teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ▼△▼△▼△▼△当事者専用スレッド▼△▼△▼△▼△(1)
  2. ■□■□■□■□ 緘黙の体験 ■□■□■□■□(112)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:38/1008 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

治すまでの体験談

 投稿者:めぐみ  投稿日:2016年12月 1日(木)14時29分28秒
  通報 返信・引用
  こんにちは。かなりの長文で本当にすみません。

長年あった強い人見知りは、一体なんだったんだろう?とネットで調べて、場面緘黙症を知りました
なので、自己診断になりますが、参考になればと思い投稿しました
長いので、2つにわけますね


 学校など、友達を意識する場がダメで、自分から声をかけれない状態とは、20年ほどお付き合いしました

治そう!と頑張ったのは、23歳のとき
職場で、疎外感を感じ、とても辛かったのがきっかけです
話そうとしても、話さなくてもどのみち辛い状況なら、もう、話そうって決心しました

毎日、毎日、昼休みに自分から話しかけました。

変な人だと思われるとか、そういう考えは、捨てよう!
相手に、どう思われてもいい!
とにかくはなそう!

と、特攻隊のような気持ちで毎日、毎日、突っ込んでいきました

私は、ずっと人との間に分厚い壁を感じて生きていました
壁があって、声がかけれない
壁を自分から壊すのは、ものすごい勇気がいるし、ものすごく辛かったです

精神的に、毎日、毎日、極度の緊張(?)状態で、寝ている時以外、気が休まることはなかったです
どこまでも自分との戦いでした

家では、毎日気持ちをきいてもらい、成功体験談を語ってくれた人に励まされたり、
緘黙ではありませんが、自分をかえた人を思い出したり(変え続ければ、それが定着し、周囲の反応もいいほうに変わっていったのをみたことがあるおかげで、続ければできるという参考になった)
明日、話す共通の話題をいくつか考えていきました
職場で、考えてきた話題が切れると、相手の持ち物をほめたりなど、目に見える情報から話題を探しました

自分を、叱咤激励。
ダメなところは反省し、いいところは褒めて自分を励ます

毎日続けてくと、相手の表情が変わっていき、だんだん、話しかけかたが、わかってきました

結局、そのこらの輪には入れませんでしたが、自信がつきました
おかげで、そのあと、新しく入ってきた子と友達になれました
地獄のような、緊張状態もなくなってました

失敗は、大事な経験になりました
だから、失敗(経験)はしてもいいと思ってます

自信がつき、状況がよくなったおかげで、心で自分を自虐し続けたために、聞こえてくるようになった心の声も自然と消えました。声とは、10年付き合いました。大変でした。
 自分が嫌いで、自信がなくて、自分を自分で追い詰めてたことに気づかずいじめ続け、いつの間にか心が悲鳴をあげてたんだと思います

 自分をいじめず、自分が自分の辛さをわかってあげるのは、すごく大事だと思いました
余裕が出たら、自分を褒めれるようになりました
これも、とても大事だと思います

今では、気楽に声をかけたり、世間話をしています

また、人と接する量が少なく、ずれたところはありますが
それで、いやなことがあっても、勉強
そこは、スタートしたばかりで、まだ、0歳
赤ちゃんなんだから、しょうがないと、自分のペースでと当時、考えてました

あれから10年以上たちますが、人の表情を見ることをしり、
私の場合の後遺症『まわりが見えてない』もまだまだですが、少しは良くなったそうです

 
 
》記事一覧表示

新着順:38/1008 《前のページ | 次のページ》
/1008