投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


やはり難しい

 投稿者:縞げん  投稿日:2019年 3月27日(水)23時24分33秒
返信・引用
  みなさんこんばんは。
残りのケンランは落ちてないですが、雌は餌食いが悪いので期待薄です…。


>十郎さん
>このオスだけでも成虫を目指しませう
頑張ります。このままいけばあと2週間ぐらいで羽化しそうです。

>基本、乾いてますね
1月に乾燥が原因で何頭か落としたので、その反動で少し湿度過多だったかもしれません…。
特に新しいトイレットペーパーはよく水を吸うので、湿らせすぎが原因かもしれませんね。

>これはちょっと興味あります
需要があるようなので少しだけ。基本的なことは色々な方が本を出してたりするのでそちらを参考にしていただきたいです。
通気性や湿度など色々ありますが、特に土壌PHが重要みたいです。酸性に傾くとあっという間に死の連鎖が始まったりします。
例の美麗種はそれに加えて対石灰岩地用にミネラルがごちゃごちゃ入った鉱水を使用していたのですが、
最近だんだん落ちてきたので正解ではなかったようです…。万策尽きた感があり、難しすぎます。

>だいぶ減ったので本腰入れて増産計画じゃ
これで減ってきたのですか。安定していてすごいです。今年はエサキタイコウチを入手予定なので、
もし可能でしたらエサキ数匹と幼虫数匹を交換していただけるとありがたいです。

>先週無時に羽化した
サバク羽化おめでとうございます。今年は機会があれば挑戦してみます。

>一方で「ケムリクサ」が無茶苦茶面白い
11話が恐ろしく完成されていましたね。非常に良かったです。


>はりぃ。さん
>マオウとケンランは飼育したい人が多そうなので
マオウもそのうちやってみたいのですが、羽化条件が難しそうなので一歩が踏み出せないです。
日本の気候的にはケンランのほうが飼いやすい感はあります。一応1頭は卵→羽化までいけましたので。

>ここまで大きくなると一安心
サバクの全滅が回避できそうで何よりです。今年は自分も入手してみようと思います。
どうも普通のカマキリ然とした種類を最近飼育していないので、そろそろウスバでも探しに行ってきますかね。


>ルホイさん
>3つめ
おめでとうございます。うまく孵化すれば十分な数になりそうですね。

>今回の産卵後は床に力尽きてたのでそろそろかも知れません
自分のところは床に落ち始めて2週間ぐらいで死んでしまいました…。

>パプアキンイロクワガタがオススメですよ
自分も昔は色つきのカブクワにはまってました。が、土を飼っている感が虚しくなってやめてしまいました。
個人的にネブトはかなり好きなので見つけたらまた飼ってみます。


>attenboroughiiさん
>でもちょっとした環境の違いでエサ食いが違ってくることはありますね
原因は上に書いたようにおそらく湿らせすぎだと思います。今まで順調だっただけに悔しいですが、次に生かしたいと思います。

>生みましたら卵嚢送りますがいかがでしょうか
ありがとうございます。ぜひお願いします。次こそはしっかり増やして皆さんにばら撒けるよう頑張ります。

>ブラックキラーヒヨケムシ
想像以上にサイクルの長い種類なのですね。ヒヨケムシ類が入荷後長生きしないのは、寿命が近い成虫だから、というのもありそうですね。


>ネフィラさん
>ヒメカマキリ
詳しく教えていただきありがとうございます。未だに街灯に飛んできた雄と空の卵ぐらいしか
見つけたことがないので参考になります。

 

ヒメカマキリなどについて!

 投稿者:ネフィラ  投稿日:2019年 3月27日(水)14時57分56秒
返信・引用 編集済
    こんにちは。
ネフィラです。

また投稿へのお返事が大変遅くなってしまい、本当に申し訳御座いません。

お恥ずかしながら、アパートの引き継ぎに失敗し、あえなく引っ越す羽目になってしまい、春からバタバタしてしまいました…(T ^ T)


〉十郎さん

>クモの排泄物は、乾くと中々取れませんよね。
→本当に仰る通りです。
壁とかに付いてしまった箇所は目立たないよう薄くするのに必死になっていました…(-。-;!

>ただ、今後、飼育趣味は全分野で厳しくなると思われますので、その意味で急がれた方が良いのは確かです。→やはり、そうですよね。
私も、そう言った意味合いではそれが確かなのだろうなと思っております。

>色々調べてみたのですが…台湾は…虫の持ち出しはダメなようですね…。
→そうだったのですね!
わざわざお調べ頂いて、有り難う御座いました!!
でも、やはり厳しかったのですね…残念無念です。

>ヒメカマキリについて
>どういう所で見つけたか、教えて下さいませんか?
→画像すら撮りそびれてしまっている始末なので、大変申し訳ありません。
一応、環境的な感じは、気持ち少し斜面的になっている周辺に、人工的に樹木が植樹された感じだったと思います。
周りのキヅタやヤツデなど多少は伐採されてしまっていたようでした。
そのカマキリを見つけたのは割と大きめのクスノキ?の幹肌に着生していたキヅタの葉に止まっていました。
日当たりも割と良く半日陰になる時間はあってもかなり明るめな感じだったと思います。
こんな事しか言えず大変申し訳無いのですが、少しでも参考になれば幸いです。

>これは飼いごたえの有りそうな見事なクモですね。
→画像を拡大し過ぎましたが、画像の個体で実際の大きさは♀成体でも体長:約13mmでレッグスパン:約40mm程度です。
それでも決して小さくはなく小型より少し大きめな中型みたいな種類のようです。
国内でも普段見掛けるイエオニグモが居ると思いますが、あれの少ししっかりしたバージョンみたいな感じです?(^∇^)

>オニグモ と言えば、昔、今森光彦さんが「オニグモ が減った」と発言なされて以来、結構注目されてるクモです。
→そうだったのですね!あの有名な今森さんも!
それは初耳です!勉強になります!!
現在、コガネグモの類も宅地開発や農薬の発達などを理由に激減してしまい、話題になっていましたが、確かにオニグモ も昔と比べて見る機会が格段に減ってしまっている気がします。

>ドイツじゃ普通種なのかなぁ…。
→確かにこう言った類の種類も豊富なのかも知れませんね!
今回のオニグモ はドイツのバイエルンと言う産地て採集された個体だったそうですが、少し調べて見ました所、そのバイエルンは自然が豊富な事でも有名だったようです!

それでは、一先ず、失礼します。


追伸

この画像は先輩が前に撮影して下さっていた分の画像なのですが、参考までに添付させて頂きます。

私の見た種類と同じような感じで、ヒメカマキリっぽくも見えますが、違っていましたら、申し訳無いです。

 

前言撤回

 投稿者:十郎  投稿日:2019年 3月27日(水)14時13分22秒
返信・引用
  ランバージャックのケンラン、予約できるかメールしてみた。
今回でケンランの新しい血が手に入ったら、次の旅行はハズレを恐れずに別の場所へ行けるであろう。
探すからにはモモケンのみならず、あのケンランらしからぬ木っぽい奴もみつけたいんだよね。


写真はエジプト産サバクカマキリ。
まともな写真がロクに残ってないのに唖然・愕然・茫然たり。
理由をつらつら思い返すに、仕事がしんどくて随分落ち込んでた時期だったっけなぁ。
「恒産無くして恒心無し」とは言うけどさ、収入得る為にだって随分メンタル削られるよね。
 

ケンラン予約始まる

 投稿者:十郎  投稿日:2019年 3月27日(水)01時53分46秒
返信・引用 編集済
  ランバージャックでケンランカマキリの予約が始まりましたな。
自分は年度末繁忙のため、入荷の知らせを受けても即、店まで取りに行けるかわからんのでパス。
マレー便てことだろうから、一緒に入荷するであろう他のカマキリも気になるところ。

>attenboroughiiさん
>ブラックキラーヒヨケムシ
順調とはいえ道のりは長いですねぇ…。
写真に写ってるのは抜け殻ですかな。
オマーンのワヒバ砂漠では、吹き溜まりに甲虫の死骸の欠片がよくみつかったのですが、生息地ならヒヨケムシの抜け殻の破片とかもありそうですね。
ヒヨケムシ探しの指標になるかもしれませんので、今後は注意してみます。



>ルホイさん
>コオロギ与えたら復活してダンボール壁に戻りましたが^^;
う~ん、ちょっと心配ですね。

>結局温室を1人で作り上げました(TT)
部屋丸ごとエアコンは楽ですよ~。
電気代はかかりますが、よっぽど飼育規模を縮小しない限り、この楽ちんさは手放せません。

>8m
うへぇ、凄いですねぇ。
自分が扱えるのは2.5mが精一杯でした。
あんまり長いとふよんふよん揺れて、とてもじゃないですが狙いを定めるどころじゃなかったです。



>はりぃ。さん
>サバクカマキリ羽化おめでとうございます!
どっちかというと、小型の成虫なんですが、やっぱうれしいですねぇ。
それにしてもピタリ適温の真上に飼育容器を置いた高温飼育の方がうまくいったのは意外でした。

>マオウとケンランは飼育したい人が多そうなので
>私は手を出すのを控えているのですが
そうですね。
いろんな方に痛い目に遭ってもらいたい。(ゲス顔)

>画像
確かにここまで育つと安心です。
自分のサバク飼育は孵化児の死亡率の高さを何とかしないとイカンです。



写真はオオタイコウチ3齢。
タイコウチの仲間の飼育はホント簡単。
近縁のミズカマキリの仲間も量産ができるのか試してみたいな。
 

早々に

 投稿者:ルホイ  投稿日:2019年 3月25日(月)23時49分9秒
返信・引用
  attenboroughiiさんへのお返事です。

> 乾燥防止にキッチンペーパーで蓋していますが、ペーパーだけだと脆くてすぐ破れてしまうからですね。

早々にありがとうございます。
脆いですか・・・同じようなペーパーがあったので使おうかと思いましたが考え直してみます。通気性は抜群なんですが

>はりぃさん
>おめでとうございます!!

ありがとうございます。後は孵化してくれれば幸せなんですが

>うちの子もクワガタ好きなのですが、大きいと触るのが怖いみたいです。ギラファは触れないかも笑

ギラファは大顎ですから怖いですよね。
パプアキンイロクワガタがオススメですよ。場所いらず、手間いらず、そして綺麗♪

>下の子が大きい網を使えるようになって、今年も虫取りが日課になりそうです。

うちの子は幼稚園の時には2.7mの三本繋ぎ竹製網を振らせてました^^; 今ではバイトして8mを買うと頑張ってます。親子揃って金食い虫です(--;)

http://mantella.blog.fc2.com

 

従兄弟

 投稿者:はりぃ。  投稿日:2019年 3月25日(月)20時28分57秒
返信・引用
  こんばんは!寒暖差が激しい中、ようやく花粉症が治まってきました。

>十郎さん
サバクカマキリ羽化おめでとうございます!あとは孵化すると攻略ですね^ ^
ほんとに成長早いですよね。エサの与え方で、だいぶ成長速度も変わる印象も受けましたが。
十郎さんの報告を受けるまで忘れていたのですが
私が里子にだした5ペアもそろそろ羽化していると思うのですが連絡がないのでどうなっているかなぁ。
まぁ里子に出したのを忘れているくらいだったので失敗していても楽しめてもらえたのなら、なにも問題ないのですが^^
うちのサバクカマキリとすね毛さんも順調に育ってますので6月楽しみにしてますね。

マオウとケンランは飼育したい人が多そうなので
私は手を出すのを控えているのですが、少しずつ余裕がでてきたので気持ちが動いています。

>ルホイさん
おめでとうございます!!
順調そうでカキコミ楽しみにしてます(^∇^)
失敗談から勉強させてもらうのが好きなのですが
やはり上手くいっている報告は嬉しいですね~
私もリベンジ機会を十郎さんから頂けそうなので
頑張りますよ!!
うちの子もクワガタ好きなのですが、大きいと触るのが怖いみたいです。ギラファは触れないかも笑
今年はオオクワを既に触っているので、夏までにまた変わるかもしれないですね。下の子が大きい網を使えるようになって、今年も虫取りが日課になりそうです。

>attenboroughiiさん
ブラックキラーヒヨケムシはかなり長い休眠とかを経て脱皮したりするのですね。
私には難しそう( ̄∀ ̄)
ケンランアドバイスいつも参考にさせて頂いております。
まだ成長中なのでわかりませんが、またサバクカマキリの産卵がありましたら送りますね^^
といっても、注意すべきところがわからずまた孵化しない可能性があるのですが、、、。
とにかく繁殖頑張ります!


画像は十郎さん羽化の従兄弟
ちょっと白いのかなぁ?
ここまで大きくなると一安心。
 

Re: 月曜からクタクタ

 投稿者:attenboroughii  投稿日:2019年 3月25日(月)20時24分2秒
返信・引用
  > No.7099[元記事へ]

ルホイさんへのお返事です。
> 今更の質問です。前にも聞いたかも知れません。ケンラン画像の430cc位のプリンカップ?の蓋を二重にしているのはなぜなんでしょうか。水垂れ防止ですか。

乾燥防止にキッチンペーパーで蓋していますが、ペーパーだけだと脆くてすぐ破れてしまうからですね。
 

月曜からクタクタ

 投稿者:ルホイ  投稿日:2019年 3月25日(月)12時15分35秒
返信・引用
  > 十郎 さん

> 飼育環境があってるみたいですし、ここはジャンジャンバリバリ産んでもらいましょう。

回数を重ねる毎に卵嚢は大きくなってますが、今回の産卵後は床に力尽きてたのでそろそろかも知れません。
コオロギ与えたら復活してダンボール壁に戻りましたが^^;

> ブログを拝見しましたが、ギラファノコギリ良いですよね。
で、こんなのが数千円で買えるのですから、みんなクワカブに行っちゃいますよなぁ…。

ですね、ムシキングにハマっていた息子がトンボに移り、またギラファに興味を戻す。見てて面白いです。
ふと昔にモーレンカンプオニクワガタを1円で落札した記憶が蘇りました。今は手が出ない金額です。
結局温室を1人で作り上げました(TT)

> attenboroughii さん
今更の質問です。前にも聞いたかも知れません。ケンラン画像の430cc位のプリンカップ?の蓋を二重にしているのはなぜなんでしょうか。水垂れ防止ですか。

http://mantella.blog.fc2.com

 

(無題)

 投稿者:attenboroughii  投稿日:2019年 3月24日(日)10時32分41秒
返信・引用 編集済
  >縞げんさん

ケンランが拒食したことはないのでわからないですね...。
コンスタントにエサを与えていると食いつきが悪くなってくることがあるので
少し餌を与えるのをやめてわざと腹を空かさせることはありますが...。
でもちょっとした環境の違いでエサ食いが違ってくることはありますね。

縞げんさん由来のケンランは先月雌雄ともに羽化しまして、昨日交尾を行ったところです。
発送には丁度良い時期ですので生みましたら卵嚢送りますがいかがでしょうか。


我が家のブラックキラーヒヨケムシは晩夏からの長期休眠を経てようやく脱皮が始まりました。一番育っているものは3.5cmほどあります。
1年半でやっとこのサイズ。繁殖まではあと1,2年はかかりそうです。
 

ケムリクサ面白い

 投稿者:十郎  投稿日:2019年 3月23日(土)21時54分57秒
返信・引用
  「けものフレンズ2」に待望のアライさんが出たー!
しかし外見だけでなく言動や声までなんか違~う!(苦笑)
話の展開もなんだか色々残念過ぎる。

一方で「ケムリクサ」が無茶苦茶面白い。
「けものフレンズ2」は一期が好きだった者として看取るつもりの惰性視聴なのに比べて、こちらは本当に楽しませてもらってる。
「キン肉マン」と並ぶ日常生活の楽しみってやつですわ。


>はりぃ。さん
油断してたら今日は冷えましたね~。
そそっかしく孵化したオオカマキリが壊滅するレベル。

>6月頃に?送る感じがいいですかね!
そうですね。
ちょうどその頃に行く旅行の成果と合わせて、トレードできるやもしれませぬ。

>今回、マオウとケンランだけなのですか。
あとはトロピカル・ジェムというお店がゴーストとか入れてましたっけ。
北海道のお店なので、ちょいと射程距離外ですが。



>ルホイさん
> 昨日3つめの卵嚢を収穫。
メスが健在のようで何よりです。
飼育環境があってるみたいですし、ここはジャンジャンバリバリ産んでもらいましょう。

ブログを拝見しましたが、ギラファノコギリ良いですよね。
ゴロリとしたスマホみたいな巨大ヒラタクワガタと並んで、自分の欲しいクワガタです。
で、こんなのが数千円で買えるのですから、みんなクワカブに行っちゃいますよなぁ…。



写真ははりぃ。さんとこから来た卵嚢から孵化したサバク。
先週無時に羽化した。
サバクは成長が速いですな。
 

/389