teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ご感想ありがとうございます

 投稿者:大田俊寛  投稿日:2010年 2月 6日(土)17時50分52秒
  近藤さん、ご感想を書いていただき、ありがとうございます。
最近では、『週刊読書人』に島薗先生が拙著の書評を書いてくださり、
驚くとともに大変嬉しく思いました。
http://www.dokushojin.co.jp/backnumber/backnumber100205.html

『グノーシス主義の思想』では、宗教とは、人間社会において
文化的連続性を維持するために要請される「虚構の人格」にまつわる
事柄である、という観点から、グノーシス主義を含む古代末期の宗教史について
の再考が行われています。
ただ、島薗先生も書評で触れられているように、可能な限り一般向けの読み物になるように
リライトしたせいもあり、いくつかの論点が十分に展開できなかった嫌いがありますので、
それは今後の課題にさせていただきたいと思います。

私は現在、(今さらながら)オウム真理教問題について勉強しており、
初めて近代の宗教について正面から向き合っているのですが、
近代における「宗教」の問題は、非常に難しいですね。

近代以前の時代において、宗教(キリスト教)が担っていた主要な機能の
大半が国家によって奪われ(「世俗化」と呼ばれる事態です)、
近代において政治的、あるいは法的に「宗教」と呼ばれるものには、
その残り滓のような意味や役割しか与えられていないのですから。

概念が絡まった糸玉のようにきわめて入り組んでおり、
それを少しずつ解きほぐしながら分析を進めていくのに、
大変苦労しそうです。

http://gnosticthinking.nobody.jp/

 
 

ご著書 雑感… にて失礼

 投稿者:コンドウメール  投稿日:2010年 2月 6日(土)16時29分36秒
  ご著書 斜め読みしただけで恐縮なのですが とってもいいですねぇ、いや社交辞令ではなく (笑)

《宗教》にこだわっていただけているところが すごく価値があることだ、と
東大系の宗教哲学が必要だ、と あちこちで力説してきましたが
なんか ひとつのコタエになっているなぁ、と 思いました

《宗教》は本当に ナゾです
太田さんのようなアプローチが ずっとつながっていけば ホントに意義深いです
僕らの《コトバ》の最果てにまで突っ込んでいく領域でしょうから
さぞかしツラいだろうとは 思うのですが
佐々木さんというトモガラもいらっしゃることですし、どうか気張って
このラインを仕上げていっていただけたいなぁ、と思いました

伊達さんが訳した『民主主義と宗教』と並び、現代宗教学の教科書として
僕は 胸をはって 皆さんに紹介できるなぁ、と嬉しく思っております

また拙ブログでも エントリをあげていきますね
 

またお会いできる機会があれば

 投稿者:大田俊寛  投稿日:2010年 1月16日(土)23時03分42秒
  小林さん、やはりそうでしたか。
こちらの記憶違いではなくて、安心しました。
小林さんとお会いしたのは、修士課程に在籍している時期で、
私にとってもっとも大変で辛い期間だったのですが、
小林さんやH池さんとの勉強会(?)は、数少ない楽しい記憶として
今でも残っています。
(もうお忘れかもしれませんが、小林さんからうかがった
「栗拾いの思い出」の話が、なぜだか印象に残りました。)
また広Iさんと三人でお会いできる機会でもあれば、とても嬉しいです。

「鏡像の反逆」というコピーは、編集担当の方と相談して決めたのですが、
グノーシス主義の精神をもっとも簡潔に表したものだと思います。
私もその「反逆」精神に少し感染したのかもしれません。

それでは、どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

http://gnosticthinking.nobody.jp/

 

新年早々、この本に会えてよかった

 投稿者:小林 篤  投稿日:2010年 1月16日(土)08時39分46秒
  まったくそのとおりでございます。w
ちっとも耄碌していませんよ。覚えていただけていて、うれしいです。

ここ数日なかなか本を読むまとまった時間がとれないのですが、それでも半分くらいは読み進めているところです。私が言うまでもなく、大変な労作です。ぜひ、いろんな人に読んでもらいたい。さっそくすすめに行きます。

いまふと見てみたら、帯の、ご尊名の下の「鏡像の反逆」も、すごくなんというか、きいていますよね。ご本人がどう思われているかは知りたいところですが。

またこのサイトにも、何度か立ち寄らせていただきます!
 

ご購入ありがとうございます

 投稿者:大田俊寛  投稿日:2010年 1月12日(火)20時04分38秒
  小林さん、拙著をご購入いただいたとのことで、誠にありがとうございます!
・・・しかし、大変申し訳ありません、最近少しモウロクしてきたのか、
小林さんのことがはっきりと同定できません。
H池さんのご友人で、神学部で研究をされていた方ではないかと思うのですが、
違いますでしょうか・・・?

私にとって『グノーシス主義の思想』は処女作となるのですが、
本というのは著者の手を離れて色々なところに勝手に流通していきますので、
その点はとても面白く、また嬉しく感じております。

http://gnosticthinking.nobody.jp/

 

おめでとうございます。

 投稿者:小林 篤  投稿日:2010年 1月12日(火)19時33分19秒
  本日、書店にて懐かしいご尊名の入った『グノーシス主義の思想』を広島のとある書店でお見かけし、さっそく買い求めました。
まだ読んでいませんが、これから読ませていただこうと思っております。
ひとごとながらこの本の出版を大変うれしく思いました。

もう13年くらいもたつのでしょうか。とある寮のとある部屋(共用の部屋かなにかでしたでしょうか)、教えていただいたこと、昨日のことのように思い出されました。

またいつかお会いしたいものです。
さっそく読んでいくのが楽しみです!
 

ありがとうございます

 投稿者:大田俊寛  投稿日:2009年12月 6日(日)21時28分34秒
  川島先生

わざわざ書き込みいただき、ありがとうございます。
以前にこちらの掲示板で川島先生からご質問を受け、
ほとんどまともに応答できなかったことが少し心に残っていましたので、
今回の本を送らせていただきました。
……いえ、本の中に答えが書いてあります、ということでもないのですが。

何かと未熟な作品ですが、ぜひご笑覧いただければ嬉しく思います。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

http://gnosticthinking.nobody.jp/

 

おめでとうございます!

 投稿者:川島堅二  投稿日:2009年12月 6日(日)10時50分7秒
御高著『グノーシス主義の思想』をお送りいただき、ありがとうございます。とても美しい書に仕上がっていますね。グノーシス主義には毎年講義等で触れながら、今ひとつ自信がない領域です。早速読んで勉強させていただきます。  

口コミをよろしくお願いします

 投稿者:大田俊寛  投稿日:2009年11月26日(木)22時23分31秒
編集済
  江川さん、書き込みをありがとうございます。

もしかして、近藤さんのブログからお知りになったのでしょうか。
まだまだ認知度が低い『グノーシス主義の思想』ですので、
お知り合いの方々に口コミで広めていただけると、大変助かります。
また、読んでいただけた際には、感想をお知らせいただけると
励まされますので、どうぞよろしくお願いいたします。

http://gnosticthinking.nobody.jp/

 

(無題)

 投稿者:エガワ  投稿日:2009年11月26日(木)20時58分21秒
  こんばんは。
御著書の出版を言祝ぎたいと思います。
未読ですが、購入し読みます。
いずれお会いしましょう!
 

レンタル掲示板
/14