teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ありがとうございます

 投稿者:大田俊寛  投稿日:2009年11月23日(月)22時39分44秒
  近藤さん、はら君

書き込みをありがとうございます。
私の最初の本となる『グノーシス主義の思想』、ほとんど誰にも気づかれることなく、
先週の金曜日にひっそりと公刊されました!

テーマがそれほどメジャーなものではなく、著者もまったくの無名ですが、
苦しい出版状況のなか、公刊を実現していただいた春秋社に迷惑をかけない程度には、
売り上げが伸びてほしいと願っています。

ぜひ応援していただければ幸いです。

http://gnosticthinking.nobody.jp/

 
 

ついに!

 投稿者:はら  投稿日:2009年11月23日(月)20時02分5秒
  出版おめでとうございます。
今少し忙しくて時間があまりないのですが、合間をみて少しずつ読んでいます。
身内びいき的な見方を差し引いても、けっこう惹きこまれる内容だと思いますよ。先を読むのが楽しみです。
 

(無題)

 投稿者:コンドウ  投稿日:2009年11月23日(月)18時00分56秒
  どうも 大田さん

ご著作の出版 まことにおめでとうございます
まさに めでたいです

拙ブログでも紹介させていただいたうえで
(26日午前にアップの設定)
ぜひぜひ読ませていただきますね
 

勇子サマ萌え

 投稿者:大田俊寛  投稿日:2009年10月 6日(火)20時59分32秒
  電脳コイル、ご覧になりましたか。
お楽しみいただけたということで、良かったです。

電脳コイルの登場人物のなかでは、私は勇子サマが一番のお気に入りでした。
ああいう、自分の意志を秘めながら寡黙に行動する人物に、
強く惹かれてしまうところがあるのですよね。
私があのクラスにいれば、さしずめナメッチに似たポジションで、
勇子サマの忠実な下僕になっていた可能性が高いです。
・・・どうでもいいですか。そんなことは。

近藤さんの感想も楽しみにしております。

http://gnosticthinking.nobody.jp/

 

電脳コイル

 投稿者:コンドウ  投稿日:2009年10月 6日(火)13時25分40秒
  どうも 大田さん
おすすめの 「電脳コイル」 観ました。 おもしろかったです
で、 感想文を書いて 拙ブログにアップしました
10月15日 公開の設定です
こちらの頁にもリンクをはらせていただきました
よろしかったら、 後日 ぜひご覧ください

大田さんの紹介がなかったら、 観てない作品でした
なんでもまた 紹介してくださいね。 お願いします
 

お久しぶりです!

 投稿者:大田俊寛  投稿日:2009年 9月 8日(火)23時03分29秒
  これは江川さん、お久しぶりです。
書き込みありがとうございます。
あまり活躍はでき(以下略)

訳書の公刊を、しばらく前に知りました。
江川さんこそ、元気でご活躍のようで、何よりです。

今はあまり東京にはいらっしゃっていないのでしょうか。
もし上京の機会がありましたら、お声をかけていただけると幸いです。

http://gnosticthinking.nobody.jp/

 

こんばんは

 投稿者:エガワ  投稿日:2009年 9月 8日(火)21時58分9秒
  宗教学のエガワです。すっかりご無沙汰してしまいすいません。元気でご活躍なさっているようで嬉しく思います。お目にかかれる日を楽しみにしています。  

元気です

 投稿者:大田俊寛  投稿日:2009年 8月29日(土)15時30分30秒
  ご返答ありがとうございます。
あまり活躍はできておりませんが、すこぶる元気でやっております。

Dogさんがどなたであるか、大体分かりました。
Dogさんが元気そうであることが分かって、こちらも嬉しく思います。
お時間があれば、このページの下の方からメールが送れますので、
(「管理者へメール」のボタン)
メールなどいただけると幸いです。

http://gnosticthinking.nobody.jp/

 

ひと安心

 投稿者:Dog  投稿日:2009年 8月28日(金)16時21分1秒
  よかった!
ということは、病気を克服されたということですね。
ネット上で名前を出したくありませんのであえてふせますが、私は高校時代よく大田くん(大田先生と呼んだほうがよろしいでしょうか?)と一緒に自転車で帰ったり、あの「電脳研究会」に一緒に入って遊んだと言えばお分かりになるかもしれません。
これまでちょくちょく大田くんのからだのことを心配しておりましたが連絡の取りようがなく、時間だけが過ぎ去ってしまいました。
ところが昨日偶然このサイトを見つけて、もしやと思って投稿したという次第です。
私には難しい話は分かりませんが、大田くんが御活躍されているとみえて、大変うれしく思います。高校時代から異彩を放っていましたから当然と言えば当然かもしれませんが。
いつかまた会えるといいですね。
 

当たりです

 投稿者:大田俊寛  投稿日:2009年 8月28日(金)07時55分36秒
編集済
  >Dogさま
はい、当たりです。
なぜだかファミコンは買ってもらえなかったので、MSXをやり続けていました。
(あの時点で、マイナー路線の人生が決まった気がします。)
小中学生の時の知り合いの方でしょうか?

http://gnosticthinking.nobody.jp/

 

レンタル掲示板
/14