<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


こんにちは

 投稿者:ruhoi  投稿日:2021年 4月28日(水)16時14分33秒
返信・引用
  ゴーストは雄が早くも脱皮失敗で落ちました。
なんで床ギリギリで脱皮するんだか?
雌は脱皮毎に茶色くなっていく。
雌は次回出回るまで少しダイエットです。

CANDLEさんにメキシコ便到着のblogがありますね。

http://mantella.blog.fc2.com/

 

 投稿者:十郎  投稿日:2021年 4月28日(水)08時51分52秒
返信・引用
  ホタテのむき身に餌付いてくれた。
これはタスカル。
 

到着

 投稿者:十郎  投稿日:2021年 4月25日(日)10時08分43秒
返信・引用
  新たなモンハナシャコ到着。
う~む、なんという贅沢。
 

愛好家

 投稿者:十郎  投稿日:2021年 4月23日(金)00時50分22秒
返信・引用 編集済
  モンハナシャコが死んだので再注文。
今後もこうやってひたすらモンハナシャコの命を消費していく。
ふふん、生物の愛好家なんて、得てしてもっともその対象の生物の命を奪ってる人種なのさ。

まぁ、その分、この流れに逆らって殖やしてる人は大尊敬してるし、されてしかるべきと思うけどね。


写真はいつの間にかわいてたゴカイ(?)。
昨日はヨコエビみたいなのも確認した。
海水ってライブロック入れたら、変なのがわいて無茶苦茶面白い。
純粋な海水魚やサンゴやってる人からしたら、この手のクリーチャーは目をそむけたくなるんだろうけど、自分は大好きですわ。
 

ジャワ産タイコウチ

 投稿者:十郎  投稿日:2021年 4月18日(日)23時04分58秒
返信・引用 編集済
  二年近く前に買ったジャワ産タガメは早々に滅亡したけど、一緒に買ったタイコウチはまだ生きてる。
カマにトゲがあるし、タイワンタイコウチじゃないよね。
国産と比べてみたいから、栃木にでも国産タイコウチ採りに行きたいですな。
 

サバクカマキリ来い来い

 投稿者:十郎  投稿日:2021年 4月17日(土)00時29分30秒
返信・引用
  ヤンバルオオムカデの正式和名がリュウジンオオムカデとなったそうな。
近い将来この名前で小学館の図鑑とかに載って、ドギャーン!と少年の心を撃ち抜く未来が想像できるね(笑)。

>attenboroughiiさん
おお、買われましたか!
attenboroughiiさんが買われたのなら、もう安心ですな(笑)。

ヤフオクでも出てましたし、今年の入荷量はケンランに限ってはそんなに少なくはないようで。
とはいえ、今後の情勢が読めませんし、国内でしっかり殖やしておきたいところですね。

>チャタテムシ
自分の所でも成虫の飼育容器で回収し損ねた幼虫が気付いた時はすでに2齢になってて何を食ってたのか謎でしたが、よくみたら容器内にチャタテムシがわいてたんですよね。
床材を離れないトビムシと違って、こちらは立体活動しますから、より良い餌になると思います。
まぁ、量産の仕方がさっぱりわかりませんが(苦笑)。

>トビムシ
まぁ土ごとなら、最低一斗缶いっぱいぐらいは欲しいですよなぁ。
自分もまずはヤフオクでチマチマ買い続けるとします。


写真はインド産サバク孵化児。
エジプト便来てるのに、今回はヒヨケムシもサバクカマキリも居ないではないか~。
 

(無題)

 投稿者:attenboroughii  投稿日:2021年 4月10日(土)11時22分7秒
返信・引用
  こんにちは。
ウチも先日ケンラン買いました。
雌に偏りすぎて去年絶やしてしまったので...。
1♂、2♀です。元気な状態だったので1頭はさっそく産卵を始めています。
トビムシでなくチャタテムシを与えている人がいましたね。
トビムシは去年から維持してるやつを今から培地替えて増やしたいと思います。
オクの出品本当少量しか売ってくれないので急に欲しくなっても駄目なんですよねー...。
 

ヨシッ!

 投稿者:十郎  投稿日:2021年 4月 9日(金)10時56分10秒
返信・引用 編集済
  卵嚢確認。
あとはこれから暑くなる季節に向けて、幼虫の餌となるトビムシをどう確保・維持するかが問題。
ヤフオク等で買いまくるのが一番楽だけど、常に出品されてるとは限らないのよね。

暑さや乾燥に強いトビムシ、もしくはトビムシに変わる良い餌がみつかると、ケンランやサバクの若齢期飼育の難易度が飛躍的に下がるのだが。
前も言ったと思うけど、サバクトビムシとか居ないかな。
 

産卵中?

 投稿者:十郎  投稿日:2021年 4月 9日(金)00時44分50秒
返信・引用
  まぁ、ざっとこんなもんですわい。
しかし、下から上に向かっての産卵はちょっと珍しい気がする。

ケンランは持ち腹率がすこぶる高いので、ちと割高だった今回の入荷でも、腹をくくって買った人の多くは報われるとぞ思ふ。
 

鱗粉

 投稿者:十郎  投稿日:2021年 4月 7日(水)23時04分13秒
返信・引用 編集済
  今日買ったヒョウモンは鱗粉まみれなのがポイント高い。
即ち、オランアスリの採集人の家で長期間キープされていたと思われる。

…いや、待てよ。
よく考えたら、持ち腹率、むしろ低いか?(^_^;)
 

/431