投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


失敗

 投稿者:十郎  投稿日:2018年11月11日(日)22時55分56秒
返信・引用 編集済
  イベントで思い出したけど、だいぶ前にウォンさんとこで買ったマレーシアアースタイガーの持ち腹に成功した!…なぁんて書き込んだけど、あれ見間違いでした。
4匹中2匹脱皮したので、もう、あまり見込みないけど、まだ諦めちゃあいませんぜ。


写真は話と全然関係ないケンランの居た木。
登山者のガイドライン的にロープを結び付けられた木で、ここにケンランはチビから成虫まで複数棲んでいた。
自分ぐらいになると、このうっすら浮いた樹皮とかがそそるんですよ、ぐへへへへ(^皿^;)
 

イベント

 投稿者:十郎  投稿日:2018年11月11日(日)22時42分3秒
返信・引用
  今日はとんぶりだったようですが、自分は行けませんでした。
昔はイベントは、結構ホイホイ出かけてたのですが、最近はまるでダメだね。
出展まで考えてた時代があったなんて、今から思うとウソみたい。

それはさておき、写真はボクサーの交尾。
この状態でネットケージに入れたら、うまくつながった。
 

むむむ

 投稿者:十郎  投稿日:2018年11月10日(土)09時46分39秒
返信・引用 編集済
  先の投稿で何べんやっても「クッキングペーパー」が「クッキングペーペー」になるのに悶絶。
脳軟化人生まっしぐらであるな…。

ちなみに、普段寝不足でぼんやりしてても、街路樹の剥がれかけた樹皮を見ただけで、ケンラン採集の時のテンションが蘇ってキリッとしちゃう(笑)。
虫捕りに限らず、夢中になれる趣味を持つのは、確かにアンチエイジングに有効であるな。
 

そして終齢へ

 投稿者:十郎  投稿日:2018年11月10日(土)09時30分55秒
返信・引用 編集済
  一番小さかったケンランワイルドオス(自己採集ですぞ、ウォッホン)がようやく終齢へ。
やっぱ時間かかるね~。

ちなみに飼育は100均のプラケにリードのクッキングペーパーを蓋に噛ませて縦置きしてるだけ。
蓋に噛ませたクッキングペーパーの折り返しの中に、普段は潜んでる。

餌はサシの羽化したキンバエ。時々ピンセットでちぎったミルワーム。
さらに時々、霧を幼虫の頭部周辺に軽く吹く。
 

酒!飲まずともいられる!

 投稿者:十郎  投稿日:2018年11月10日(土)09時02分0秒
返信・引用 編集済
  健康診断で血圧の高い方が141ですとよ。
原因は…酒しかあるまい。
ということで、禁酒を実行。

少なくとも自分の場合、期待してた酒の効能としていい気分なるとか、嫌なことを忘れられるなんてことは無かったので、やめるのに何の未練も無い。
ちょっと酩酊しながらニコニコ動画のゲーム実況をぼんやり視るのは好きだったけどね。


>ルホイさん
>ビギナーズラック
それなら持ち腹で挑戦してみませう。
気になるワイルドカマキリが入荷しましたら、是非!

>傷口から血が出てきます^^;
うひ~、お大事に。
自分は血と刃物が苦手でして、話を聞くだけでへなへなになっちゃいます。

>♀の方がいいのか未だに悩んでますが…
成虫ではオスの方が虚弱ではありますが、生命力盛りの幼虫期は、どっちもそうそう死なないかと。
 

Re: モモケン

 投稿者:ルホイ  投稿日:2018年11月 7日(水)18時32分29秒
返信・引用
  >十郎さんへのお返事です。

> それほど気負われずとも…と言いたいところですが、こうやっておっかなびっくりするのも、飼育の醍醐味ですわね。

最初の個体でビギナーズラック狙ってたんですが…甘かったですね。今回こそ成虫見る!を目標に頑張ります。

> しかし、万一を思うのなら、少なくとも幼虫時代は個別飼育された方が良いですよ。

成虫になるまではケージにはいれないようにします。接着剤完全乾燥と空気入れかえのための早期立ち上げでした。
なのでブロー容器加工をしていたんですが…未だに油断すると傷口から血が出てきます^^;
最初に♂を1匹ブロー容器に移して様子見しようと思います。♀の方がいいのか未だに悩んでますが…

http://mantella.blog.fc2.com

 

モモケン

 投稿者:十郎  投稿日:2018年11月 6日(火)19時31分4秒
返信・引用
  >ルホイさん
>勇気が出ません
それほど気負われずとも…と言いたいところですが、こうやっておっかなびっくりするのも、飼育の醍醐味ですわね。

店で長期間キープされてたのですから、それなりに状態は安定してると思われますので、多分、大丈夫ですよ。
しかし、万一を思うのなら、少なくとも幼虫時代は個別飼育された方が良いですよ。
共食い(1回メス成虫がオス成虫を食べてしまった経験アリ)よりも、脱皮中に他の個体に体当たりをされたりするような事故が一番怖いですから。
 

仮設小屋

 投稿者:ルホイ  投稿日:2018年11月 5日(月)23時55分54秒
返信・引用
  はりぃさん
毎日帰って部屋に入る度にドキドキ
生存確認でホッ!の毎日です
刺激ある日々=充実した日 とは言えないですが
何とか頑張ってみます

十郎さん
attenboroughiiさんから教えて頂いた方法に切り替えたいのですが前回トラウマで勇気が出ません
今回は容器を大きくして底側面に複数穴あけ予定
先日ブロー容器蓋を加工中に指をパックリとやってしまい戦意喪失中です
プミリオさんはモモアカも同じ維持の仕方でした
ベニヤは私もかなり悩み、木目横向き、サンド粗目がけ等検討しましたが結果あまり良くなく、和紙にサンドペーパーがけをして貼ろうかと検討中です
コルクはたわんでしまうため苦渋の選択でした
噴霧は拡散しないように底土の水分補給用として設置です
接着剤が乾いたのでコルク皮イメージをブログにアップしました あと2つほど製作予定です

http://mantella.blog.fc2.com

 

標本

 投稿者:十郎  投稿日:2018年11月 5日(月)11時08分38秒
返信・引用
  涼しくなってきたので冷蔵庫に入れっぱなしの標本を取り出してみた。
うみねこ博物堂の小さいドイツ箱みたいなのに入れて、気軽に見られるようにしておきたい。


写真はツシマカブリモドキ。
甲虫と言えど、やっぱ生体と比べると輝きが鈍く感じる。
変色し易いハンミョウの仲間なんて、現物と標本は無茶苦茶違う場合もあると思うのだが、海外産のハンミョウの本来の色を知らぬまま死ぬとしたら、愛好家としては無念でありましょう。
 

エアコン

 投稿者:十郎  投稿日:2018年11月 5日(月)08時12分47秒
返信・引用
  そろそろエアコンつけっぱなしの電気代が怖い時期がやって参りました。



>縞げんさん
>ケンランは早いのが9齢になりました。翅芽の大きさから12齢まで行きそうです。
キチンと数えられてるのが素晴らしいですね。

>マルムネカレハ持腹チャレンジ
自分の言ってる「持ち腹ギャンブル」より鉄火の匂いがしなくて良いですね(笑)。

>弟さんおめでとうございます。
ありがとうございます。

>台湾
>まあ以前行ったときはスジイリコカマとハラビロぐらいしか見つからなかったのですが…。
自分はそれでも十分です。
カマキリは国産と同種・近縁種にも興味がありまして。

う~む、水昆はダメでしたか…。
丸山先生がツイッターで紹介されてたタガメ米(http://giantwaterbug.blogspot.com/p/blog-page_5692.html?m=1)の土地に行ってみたいのですが。

しかし自分はタガメよりもタイコウチ勢を捕まえたいですね。
水生昆虫の愛好家の方は、極まって来るとどんどん小さな種にも目が向いていくようですが、ぬる~い自分はエサキタイコウチぐらいが小型種の興味の限界ですかな。

>オオタガメを2日近くかけて輸送するのはかなり厳しそうです。
色々妄想はしています。
クルマエビみたいにおがくずに埋めたり、カニみたいに縛ったり、スマトラで見たようなフィルムでくるくる巻くとか(保湿は要りますが)。
容器内をごそごそ歩き回らせるより、拘束したほうが良さげな気がしてます。




>mmmさん
あらら、学名がpsychedelicusでなくなったのですか。
これは自分的にも残念至極。
学名って、自分のような素人にとってはとっつきが悪いものですから、印象に残らない単語が並んでると戒名レベルに無縁のものとなり果ててしまいます。

このクモは、mmmさんの美しいブログの画像が、ずいぶん販促になったと思います。
自分もそれで欲しくなって買った1人です。
オスが出たらそちらにブリーディングローンをお願いするつもりでしたが…。

土は…腹をくくって近いうちに入れるとします。
カブトムシの蛹観察用の奥行きの薄いプラケで飼ったら、土中生活をのぞけないか思ってるのですが、穴は糸で裏打ちされて、結局見られませぬかなぁ。




>ルホイさん
>プミリオさんのところで状態良しでした。
ドイツのブリーダーの容器をそのまま流用してたのでしょうかな。
ケンランとはキープ状況は違う感じでしたでしょうか?

>側面はベニヤ板を使おうかと思ってます。
ブログ記事を拝見しました。
工作系はわくわくして面白いですね。
しかし、ベニヤはちょっとツルツルしすぎてませんか?
カマキリが若い頃はいい場合でも、年取って足腰が衰えて体重が増すと、つかまるのにしんどい場合がありますよ。
中に樹皮とか何かしらのメイン足場を入れられる予定でしたら、要らぬお世話でありますが。

あと噴霧器は多湿好きのランカマキリとかカレハカマキリは喜びそうですが、モモケンではどうですかな。
いや、案外大成功されるかもしれませんので、迂闊なことは言えませぬが。

まぁ、人のこと言ってないで、自分は放置してるマレーシアアースタイガーのケージを、さっさと作らんと(^_^;)




>はりぃ。さん
>ケンランの卵はまだ孵化していませんが、霧吹きは毎日行っております(^○^)
いやいやいや、毎日はやらなくていいと思います。
とりあえず、最後尾のワイルド幼虫が最終段階に入りましたので、お送りした卵嚢がダメだった場合、この世代で埋め合わせをさせていただきます。

>十郎さんの余裕がある時に、幼体か成虫になってから送りますね^_^
すみませぬ。
お送りいただいた幼虫も、全滅させてしまいました。
餌はちゃんと食べてましたから、何か環境が悪いのでしょうね。
で、それが見当がつかない…。



>H72さん
特にケンランの素早さは是非紹介したいです。
網の先に小型カメラとか付けられないか考えてるのですが、撮影も採集も失敗しそう(苦笑)。

>怪しい人に見られますけど。
あ~、それはもう仕方ありません。
虫追い人の業みたいなものです。
しかし、H72さんも経験されてるでしょうけど、山でも田園地帯でも、こちらからにこやかに挨拶すれば、だいたい問題ないです。



>attenboroughiiさん
自分はツシマカブリモドキの標本は持っているのですが、やっぱ生体の生態の美しさは格別ですねぇ。
カタツムリ集めが大変すぎるので、貝成分の入った専用ゼリーでも開発されれば、興味を持って飼育する人が一気に増えそうです。
ま、そうなると放虫が絶対問題になるでしょうけど。

>カブリモドキは砂産みにさせると爆産する
貴重な情報がまたポロリ(笑)。
生体展示してる昆虫館とかには是非知られて欲しい情報ですよね。



写真はティオマン島のシンガポールブルー。
産地はシンガポールより離れたティオマン島で、外見は従来のシンガポールブルーより大きくなってしかも黒いという。
…じゃあ、別種と違うのん?(^_^;)
 

/373