していません。
あくまでも3つのセンターのみで展開されたものになります。
グルジェフがもし存命であったならば、今のエニアグラムを「未完成」と言うと思います。

>高橋さんは、グルジェフの理論に卓越した利点を認めていらっしゃるのでしょうか。

グルジェフの思想というよりもエニアグラムの法則には卓越したものが認められます。
(グルジェフの思想では他に有名なもので「オクターブの法則」というものがあります。。。)

エニアグラムには数学的法則が含まれています。
幾何学的な美しさだけでなく、循環小数という姿が内在しています。

囚われの方向:下降の方向
1→4→2→8→5→7→1…

1/7=0.142857142857...

自然界の法則が人の世界の法則にも影響を与えている…という視点があります。

この数字を性格分析エニアグラムに当てはめて表現しなおすと、こうなります。

T1(完全主義)至高の存在を目指し
=>(敗北して)T4(悲観主義、ロマン主義)的になり、
=>(敗北して)T2(博愛主義、慈善行為)的になり、
=>(敗北して)T8(権力主義、傲慢、支配)的に変貌する
・・・

エニアグラムは、ツールとして抑えることで、人の癖のある心の軌跡を追いかけてゆくことができます。

これを神話に当てはめれば、ソフィアはT1です。父と合一したいという無理な欲求を持ちうる点において。
そしてT1から堕落して落ちていく人間の姿をエニアグラムでも表現可能なことが分かると思います。

ここら辺は思想体系というものではなく、あくまでも研究分野という位置づけで捉えていけるものだと思います。
 

G(グルジェフ)と麻原

 投稿者:高橋英利メール  投稿日:2012年 2月12日(日)15時10分47秒
  大田さん

どうもこんにちは。ご返信ありがとうございます。
風邪が流行っているようですね。かくいう私も先々週から喉をやられてしまい、かなり長引いております。
お互い気をつけたいですね。

ところで、今回のお話は、ちょっと待ち望んでいただけあって、興味深いものでした。
やはり、ここで語り合えることは有意義です。

■G(グルジェフ)と麻原
グルジェフの問題は、ちょっと微妙な話になるんです。誤解を恐れずに議論すると、深入りせざるを得なくなりそうで、それこそ「いざなわれてしまって」いることに気がついて、止めたくなってしまうのです。。。

これは僕個人的な話かもしれませんが、僕は麻原からの影響よりもグルジェフからの影響のほうが強かったのではないか?
というのが自己分析です。

彼の言説には、ラカンが仕組んでいる企みとほぼ同等の罠が仕掛けられています。
彼も公然と「君達の眠っている思考センターを活性化させるために敢えて解り難く語っている。」とどこかで述べており、『ベルゼバブの孫への手紙』はそうした思想的態度で書かれた本です。

かなり癖のある人物なので、生理的に嫌な人は近づきもしないと思いますが、当時僕はなぜか吸い寄せられていきました。
入り口は思想からではなく音楽でした。JAZZのキースジャレットの音楽に、Gの影響が見えます。(Gは舞踏作家でもありました。)ブライアン・イーノも確かそうです。そしてキング・クリムゾンなどを愛聴していました。

かなり躊躇いがあるので、おいおい語り落としていきたいと思います。ただし、大田さんはさすが、核心部分に気がつかれているな…と感じています。僕がグルジェフの思想に触れていたとき、僕はもはや通常の生活を送れるような状況にはなく、単位は全て取っていたので周囲には気がつかれにくかったですが、大学には登校拒否、挙句留年していた時期であり、この頃の精神的荒廃状態は耐え難いものでした。グルジェフの思想によりかろうじて自分をとどめていたのか、或いはグルジェフの思想によりこうなってしまったのか…その頃の2年間は、僕は人とまったく会話をしていません。まるで自分が人類から蚊帳の外に置かれてしまったかのような感覚で、空ばかりを眺め、時折飛来するヘリコプターを不思議そうに眺めていました。

人間は、自分達の置かれている状況に全く気がつかづに、悪しき習慣に陥り、生の神秘性にも気がつかぬまま死にいたる。
グルジェフのメッセージを還元すればこのように言われていたように思います。

…あれは、オウムの問題を語るのに、なかなか「迫れる」モデルなのです。
当時、有識者にグルジェフとの比較をさかんに述べていた僕なのですが、グルジェフ自体を知らない人が多かったため、オウム問題で語りたかった事がなかなかうまく伝えられなかったです。

僕が当時はじめてグルイズム批判を展開したのは、グルジェフ批判を暗に込めていました。
そしてそれができたのは、あの事件の背景にあった求心力の根源に、この体系があると感づいたからです。
大田さんがお気づきのように、それと似た匂いを確かに僕は感じていました。

オウムの深層に横たわっているものへしっかりと見定め、批判するには、グルジェフの深層を捉えて批判する道を経由しなければならないだろうと、僕は想っています。しかしどちらの哲学も、かなり難解で細かな部分で深いパラドックスが存在しているのです。
あまり急いで進むと見落とされるものが多く出てくると懸念しています。

真我論も他のものとは少し様子が違うものと想われます。確かにエニアグラムはルーツとしてグルジェフが広め、その後、弟子が味付けして発展させ「性格分析ツール」として世に広めたため、まったく無自覚で心のベクトルもないもの達に向かっての占い的な軽い「勧誘」の様相が生じていると思います。しかし今巷で流行っているエニアグラムをグルジェフの思想体系と同じものだとするのはよくないと思います。エニアグラム学会のプロパガンダはグルジェフ思想とは別のものだというのが僕の考えです。

グルジェフのエニアグラムは秘教なのです。当時彼はこのエニアグラムというシステムを、うやうやしく、自分のほんの一握りの弟子達にしか伝えておらず、しかも口伝でした。そして、あの有名なウスペンスキーの『奇蹟を求めて』の出版に対しては、グルジェフにとって違反行為だったのです。ウスペンスキーは、自分のかつてのグルであるグルジェフの思想を紹介しながらも、自分はそこを離れていったいきさつや、彼との取り組み方の相違を口にして、敢えて「秘教」を公表するに至りました。

古代の秘教とされるエニアグラムの発見をしたグルジェフが隠し、彼の弟子が不本意ながら公表することで、グルジェフの名とエニアグラムというシステムが世に知れ渡ることとなりました。

ところで、オウムの構造として似ている事を示唆して頂きましたが、当時分析された中で有名なのは、ラジニーシとの比較でした。
知名度でいって彼のほうが上回り、かつ古参のオウム信者の中に、ラジニーシ経由の弟子が何人かいたために、宗教組織構築の際に参考にされたことは既に知られているとおりです。

そしてこのO(和尚ラジニーシ)はかなりグルジェフの思想にかぶれてることは彼の著書を見ればわかることと思います。
そして、K(クリシュナムルティ)の行動に露骨な嫉妬心があることも明らかで、当時のニューエイジの神秘思想を捉える上でこの3人は無視できないと僕は想っています。

…ただし、現実には、麻原はG(グルジェフ)を知らなかったのです。
Kについては、信じられないほど高い評価でした。(これは現在僕の中で謎の言葉です。)
実際に僕自身が、彼に直接話を持ちかけ回答を得ているので、その時の様子を紹介いたします。

○当時の私(1994年12月頃):尊師はグルジェフをご存知ですか?(もちろん知っていると思い込んでの質問だった)
○麻原:残念ながら私は名前しか知らないのだよね。。。彼はどういう人物なんだ?どういう思想なのか?
○当時の私:形は違いますが、オウムとかなり似ていると思います。彼もチベット密教を密かに学んでいたという噂がありますし…
○当時の私:もう一人気になる人物がいるのです。クリシュナムルティのことはどう想われますか?
○麻原:彼か…彼はひょっとするとキリストの生まれ変わりだったかも知れない。彼のオーラは悲哀ににた救済者の色をしているんだよ。

彼がグルジェフのことを知らないと知って、僕はこの時胸をなでおろしました。
この安堵感は、グルジェフの恐さを知らない人にはわからないと思います。
そして、彼がエニアグラムも知らないことをしって、正直少しほっとしたのです。
実はグルジェフのほうが遥かに高度な知恵を持っていたと僕は感じており、彼ほどには危険ではないと僕は誤解していました。
(グルジェフには悪名高いSTOPという修行とSuper Effortというものがありました。よく死人が出なかったなと思います)
(オウムには狂気の集中修行というものがありました。その後の様々な修行では死者が出ており隠蔽しています)

結果的には社会的にも現実面でも、麻原のほうが<わかりやすい>危険人物でした。
しかし、僕は今もって深い部分では、グルジェフの探求していたこと(人間の意識的な進化)は<高度でわかりにくい>けれども、間違いなく危険な試みで、何か未分化の不備があったのだ…と想っています。

なので取り組みとしてはオウム問題を題材にしながら同様にしてグルジェフの問題を解体しうると僕は感じています。

またもう一つの視点があります。
「グルジェフはグルジェフの思想についていけなかった」…という点です。
弟子のウスペンスキーが同様のことを指摘し、彼の元を去っています。

これは麻原にも同じことが言えるのではないかと想うのですが、まだグルジェフほどの失態を演じきっていないのです。
裁判の状況を見れば、「え?」と想われるかもしれないのですが…

※G自身および信者は、宇宙の法則から彼だけは解放されていると想っていたようです。そして交通事故を起し瀕死の重傷を患ったことで、多くの弟子が動揺し、離れていくきっかけをつくりました。

※彼(麻原)は、最後まで自分の進むべき道は誤っていないと確信していた点で「意気消沈」はしていないように見受けられます。
精神障害は生じていたとしても、それは「思想温存」という「逃げ」であり、自分の過ちを「引き受け」「悔悟」しているように見えないのです。敢えて悪業を行い、それこそが救済であると信じている点が、恐ろしいです。
救済のためなら、敢えて地獄に一旦落ちようとも構わない…という意表をつく大胆で屈強な意志の持ち主でした。

※Gは交通事故を起した後は、支配的な振る舞いをやめ、隠遁生活に近くなっていきます。
信者にも会おうともしなくなっていくのです。。。

共に己の思想に絶対の自信を持ち合わせていたものが、その末路で「敗北」を味わいます。
しかし、両者ともさほど潔くはありません。

うるおぼえですが、グルジェフは晩年、自分の思想を真に理解する弟子に恵まれなかった…と零しています。
同じような失望感を麻原も言明しています。強制捜査時直前のラジオ説法で彼は、今後高弟たちも教団を離れていくだろうと…意味深の予言を言っていました。
 

Re: 『いざなわれている世界』

 投稿者:大田俊寛  投稿日:2012年 2月 9日(木)19時51分11秒
  高橋英利様

いつもお世話になっております。
先日は、こちらからの私信にお答えいただき、誠にありがとうございました。
実はあれから、やや心労も重なったのか、ひどく風邪を引いてしまい、体調悪化の状態が続いていました。まだ完治とまでは行きませんが、ほぼ良くなりました。
またしてもご返答が遅れ、申し訳ありません。今後も、ゆっくりとしたペースで意見交換が続けられればと思っております。

■グルジェフについて
グルジェフについては、私はまだまだ知識が足りませんので、多々誤解しているところがあるのかもしれません。以下のホームページで、グルジェフの思想についての概説が行われています。上は鈴木秀子氏のもの、下は、高橋さんの仰るスタンフォード大学系統のもの、ということになるのでしょうか。

国際コミュニオン学会
http://www.enneagram.gr.jp/

エニアグラムアソシエイツ
http://enneagramassociates.com/

これらのホームページを読む限り、グルジェフのエニアグラムは、「本当の自分」を発見するために存在すると説明されています。国際コミュニオン学会では、「エニアグラムとは」の「エニアグラムの目的」という節に、「そしてまず本当の自分、つまり本質を探し出し、それを前提にあなたにまとわり付いているこだわりやためらい、恐怖、過信 などを自覚し、あなたの”本当の可能性”を伸ばすためのバランスを回復させるのだ」という記述があります。そしてエニアグラムアソシエイツでは、「エニアグラムとは」の項目に、「エニアグラム図のなかには、わたしたちが真の自己を理解し、本来の自分自身へと至る道が示されています」と記されています。

私は現時点において、グルジェフ思想の体系とは、自分自身の否定的側面(「囚われ」と呼ばれているようです)を直視することによって精神的に成長し、「本当の自分」に目覚めることを目的としているのではないか、と考えています。私が先に「グルジェフの真我論」と呼んだのは、このような内容を指しています。

そして私がさらに考えるのは、グルジェフのこうした「真我論」は、オウム真理教のそれと基本的に同型なのではないか、ということです。周知のようにオウムにおいては、「カルマ」という過去の囚われから脱し、真我に覚醒することが目指されていました。別の言い方では、「観念」を崩して解脱することが目指された、ということになるでしょうか。

やや筋違いな批判に思われるかもしれませんが、私が懸念するのは、グルジェフの体系とオウムの体系が基本的に同型であるとすれば、果たしてグルジェフのエニアグラムによって、麻原彰晃のパーソナリティを客観的に分析することは可能なのだろうか、ということです。私は、何か別の分析理論を探した方が良いのではないかと考えるのですが、高橋さんは、グルジェフの理論に卓越した利点を認めていらっしゃるのでしょうか。

■レヴィナスとラカンについて
内田氏がここで語っているのは、精神分析で言う「知っていると想定される主体」のことですね。こちらのブログで、その概略が説明されています。

http://d.hatena.ne.jp/ohnosakiko/20071021/1195234581

精神分析においては、治療者と患者のあいだに「転移」が起こることが重視されます。簡単に言えば、患者が治療者に対して、尊敬や思慕や敵意といった、何らかの感情を抱く必要がある、ということです。そのために治療者は、患者から、「この人は、大切な何かを知っている人だ」と思われなければならない。この人のことをもっと知りたい、という欲望を喚起しなければならない。そしてラカンは、分析家は「知の欲望」を喚起する手管に長けていなければならない──たとえそれがある種の「ペテン」であろうとも──、そして私は、自分のテキストもまたこうした手法で執筆した、ということを、何度か公言しているのです。

要するにラカンは、読者の「知の欲望」を喚起するために、わざと難しく書いた、わざと分からないように書いた、ということを公言しているのですね。ラカンも含め、さまざまな現代思想の理論家は、アラン・ソーカルという人物から「知の欺瞞」として非難されましたが、ラカンにすればそれは、「分かってやっている」ということになるのでしょう。

私自身は、こうした「ペテン的手法による知の欲望の喚起」という問題は、現代思想において初めて現れたものではなく、西洋思想史であれば、フランツ・アントン・メスメルあたりからすでに見られる問題だと考えています。さらに言えば、メスメルとは、「近代的呪術」の創始者と見なすべき人物であり、彼以前にも、呪術的な知の系譜というものが連綿として存在しているのでしょう。こうしたテーマについては、エレンベルガーの『無意識の発見』という心理学説史の書物において、詳しく記されています。

内田樹氏は、ラカンやレヴィナスの言説にこうした「知の欲望の喚起」の手法を見て取り、それを「先生はえらい」という表現に集約させています。内田氏のテキストからは学ぶべきところも多いですが、私は現時点においては、内田氏の思想はオウムのグルイズムを乗り越えることができない、のみならず、その思想を突き詰めれば、むしろグルイズムに帰着してしまうのではないか、と批判的に捉えています(『サイゾー』における島田裕巳氏との対談でも少し語りましたが、知らず知らずのうちに結局は、ヨガや合気道の「師」を礼賛するという、「オカルティズム」の一形態にはまり込んでしまうのです)。重要なのは、こうした呪術的手法に籠絡されてそこに「真理」を見るのではなく、むしろそのメカニズムを解明することなのではないかと思っています。
 

『いざなわれている世界』

 投稿者:高橋英利メール  投稿日:2012年 1月21日(土)17時30分3秒
編集済
  大田さん

また少し交流させてください。
言葉が零れ落ちてきます。

いささか唐突ですが…僕の頭の中で繰り広げられている「議論」のひとつです。


…それが言葉の世界であったとしても、現実の世界で出会った人であったとしても、その人の持つ魔性的な魅力がいかんなく発揮されたフィールドにおいては、読み手は彼を「追いかける」ことになる。

【引用はじめ】
レヴィナスとラカンはそのような「わざと分かり難く書く『大人』」である。彼らが量産する「邪悪なまでに難解なテクスト」が狙っているのは、「あなたはそのような難解なテクストを書くことによって、何が言いたいのか?」という「子供の問い」へと読者を誘導することである。そして、その問いを発したまさにその瞬間に、読者は「テクストの意味」ではなく「書き手の欲望」のありかを尋ねる「追う者」のポジションに進んで身を置く事になる。
テキストの語義を追う読みから、書き手の欲望を追う読みへのシフト。
レヴィナスとラカンが「分かりにくく書くこと」で読者にさせようとしているのは、まさにそのことなのである。
『他者と死者』~ラカンによるレヴィナス~/内田樹 p27
【引用終わり】


僕の体験してきた世界では、それは
ニーチェ、ドストエフスキー、リルケ、グルジェフ、クリシュナムルティ…の遺してきた遺産の中で行ってきた。
中でもこのラカンの態度に一番近いのがグルジェフ(彼はもっと性質が悪いだろう)で、彼の罠から逃れることができたのは、クリシュナムルティのおかげだったように想う。(非常に大雑把なことだが…)

それはロゴスの世界から始まって詩的世界、それに数々の宗教思想や神話の世界で、この「謎」に挑んできたように想う。
それはもはや「思想」としての響きより、もっと深い「真理」への扉…そう表現する他ないだろう…を自ら開けてみようと「いざなわれた」のだ。

そして、麻原という「目の前に現れた謎」に関しては、率直に述べたとおり、彼の意図を「追いかける」…はめになった。
その謎解きは、グルジェフの後に続いた難問だった。

もとより彼の事は、出会った当初から、この結末が予想されるような香が漂っていた。
それは、今までの出会ってきた人にはない、むしろ先ほどあげた文字の世界の偉人達のもつ匂いに似ており、しかし絶望的に自虐的なところ(僕はそれを見出している)は、彼らをも超えており、半端がなかった。

彼の深層で感じていたであろう絶望は「自殺」という一個人の身体の領域を超え、教団自体の自殺…そして国家の自殺を招くものだった。それも実行に移すまでの間、極めて理性的に、合理的にプランを練り上げ、他者を巻き込むエネルギーは、彼の信者に留まらず、まさに関わりのない人たちまでも巻き込むような影響力を持ち(その意味で関わりのない人は皆無となったのだ)、まさに危機一髪の「自殺未遂」で事件はようやく収束した。

そして当時、彼の特有の挑発的な説法における言説の中から、この魔性的な言語の中の「毒」を見出し、それを中和させるものは何もなかったし、誰もできはしなかった。気づいているものたちは大勢いたと想うのだが…彼らは、彼の中に落ちていった。

17年の後、その解毒作業に向かう勇敢な思想家が現れたとして、放射能を除去するのと同じく、それが極めて難儀であり、結果的に「避難」するしかない「落ち」になるか、もしくは、錯誤の末、「麻原と闘って勝った」と称す擬人が現れることが予想できる。

正直に自分の弱さを認めたうえで、その脅威に立ち向かうと、初めて「土俵」に上がることができる。
しかし、そこで気づくことがある。。。

この人物、果てしなく「孤独」であり、創世記における「神の寂しさ」に似た切なさを感じさえ、それ故、「何者よりも危うい存在」と成り果てている。

・彼が何を伝えたかったか?
・何をどのように解釈し、その末に、何を行いたかったのか…
それは彼個人の頭の中を超えて零れ落ち、いまや世界に広がっていると想う…

これを汚染と判断するのもひとつの観察であり、
また、これをウイルスの蔓延と捉えることもできるだろう…

そして解毒薬を製造するには、宿主を探し出さなければならないのであり、
それが、表面的にもチベット密教であったのならば、その密部から、その薬が出てくることを期待した。。。

しかし、どうだろう…僕は、チベット密教にはその「解毒薬」がないのだ…ということを生意気にも示したと想う。
そして、その反論すら…されなかったのだ。
 

RE:明けましておめでとうございます

 投稿者:高橋英利メール  投稿日:2012年 1月10日(火)15時18分37秒
  大田さん

どうも。コメントありがとうございます。

■リルケ
リルケは詩人というよりも、一人の哲学者のように感じます。
ただ、その表現も自分の中ではしっくりとは来ず、むしろ、ロゴスの渦からの解放者だと僕は想っています。
なので、詩の中で表現される言葉の中に、思推を見出せますし、それが芸術的な戯れに陥っているとは捉えていません。
奥深い詩の世界は、神話を読むときに感じたような気配を感じさせてくれます。

僕は好きですね…少なくともニーチェを超える驚きがありました。お勧めの詩人の一人です。

■エニアグラム
エニアグラムはグルジェフによるものと性格分析ツールによるものと2種類ございます。
この二つは、厳密には違うもので、ルーツとなるグルジェフのエニアグラムでは、性格分析ツールまでは発展させていませんが、3つの中枢(本能、感情、思考)と呼ばれる考え方は、それよりもっと単純な構成でありながら示唆に富む内容があります。

また、グルジェフィアンの人たちは、少し性格分析ツールのエニアグラムを蔑視している傾向があります。。。
(エニアグラムの可能性を狭めてしまったと捉えられています。)
ですが、性格分析ツールのエニアグラムも深く研究され発展してきているので、面白い示唆があります。
精神疾患とエニアグラムタイプの関連の研究は、なるほど…と思わせるものがあります。

エニアグラムに長けてくると、ブレードランナーのように、相手の特定の行動様式から、どんな人物であり、どんな囚われを持っているのかが見定めやすくなります。(でも、エニアグラムはあくまでメソッド、ツールとしての位置づけで僕は取り組んでいます。)

お勧めは、リソ&ハドソンの研究によるものですが、スタンフォード大学で何人かの研究者がいたと思います。
鈴木秀子さんは、日本に始めて紹介した人ではありますが、あまり本の内容的には刺激を受けませんでした。

■ユング、フロイト
僕はこれまで、特にユングやフロイトを主軸に置いて着眼してみたことがありません。
ユングのタイプ論とグルジェフのものが似ている…というのはあくまでも主観的な印象になると想います。
それとは、ぜんぜん違うものだと僕は思いますが、それを裏付けるほどの研究をしていませんので、ここはコメントできません。

>さまざまなタイプに分類される「自我意識」を脱却すれば、その奥に「本当に自分」が潜んでいるというユングやグルジェフの「真我論」

誤読だと想われます。
もしくは、還元するとそこに至るのかもしれませんが、かなり「大雑把な」捉え方だと思います。

■真我論
グルジェフの真我論。。。?ちょっと意外でした。
なので真意が解らないですが、彼の人間への捉え方で代表的なものは以下になります。

人間をひとつの馬車にたとえることができる。
車(荷車・客車)・馬・御者・主人 と

彼の自己想起という提案は、真我を見出せというものとは、かなり違うものです。
自分の中の<馬>がのどが渇いているのに、にんじんを差し出しても動きはしないんだ…というようなことを
述べています。そして主人に気づいても居ない状態でただ御者が馬を叩いて走っている状態…などを示唆したりしています。

これは上記の3つの中枢の理論の土台となり、エニアグラムへと発展していきます。
ユングの思想が「真我を見出すこと」であったのかどうかも僕は知らないので解らないです。
彼はオカルティックではありましたが、「本当の自分を見失って探している」人だったのでしょうか?

■ルー・アンドレアス・サロメ
ちょっと、ここでは出てきませんでしたが、
ニーチェが恋し、振られてしまった相手で、後に、リルケを愛し、フロイトの弟子になるルー・サロメにも着目しておきたいですね。精神的に病んだ哲学者と詩人を相手に深く心と精神に分け入りながら、フロイトに共鳴していた彼女は特異な位置に居ます。


■ゾロアスター教の二元論
僕は、影響はあると思っています。あまりメジャーでないため研究されていないだけなのではないのかと。。。
別にそこまで古代を持ち出すまでもないのですが、もし仏教やキリスト教まで言及するのであれば、まずその前に「救済思想」つまり、ミトラ、マイトレーヤについての洞察があってしかるべきだと感じるからです。

また、先生のおっしゃる「ロマン主義的で原理主義的なものだった」という研究成果を否定するものではありません。
ですが、近代という位置づけに僕は「こだわって」いないです。
むしろ、日本の宗教学が、近代宗教をターゲットにする段階で、明治以降の研究に比重がどうしても偏っているのではないかと僕は感じます。もちろん、確かに神道が国家神道に変遷したり、非常に興味深い動きをはじめますので、そちらの研究は意義深いものだと感じています。


■グノーシス主義における惑星天の扱いについて
いずれにしても、太陽系内の天体に限られている点で、少し残念なのは、…残念でならないのは、
宗教的な神の系譜や宇宙構造の中に、銀河的な視点まで、発展した形跡を見出せない点です。

で、これは意外ですし、その意味でグノーシス主義の時代の天文学が、もっと前のマヤ文明などに遥かに劣っていたと捉えることができます。

神話と言う科学の制約を一切受けない思考体系の中に、目に見えないものがふんだんに散りばめられ、人の想像の極みを表現しうる土俵において、「惑星天」という視野範囲の狭さに驚くのです。

ヨハネのアポクリフォンの宇宙観が、あそこまで広がっているのに、バランスを欠いており、僕には意外でした。
 

レンタル掲示板
/14