投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


こんにちは!

 投稿者:はりぃ。  投稿日:2019年 3月20日(水)14時57分54秒
返信・引用
  今日の東京は本格的に春を感じます。
虫もたくさん飛びはじめてウズウズ。
昨日も採集しましたけどね^ ^

>十郎さん
ありがとうございます!それでは、すね毛さん減らさないよう管理しておきます。
今、初令~2.3齢が50匹以上いるので、飼育も割としっかりできているので6月頃に?送る感じがいいですかね!
ケンランは高価なので申し訳ないですが、リベンジさせてくださいm(_ _)m
おそらく6月には上手くいけばEmpusaも送れるかもしれないのでまたお声かけします!
遠征先での大成功願っております。

今回、マオウとケンランだけなのですか。
マオウはやろうと思っていて結局購入してないなぁ。
どうしようか。
>ツチイナゴ
こやつらはたしかにちょっと危険な香りがします。
指を噛んでこようとしてましたからね。
蹴りも強いしほんとに強いカマキリにしか与えられませぬ。

>縞げんさん
すね毛さん、可愛いですよ~!ころっとまん丸で小さいところがほんとにツボ。オスも綺麗ですしね。
そして、幼女戦記!!
たしかにタイトルと内容は、、。
すごく面白いのですが、おっさんたくさーん笑
ケンランもやはり難しそうですね。
早くスキルアップしたい。
 

さて

 投稿者:十郎  投稿日:2019年 3月16日(土)15時44分31秒
返信・引用
  >縞げんさん
>雄終齢1頭のみという
むむむ、これは残念。

しかし飼育累代してるカマキリはメス余り・オス不足になりがちですので、ブリーディングローンの需要は大ありでありますよ。
とかく、このオスだけでも成虫を目指しませう。

>湿度維持のためのトイレットぺーパー
お住まいの環境で、飼育法などガラリと変わってきますので一概に言えませぬが、自分のケンラン飼育は湿度維持に熱心でないです。
たまに敷いてるティッシュを湿らせはしますが、基本、乾いてますね。
推奨するわけじゃあ、ありませんが。

>初齢はとにかく捕食が下手なので、餌は冷凍してからがオススメです。
おおう、情報ありがとうございます。
昔の「インセクタリウム」の飼育記事だかで、1齢が小赤が捕まえられなくって、餌に苦労されてましたっけ。

>屋外で管理するとヤゴが発生
あ~、なんだか良い所にお住いのようで(笑)。
うちのマンションの周りはババタレ猫やカラスが跳梁しており、ベランダ飼育は無理になっております。

>等脚に対する理解
これはちょっと興味あります。


写真はマレーシア産オオタイコウチ。
だいぶ減ったので本腰入れて増産計画じゃ。パオーン!(※「増産」と「象さん」をかけた、あ、説明は良いですか…)
 

うーん

 投稿者:縞げん  投稿日:2019年 3月16日(土)00時40分20秒
返信・引用
  みなさんこんばんは。
ケンランが謎の拒食→突然死で終了しそうです…。普通に餌を食べるのが雄終齢1頭のみという…。
今までどおりの管理だったので原因は一切わかりません。
環境変化は湿度維持のためのトイレットぺーパーを入れ替えたぐらいですがそれが悪かったのでしょうか。


>ルホイさん
モモケンおめでとうございます。有精卵だと良いですね。
こちらでは孵化時の卵の湿度が足りずに孵化しない個体がちらほらいたので、
ある程度孵化予想日を確認して管理した方が良いかもしれません。


> attenboroughii さん
次世代が限りなく赤に近い黄色信号で申し訳ありません…。こういうことってあるものなのですかね?


>十郎さん
>タイワンタガメ
初齢はとにかく捕食が下手なので、餌は冷凍してからがオススメです。

>それだとワラジムシの親戚のミズムシの類が良さそうですね。
ミズムシはなぜか屋内だと増えにくく、屋外で管理するとヤゴが発生して増えないという
なかなか面倒な生き物なうえに肉が少ないので、
それならクマワラジとかのほうが増殖しやすさや体積を考えると良さそうだと思います。

>ちょっと舐めてました。
自分も最初は所詮はダンゴムシだろうと舐めていたのですが、恐ろしく難しかったです(笑)。
去年は等脚に対する理解がかなり深まったので、今回はなかなかうまくいってます。


>はりぃ。さん
>すね毛さん
コロコロしていてかわいいですね。タガメなんかは世界中大体同じ形ですが、カマキリはやっぱり色々な形のものがいて面白いです。

>幼女戦記
観てみましたが面白かったです。正直このタイトルからあんな渋いおっさんが大量に出てくる泥臭いものを想像できないです(笑)。

 

うーむ

 投稿者:十郎  投稿日:2019年 3月15日(金)11時11分10秒
返信・引用
  リオックのオス幼虫は時々地表に出て来てイエコやゼリーを食べてるが、メス幼虫は土中から出てこない。
脱皮が近いのか?
土中で何をやってるのかよくわからんってのが、この虫の飼育難易度を跳ね上げてるよなぁ。

アリマシーンみたいに石膏で作った人工巣穴で飼えないものか。


写真は先日ランバージャックで買ったジャワ産タイコウチ。
オスかと思ったらメスでした。
無精卵をばら撒き中。

店頭価格はタガメと同じ1980円で、レアな分、卸値はタガメより高かったという逸品(笑)。
特徴はタイワンタイコウチと同じでカマにトゲが無い点。
呼吸管が短いのは、元々でなく切れてしまってるせいだと思う。
 

プミリオケンラン入荷

 投稿者:十郎  投稿日:2019年 3月15日(金)10時26分21秒
返信・引用 編集済
  (取れるかはともかく)来年度の有給の希望日を申請する時期がやって参りました。
来年度、来年度ねぇ…。

住所不定・無職のその日暮らしが長かったせいか、自分は半年後とか考えるだけでボーゼンとしてしまう。
基本的に計画が立てられない人間なのである。

世間様は10連休とか恐ろしいことになってるゴールデンウィークを避けるのは定石としても、5月にはマレーかボルネオにでも行きたいんですよね。
さて…。


>ルホイさん
>プミリオさんはケンラン出しましたね
自分も先ほど知りました。
四国から来たメスが盛んにコーリングしてるので、成虫なら買うのも悪くないのですが、まぁ、ここは他の方に任せます。

それから、エンドレスゾーンにカマキリ入らなかったのは意外でした。
とりあえず、今回のドイツ便で入ってきたカマキリはハチクラ大宮店の魔王とプミリオのケンランですか。



写真はうちで一番育ってるケンラン幼虫。
このペースだと成虫まであと二カ月足らずってとこか。
 

ちなみに

 投稿者:ルホイ  投稿日:2019年 3月15日(金)10時00分5秒
返信・引用
  プミリオさんはケンラン出しましたね
欲しいけどさすがに昨年の衝動買いのツケが・・・

>十郎さん
>ダンボールに産んでも無精卵ってことはありますので、やはりまだまだ気は抜けませぬ。

ですね・・・なんか不安が不安を呼んでいます

>あと、卵嚢保管容器のティッシュは、幼虫が潜り込めないようにキッチリ隙間なく詰められますよう。

ありがとうございます
手抜きせず丸くカットしたキッチンペーパーで対応します

http://mantella.blog.fc2.com

 

ドイツ便

 投稿者:十郎  投稿日:2019年 3月15日(金)01時31分9秒
返信・引用
  ドイツ便でハチクラ大宮店に魔王が入ってる。
しかも、今までと違って小さい幼虫じゃなく成虫や終齢。
うーむ、流石ドイツ。

>はりぃ。さん
いやはや、この頃は本当に暖かいですね。
衣装持ちじゃない自分は、この時期は着る物に苦労します(苦笑)。

>ツチイナゴ
クビキリギスなんかもそうですが、越冬できる直翅って、冬の間、肉食ッ気に飢えてないかとか、ちょっと気になってるんですよな。
こいつら純粋に草食なのか?、と。
自分の気の回し過ぎと思いますが、なんかカマキリの容器に投入するのは不気味で怖かったりします。

>十郎さんに落ち着いたらすね毛カマキリさんとトレードしてもらおうかなぁ。
是非是非、ま~た5月にでも採ってきますね。
次回はモモケンの捜索もするケンラン祭りの予定です。

>すね毛さん
世間でも殖えてると良いのですが、この頃は見ませぬよなぁ…。



写真はミルワームを食べるケンラン。
こうやってピンセットで目をかけたカマキリに餌を手渡しするのが自分の飼育の原点さね。
色々と生活が忙しくなって、コレができなくなるようだと人生の危険信号。
 

こんばんは

 投稿者:はりぃ。  投稿日:2019年 3月12日(火)21時04分3秒
返信・引用
  今日はとても暖かかったですね!

下の子と初採集行ってきました。蝶を15匹程度
そして今日まで知らなかったのですが、ツチイナゴって越冬するのですね( ^∀^)
ツチイナゴも捕まえてきました。ハラビロさんの餌になる予定。

みなさんのケンラン順調そうですごいなぁと感心しております。
十郎さんに落ち着いたらすね毛カマキリさんとトレードしてもらおうかなぁ。
サバクカマキリもう孵化ないだろうなぁと思っていたものから1匹孵化してきました。
オスに偏っているからメスでてこないかなぁ。

画像は採集中の今年の初物と大好きなすね毛さん
ほんと可愛いよなぁ。
ヤフオクでたくさん出回ってたから、絶えることなく日本で殖えていて欲しいと願っております。
 

 投稿者:十郎  投稿日:2019年 3月12日(火)20時39分45秒
返信・引用
  だいぶ暖かくなってきましたな。


>縞げんさん
>冷凍ストックしていたエビ・ザリガニ
おっとっと、それは試したこと無かったです。
頼みにしてる行徳のVIPという熱帯魚屋さんはエビやザリガニも格安ですので、生き餌としては使うつもりでした。

>次回は初齢と2齢はワラジムシを使えないかと思案してます。
それだとワラジムシの親戚のミズムシの類が良さそうですね。

>石灰を多めに入れても脱皮時に溶けて死亡したりとかなり難しいです。
うわっ、そういう生き物でしたか。
ちょっと舐めてました。

>画像
おおう、自分も一世代は回してみたいものです。



>ルホイさん
産卵おめでとうございます。
しかし、ダンボールに産んでも無精卵ってことはありますので、やはりまだまだ気は抜けませぬ。

あと、卵嚢保管容器のティッシュは、幼虫が潜り込めないようにキッチリ隙間なく詰められますよう。
カマキリの孵化児って、どういうわけか隙間にどんどん入っていく性質がありまして、そこで出られなくなって大量に死んだりしますれば。



>attenboroughiiさん
>写真のように折り曲げて奥側を圧し潰しておくとよいと思います。
もはやケンラン飼育法は極まった…と思ったら、まだまだ改善されてますね。
恐れ入ります。



写真は採集したケンラン幼虫。
採集後にこのサイズがポロポロ死んで参った。
旅行中のケアなんて限界があるし、次回はキャメロンに寄らずにとっとと帰るのが吉か。
 

2つ目

 投稿者:ルホイ  投稿日:2019年 3月11日(月)10時44分59秒
返信・引用
  2つ目とれました♪
あとは有精卵なのかが心配なところですが…
とりあえずはサルカニ合戦のように、早く顔出せと歌いながら待つばかり

attenboroughiiさん
結局、新たにダンボールは制作せずに、上段と下段の末端を潰してみました。真ん中の目隠し部分は加工せず。
前回は中段、今回は上段に産んだことから効果はあったのかなと思ってます。

備忘録
○プラケ、蓋は自作の全面メッシュ網
○ダンボールセット後、産卵せず
◇ダンボールを濡らさず、ペットボトルの蓋に濡れたティッシュを丸めて置いた
◇平均2~3時間/日のUVBライト照射

乾燥気味の環境にしてみました。ライトは意図的ではないのですが、当ててから産卵しているので書いてみました。ヤモリ用のが当たっちゃうだけなんですが

http://mantella.blog.fc2.com

 

/385