【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


来るぞ来るぞ来るぞ

 投稿者:十郎  投稿日:2021年11月 8日(月)08時28分49秒
返信・引用 編集済
  恐れてたガス漏れ検査があっさり終了。
コンロの火をつけて数秒で終わりとは…。
検査の方が来た時の為に、何日も前から汚部屋をひっくり返して掃除してたのですがね(^皿^;)

さらにそろそろ回って来そうな火災報知機の検査になると、本陣(笑)まで乗り込まれるので
こちらも備えておかないとね。
少なくともタランチュラは隠さにゃならぬ。


>橋本直久さん
>水中越冬
自分は金魚と一緒にプラケに入れて、暖房の影響のない玄関の内側の靴置き場に置いてますね。
暖地の千葉で日の当たる屋外に置くのは、日によって寒すぎたり温かすぎたり寒暖の差が激しくなって
あんまり良くないと思います。

どうしても屋外なら、一日中日が当たらないくらいの常に寒い場所の方が良いと思います。

それから水草の類は、冬場に枯れてバラバラになって、気付かぬ間にタガメの足場が失せる可能性もありますし
流木とかしっかりした足場を多い目に入れられた方が良いです。

と、まぁここまで書いておいてなんですが(苦笑)、おすすめは上陸越冬(↓)です。

>カマドウマさん
情報ありがとうございます。
そうやって湿らせたミズゴケ漬けにして野菜室が一番楽ちんですよな。
飼育者が幼虫から新成虫までの餌やりに疲れて果てた頃に、完全に春まで休めますし(笑)。


写真は水中越冬タガメ。
餌は入れてると真冬でも食べてたりするので、寒くなるとガチッと冬眠モードに入るのではなく、ただ動きが鈍くなってるだけなのよね。
 

タガメ冬眠

 投稿者:カマドウマ  投稿日:2021年11月 7日(日)13時16分21秒
返信・引用
  自分は晩秋になったらミズゴケにいれて凍らないように野菜室にいれてました
今は飼っていませんがこれで問題なく累代飼育できてました
 

タガメ冬眠

 投稿者:橋本直久メール  投稿日:2021年11月 6日(土)16時03分37秒
返信・引用
  千葉でも夜は暖房が欲しい時期になってきました。

さて、タガメの飼育についての質問があります。

水中での冬眠の経験は、ありますか?水中での冬眠の場合、凍結防止以外に気をつけることはあるでしょうか?

飼育しているタガメは、夜や朝は水槽の底で止まり木に付着していて動きません。写真のとおり、昼間は活動しています。しかし10月から全然捕食していません。水槽には、エサの金魚が同居していて、水草(マツモとホテアオイ)が枯れないようにするため、数時間は日光が当たる場所に置いています。

そろそろ気温の低い日陰に水槽を移動し、強制的に冬眠に持って行った方が良いのでしょうか?

タガメの飼育は今年が初めてです。ご教示いただけますと嬉しいです。
 

早くワクチン二回目打ちたい

 投稿者:十郎  投稿日:2021年11月 4日(木)20時50分4秒
返信・引用 編集済
  二回目ワクチンの日がなかなか決まらずジリジリ…。
もうお金払うから、好きな日に打たせてくれないかな…。

>橋本直久さん
>雄のタガメが消えてしまいました。
>水槽内にいました。
思うに、ホテイアオイの根っこに隠れてたっぽいですねぇ。

自分もカレハカマキリの幼虫は、見失うことありますね。
飼育容器から全頭取り出したつもりで、洗おうと水をざぶりと入れると、偽植物の陰から何匹もプカプカ浮いてきたりします(笑)。

>キツネにつつまれたような
温かそうです。(←ボケ兼ツッコミ)

>オオコオイムシ
画像の様子からして、お庭で飼われてるのでしょうか。
コオイムシの仲間は冬でも暖かい日は活動してそうですから、餌の貝類を絶やせませんね。

自分は来年、物凄く久しぶりにミズカマキリを飼いたいと思ってます。

>以前に撮影したマイマイカブリの種類同定等についての質問
>撮影したカマキリの種類同定について
あら、博物館ってこんなこともしてくれるのですか。
地元の生き物について質問するのはいいですね。

千葉県でのムネアカの目撃情報とか集まってるのなら、ちょっと知りたいですね。

>マムシ
高尾でたまに車にひかれてるのを見ますね。
余談ですが、江戸川区に住んでた時に近所の河川敷の随分下流に「マムシ注意」の看板があって、こんな所にマムシがいるのかと思ってたら、大雨の時に上流の山地から流されてくるらしいです。
油断できませんねぇ。


>ruhoiさん
ヤンバルに行って、しかもヒメに遭遇とか、うらやまし~い。
自分は常々「うらやましい」という感情にはなるたけならないように心がけてるのですが、最近の自分の生活のスカスカっぷりから、人をうらやむことが非常に増えました。
人をうらやましがらせるのが好きなのに(笑)。

>出発前日にパラドクスの子が孵って呆然。
間が悪い時はこんなものですよな。
留守中でなく前日なので、最低限の手当てができて良かったとも言えますが。


写真は小さなミルワームを食べるサバク。
とうとう今日最後の一匹が死んでしまった。
あとは、残された卵嚢が孵化するのを待つ!
 

マイマイカブリ他

 投稿者:橋本直久メール  投稿日:2021年11月 4日(木)02時04分47秒
返信・引用
  千葉県立中央博物館で昆虫の研究者に2点質問。

以前に撮影したマイマイカブリの種類同定等についての質問
回答
マイマイカブリは一種のみである。
千葉県にいるマイマイカブリは、全て亜種のヒメマイマイカブリ。
個体差が激しく、赤色、緑色のマイマイカブリもいる。色がある親からは、色がある子供が生まれる。
マイマイカブリは日本にだけ生息。日本が大陸とつながっていたとき、大陸にもマイマイカブリはいたが、生存が激しく絶滅、あるいは進化してしまったと考えられる。日本だけ、残った。いわば、「マイマイカブリ」は生きた化石。
カタツムリ以外も捕食するが、カタツムリを食べないとうまく繁殖できない。
海外の研究者はマイマイカブリの標本を欲しがる。

撮影したカマキリの種類同定について
回答
日本のハラビロカマキリである。
外来種のハラビロカマキリはオオカマキリ並みの大きさである。

別件だが、マムシの飼育が終わってしまっていたことが残念であった。昨年の2月に死亡。現在は規制が厳しく新たな毒蛇の導入、飼育が困難だとのこと。

私は新川(八千代市)に娘の高等学校の理科のフィールドワークで同行したことがあったが、桜の木にいたマムシに遭遇(マムシは地面のみにいると思い込んでいたが、樹木に登る)。幾度も中央博物館で生きたマムシを見ていたので、すぐに、マムシから離れることができた。図鑑や標本のみ見ていると、マムシと他の蛇の区別は難しい。私の家内はヘビを恐れず、捕まえる。知識なしに、野外生物(人を殺傷する能力をもつ貝もいる)を触るのは大変に危険。
 

オオコオイムシ

 投稿者:橋本直久メール  投稿日:2021年10月30日(土)10時57分49秒
返信・引用
  タガメ(カメムシ目(半翅目)コオイムシ科)は10月に入り、全く餌をとりませんが、同じ仲間のコオイムシ(オオコオイムシ)は食欲旺盛です。

寒くなったきた10月30日現在でもサカマキガイをたくさん捕食しています。

来年は繁殖に挑戦します。
 

ヤンバルからこんにちは

 投稿者:ruhoi  投稿日:2021年10月30日(土)09時29分28秒
返信・引用
  ヒメに出会えました。
急遽決まった遠征。
探したけど1個体かつ成虫ではないので野に放ちました。
本日最終日。明日の昼までに空港に。
出発前日にパラドクスの子が孵って呆然。
2令イエコぶっこんできたけど…

http://mantella.blog.fc2.com/

 

タガメ

 投稿者:橋本直久メール  投稿日:2021年10月28日(木)01時20分25秒
返信・引用
  一昨日、雄のタガメが消えてしまいました。逃げられました。来年は繁殖に挑戦するつもりだったので、大変にがっかりしました。

ところが、なんと雄のタガメが水槽内にいました。一昨日の夕方、昨日の朝、水草を確認したときは、いなかったのですが(水槽から全ての水草を取り出し、確認しました)、昨日の夕方にホテアオイの根のくっついているのを確認しました。

これで来年の繁殖に挑戦できます。見つけて嬉しかったです。

私の観察が充分でなかったことが、反省点ですが、消えたり、現れたりしたことは今でもキツネにつつまれたような不思議な感じです。

 

孵化

 投稿者:十郎  投稿日:2021年10月25日(月)07時25分58秒
返信・引用
  今回は上州屋の活きアカムシを使ってみようと思ふ。  

寒い

 投稿者:十郎  投稿日:2021年10月19日(火)20時07分21秒
返信・引用
  急に寒くなって来た。
こないだまで冷房入れっぱなしだったエアコンが、またすぐに暖房入れっぱなしすることになりそう。

>橋本直久さん
うーむ、カマキリの棲んでる庭、いいですなぁ。
自分の人生の理想のひとつであります(^皿^;)

>ハラビロカマキリ
神戸に住んでた子供の頃はレアカマキリでしたが、千葉に住んでる今の自分の周囲では結構見ますね。
この頃は「樹上生」どころか「樹上を好む」…とすら、言い切れなくなってるくらいの目線の高さで見かけております。
自分が主に見かけるのは通勤時で、このままカマキリと遊んで欠勤したくなります(笑)。


写真は脱皮したケンラン。
デコのピカピカが目立って来た。
ようやくキイロショウジョウバエがいけるッス。
 

/443