<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


休暇

 投稿者:十郎  投稿日:2021年 1月11日(月)23時24分52秒
返信・引用
  休暇まで一月を切った。
従来ならそろそろモタモタと飛行機やホテルの予約を始める頃である。
今年は…今回は、ホント、どうしよう。

常日頃から「一年に二回海外に行くとして、死ぬまでにあと何回行けるか」とか考えてたけど、コロナのせいでかなり状況が変わった。
もちろん、悪い方に。
 

元旦残業

 投稿者:十郎  投稿日:2021年 1月 1日(金)23時12分29秒
返信・引用
  元旦早々に残業…っ!
一年の計をを立てる暇も無し。
今年もしんどい年になりそう。

早く金を貯めて早期退職し、カレエダカマキリ探しの旅に出たい…というか、出るよ。
もう自分には妄想をわめいてる時間が無い。

>kazさん
あけましておめでとうございます。

>贔屓を良しとされないようなので
まぁ、それもありますが、自分はプレッシャーに弱いのですよ(苦笑)。

>少なくとも他人の空似のマルムネと同じ飼い方をすると失敗すると思います。
なるほど、回答ありがとうございます。

kazさんは言葉にされずとも飼育環境の写真で語られてるところが結構ありますよね。
カマキリの飼育難易度で言えば
プリンカップに鉢底網=飼い易い
プラケにトリカルネット=やや難
観葉植物と一緒=癖アリ
みたいな。

>馬達加斯加のやつ。
覚えてます覚えてます。
おなじみのマルムネカレハより大型種に見えたので「オバケマルムネカレハ」とか言ってしまいましたっけ。

>現地の森林破壊が深刻なことと無関係ではないようです。
う~む、ちょっとした「桐一葉」ですなぁ…。

>届いたのは中脚後脚の跗節が1つも残っていないボロの個体で、ただ衰弱してゆくのを見て終わりました。苦笑
あららら、そんな顛末でしたか…。

>こういうの売るなよな…。
ムネアカが注目されてきていい機会ですので、kazさんみたいな識者の方が世界中で外来種として広がってるカマキリの概要とか、講義をしてくださるとありがたいのですが。
ようつべでカマキリ先生の向こうを張って「kazちゃんねる」とかやりません?。
「さいきょうのかまきり」でkazさんのキャラが立ちましたし(笑)。


写真はオマーン自然史博物館のハチの標本。
オマーン旅行では時期も場所も悪かったのか、ハチはほとんど見なかったのであった。
 

昔話

 投稿者:kaz  投稿日:2020年12月27日(日)20時06分26秒
返信・引用 編集済
  もう年末…もう年末…!

かまさん、
はじめまして。

>コノハカマキリ
>ナンベイマルムネカマキリ
海野さんがナンベイマルムネと名前を充てていたものとは同属別種です。ただ、私はその別種を含め、本属全体にコノハカマキリ(あるいはその仲間)と充てているつもりです。海野さんは知られた和名のない種にも、とにかく(とっつきやすいように)和名を充てるのだと仰っていました。その名前が浸透することにこだわりはなく、後で別の名前になっても構わないと言っておられたと記憶しています。何でもかんでも変更したいとは全く思いませんが、このグループは胸が広いというよりは体の側面全体が広がっている種が多いカマキリなので、ナンベイマルムネカマキリよりもコノハカマキリの方が相応しいと考えています。そのうち世界の昆虫図鑑が出版されると思いますが(私は執筆者ではない)、そこでもコノハカマキリの仲間(一種?)と書かれます。今後そういう機会が増えるような気がします。
実はコノハカマキリという和名は、私自身は名付けたつもりはなかったです。つい最近まで、昔の本では海野さんがそう呼んでおられたのだと勘違いしていました。先日確認して、あれ?となりました。

十郎さん、
>遠慮させていただきます。
了解しました。十郎さんは他の人が有料で手にしているものが、ご自分にだけ無料で提供されるような贔屓を良しとされないようなので、多分辞退されるだろうなとは思っておりました。そのあたりは考え方の違いなので全く押し付けるつもりはないです。そちらのヒシムネカレハのメスはその後すぐに産卵したようで何よりでした。近年は野外品のカマキリでも純粋には野外品ではないことが少なくなく(昔以上です)、産卵しても期待できない種は多いです。でもヒシムネカレハはそういうことは無いでしょうから、期待大ですね。

> 飼育が難しい種…なのでしょうかね。
>外見は頑健な種に見えますが。
餌食いがよく、基本的には管理し易い虫です。でもいくつか癖があり、少なくとも他人の空似のマルムネと同じ飼い方をすると失敗すると思います。

画像は馬達加斯加のやつ。さくっと殖えました。非常に簡単ですね、この種は。アジアのヒシムネやマルムネを難なく累代できる人なら、本種も簡単に感じると思います。そんな虫がなぜ今年まで流通しなかったかというと、どうも現地の森林破壊が深刻なことと無関係ではないようです。残念です。
ちなみに、十郎さんは覚えておられると思いますが、10年だか15年だか、だいぶ前にこれと同属別種の野外品が1個体だけ入荷しました。それをビッダーズで落札(だったと思いますが、直接購入だったのか?もはや記憶が曖昧です)したのは私です。大枚はたいたはずですが、届いたのは中脚後脚の跗節が1つも残っていないボロの個体で、ただ衰弱してゆくのを見て終わりました。苦笑

まだ数日ありますが、またしばらく書き込まない可能性が大なので、挨拶しておきます。今年もお世話になりました。良いお年をお迎え下さい。

追伸:オークションでAUのハラビロが出品されているのを見てげんなりするなど。こういうの売るなよな…。個人で飼う分には好きにして下さいと思いますけれど。飼育人口が増えても良いことがないと私が思っているのは、こういう人が現れるからです。本種の生態リスクが高いとは必ずしも思っていませんが(高くないという意味ではなく解らない)、いつも申し上げている通り、移入種を要する属は丸ごと流通を自粛した方が健全だと思います。
 

されどオーナメンタル

 投稿者:十郎  投稿日:2020年12月27日(日)20時03分21秒
返信・引用
  普段はコルク皮裏から出て来ない老サレムオーナメンタルが珍しく姿を見せてる。
この個体は初めてブリーディングローンして、分けていただいた個体。

すっかり色あせてきたけど、だがそれがいい。
 

ジングルベルが失くなった

 投稿者:十郎  投稿日:2020年12月27日(日)19時37分47秒
返信・引用 編集済
  クリスマスが過ぎてもケンラン卵嚢孵化せず。
サンタさんは来なかった。

クリスマスと言えば、坂田靖子の本をキンドルで買い漁ってる。
浪人時代にハマってから、買い続けてる作家さんである。
若い頃は思いもしなかったけど、年を取ったせいか、ファンレターとか書きたくなる今日この頃。
今年は好きな作家先生に年賀状でも書いてみようか。
 

むむむ

 投稿者:十郎  投稿日:2020年12月23日(水)22時11分48秒
返信・引用 編集済
  ヤフオクでモンハナシャコが出展されてるけど、落札してもとても受け取れる状況じゃないのでヤキモキしてる。
シャコって丈夫だから、酸欠や水の汚れにも十分耐えて2~3日営業所留めでも生きてると思うけど、この時期の寒さによる水温低下だけは絶望的。
とりあえずは出展者の方をブックマークして、後日に期すか…。


写真は昔撮った集合写真。
ランカマ辺りがピンボケだったり、色々ひどい写真だけど当時の熱意が感じられる。
今だと個別に白バックで撮った写真をフォトショップで合成ですかね。
 

キンドル

 投稿者:十郎  投稿日:2020年12月16日(水)23時58分34秒
返信・引用
  キンドルのアプリを導入し、徳弘正也の漫画を一気に購入。
思ったより、電子書籍って悪くない。
とにかく嵩張らないのが素晴らしい。
少なくとも、漫画はもう電子でいいかな。


>縞げんさん
>タガメモドキ
自分は無精卵産んだメスと食欲が落ちてきたオスが1匹ずついますので、そろそろ同居させてみます。

>夜の磯に一人で行くのはかなり危険なのでやめておいた方が良いと思います…。
そ、そうですな。
何より自分は泳げませんしな(^皿^;)

>タイワンタイコウチは種の保存法入りで採集禁止のようです。
>指定するからには回復させてほしいものですが。
ううむ、タイコウチの仲間がそこまで減るとは、世も末感が凄いですね。
ぶっちゃけ乱獲で減ったわけでも無さげな虫を、採集禁止にするだけで、何か好転するのでしょうかな。

>買われやすいように取り除いていたのでしょうかね。
多分、オランアスリの皆の衆はそこまで考えてないかと。
ウォンさん辺りだと怪しいですが(笑)。

>技術がないのか面倒なのか少し気になりますね。
やはり彼らは狩猟採集民ですから、養殖とか発想として無いのかもしれませんね。
畑ひとつ作らないのですもの。

>台湾のカマキリ図鑑
ギリギリ日本には地味なカマキリしか居ないのが残念ですよな。
キノカワ系とか、北限をもうひと越えして八重山諸島ぐらいまで来て欲しかったです…と書いたところで、ひょっとしたら居るかもって気がしてきました。
先日はゴキブリの新種もみつかったことですし。


写真は中国住まいの弟から送られてきた昆虫図鑑。
中国は昆虫も大国。
日本みたいに昆虫採集を楽しめる自由がどこまであるのかよくわからないけど。
写真3のカマキリはかなり魅力的だけど、場所が新疆だもんなぁ…。
 

お久しぶりです

 投稿者:縞げん  投稿日:2020年12月13日(日)22時25分10秒
返信・引用
  みなさんお久しぶりです。何だかんだバタバタしていました。
バイオリンは雄が終齢だったのですが、気温が下がってきたときに消化不良死です。無念…。
新規ではモモケンを導入しました。シミがいるとやはり楽ですね。
現在6齢後半ぐらいですが、高温にも低温にも強いので今のところ強健で飼いやすいです。
何とか次世代につなげたいところです。


>十郎さん
タガメモドキはまだ産みませんが、寿命が長いので気長に待ちたいと思います。

>モンハナシャコ
この時期は昼間潮があまり引かないのでなかなか難しいかもしれませんね。
夜の磯に一人で行くのはかなり危険なのでやめておいた方が良いと思います…。
そういえばタイワンタイコウチは種の保存法入りで採集禁止のようです。
現存しているかどうかも疑わしいレベルなので、指定するからには回復させてほしいものですが。

>オランアスリのキープしてたランカマキリ
自分が購入した時には脱皮殻は入っていなかったのですが、全個体未交尾でした…。
買われやすいように取り除いていたのでしょうかね。

>19マイルカマキリ繁殖センター
ぜひやってもらいたいところですね。
近くのバタフライファームでも繁殖はさせていないようだったので、技術がないのか面倒なのか少し気になりますね。


写真は台湾で購入したカマキリ図鑑。
台湾のキノカワなどが載っていてなかなか良かったです。
台湾すら行けない時代が来るとはこのころは思いもしなかったです。


 

さて

 投稿者:十郎  投稿日:2020年12月13日(日)18時53分36秒
返信・引用
  先日ランバージャックで買ったヒシムネが産卵。
サイズは通常の半分で随伴もせず。
しかし、表面は荒れて無く形は良型。
メスは産卵後にてきめんに弱ってるので、出がらしの卵嚢と思う。
一応、ワンチャンあるよ。
 

12月!?

 投稿者:十郎  投稿日:2020年12月10日(木)21時01分56秒
返信・引用
  そういや早くも12月ですかい。
今年はコロナのせいで、本当に何もしないできない年だったなぁ。
とりあえずの成果は飼っては殺してたサバクカマキリが、少しはキープできるようになったぐらいか。


写真はオランアスリのキープしてたランカマキリ。
この状態で屋内でぶら下げられて飼われてる。
中で羽化したと思しき抜け殻が転がってるので、持ち腹の目は無い。

しかし、ここまで飼われるのなら繁殖までやって欲しいと思うのだけど、「19マイルカマキリ繁殖センター」みたいなのは、しょせん日本人の発想であろうか。
 

/435