投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


成功

 投稿者:十郎  投稿日:2019年 6月15日(土)21時58分43秒
返信・引用
  隙間をどうにか探り当て、口吻を刺して石巻貝を壁面から引きはがすことに成功。
貝が好きなら、あさりのむき身とでも飼えるかな?
 

モドキモドキ

 投稿者:十郎  投稿日:2019年 6月15日(土)21時43分55秒
返信・引用 編集済
  金魚もメダカも反応せず。
エビは買うのを忘れた(苦笑)。
さらには水草のアナカリスと石巻貝とシジミを投入。
すると、のそのそと石巻貝に向かっていき、貧相な脚で捕まえた。

おおう、まさかの貝食。
中南米のとんがり鼻のテングタガメ系も貝を好むのかもしれぬ。
でも石巻貝には力負けしてる感じなので、餌にはもっと小さいモノアラガイぐらいが妥当かも。
 

素敵図鑑

 投稿者:十郎  投稿日:2019年 6月13日(木)22時05分33秒
返信・引用 編集済
  今日近所の丸善で買った本。
学研の図鑑「超人」・みなもと太郎「風雲児たち」。
明日こそ六本脚にオオエンマハンミョウ図鑑を買いに行けると良いのだが。

「超人」は読みごたえがあって大変よろしい。
愛蔵版っぽくはあるが、寝転んでお菓子を食べながらバリバリ雑に扱って読み汚すのが正解。

「風雲児たち」は20年以上付き合いのあるマンガ。
ただ最近は(主にネット検索で)あふれる新説・俗説をさばききれず構成に苦労してる印象。
幕末特有の殺伐さとギャグの相性も悪く、非常に読みにくくなってきた。
平たく言えば、あんまり面白くないのだ。
まぁ、一生追いますけど~。
 

エサキ孵化

 投稿者:十郎  投稿日:2019年 6月13日(木)00時33分14秒
返信・引用
  オオエンマハンミョウの仲間に特化した素敵な図鑑が出てるらしい。
こんなん絶対買いですわ。
時間があれば六本脚に買いに行っちゃうよ~。

>ルホイさん
オオズハンミョウは購入直後オスがいきなり死にました~。
が、しかし、あちこちのショップで入荷してますので、巻き返してみせまする。

>ナミハンミョウ
あ、やっぱり良い虫ですよね。
機会あれば捕まえて飼育を試みてみます。
ハンミョウって甲虫なのに標本じゃ生時の色が残りにくい虫なので、標本で出回ってる海外産も侮れない気がしてます。



>縞げんさん
>追い打ちをかけて追加でペアを購入すべきか悩み中です。
まぁ、タガメモドキは海外水昆屈指の頑丈な種です。
ワンペアからでも十分繁殖を狙えると思いますよ。

ちなみに自分は大型種2ペア小型種1ペア買いました。
小型種(と言っても超コオイムシ)は初飼育ですが、なかなかカッコイイですね。

>ただ無精卵が多いのか、オアシスに産み付けたうちのほとんどが発育せずでした。
まぁまぁまぁ、こちらは絶賛増産中ですので、あてにしてくださっていいですよ。
必要ならいくらでも追加しますから、気楽に飼育を楽しまれますよう。

>ナベブタムシはこんな感じの腕でも器用に餌を捕えますがこいつは何を食べるのか見当もつかないです。
あ、ナベブタムシと言う似た雰囲気の種が居ましたね。
今の所、小さめの金魚にもピンセットからのイエコも無反応で、次は小型のエビを試してみます。

>ルホイさんもおっしゃる通りナミハンミョウは世界的に見てもかなりの美麗種だと思いますよ。
ですよねー。
自分は俄然ハンミョウの飼育意欲が高まっております。



写真はキイロショウジョウバエを捕食するエサキタイコウチ1齢。
小さい小さい。
耳かきで掬えるサイズ。
 

久々のモドキ

 投稿者:縞げん  投稿日:2019年 6月 8日(土)21時49分41秒
返信・引用
  みなさんお久しぶりです。またまた間が空いてしまいました。
タガメモドキ入荷の情報でさっそく購入してみました。
2タイプいるというのが大きいのと丸いのだと思って2ペア注文したところ、大型のモドキと
一回り小さいモドキが届きました。
小さい方はこれまで飼育したことがなかったのでこれはこれでよかったのですが、
本命の大きい方の雌雄どちらかが欠けたら終了ですね…。
追い打ちをかけて追加でペアを購入すべきか悩み中です。


>attenboroughiiさん
>ケンラン
卵ありがとうございます。遅くなりましたが無事に届いています。
あと10日ほどで孵化かなと思っているので、現在絶賛トビムシの増殖中です。

>セラトールプレデタービートル
またまたすごいのから採卵されていますね。アリといってもハリアリとオオアリなんかは全く別の生き物な感じがするので、
どのようなアリに寄生するかわからないと厳しそうですね。


>ルホイさん
>オオズ
今回は残念でしたね。腐っているような感じということは湿度関係で何か問題があったのでしょうか…。
それともハニーワームの脂肪が多すぎたりしたのですかね。
こういう産卵用土の選択がシビアだったり特定の餌に依存する虫はほんと難しいです。

>タイコウチ
十郎さんのおっしゃるように水質悪化にはかなり強いです。タガメは成虫でも油膜が張ると
一発でアウトなことがありますがタイコウチは呼吸管の毛が駄目にならない限り死なないです。


>ネフィラさん
>カメルーン産オニグモ
すごいのを飼われてますね。やはり夜行性だったりするのでしょうか。
以前水槽でナガコガネグモを飼育しようとして失敗してから造網性は飼える気がしていなかったのですごいです。


>十郎さん
>タイコウチ
ありがとうございました。無事に到着して即産卵しました。
ただ無精卵が多いのか、オアシスに産み付けたうちのほとんどが発育せずでした。
そちらのエサキも産卵したようで何よりです。

>ケンラン
産卵おめでとうございます。次こそはこちらも何とか…。

>タガメモドキ
情報ありがとうございます。時期が悪かったり雌雄がそろわなかったりで2敗中ですので今回で何とか成功したいです。

>タガメモドキモドキ
かなりの大きさをしている割にあまりにも貧弱な腕をしてますね…。
ナベブタムシはこんな感じの腕でも器用に餌を捕えますがこいつは何を食べるのか見当もつかないです。

>思えば日本の(ナミ)ハンミョウはもっと綺麗だよねぇ
ルホイさんもおっしゃる通りナミハンミョウは世界的に見てもかなりの美麗種だと思いますよ。
これとかヤマトタマムシとかアオスジアゲハあたりの大型超美麗種がいつまでも普通種であってほしいものです。

 

この時期に忙しいなんて(TT)

 投稿者:ルホイ  投稿日:2019年 6月 7日(金)21時10分47秒
返信・引用
  >十郎さん
オオズハンミョウ是非繁殖を!
我が家は♀が落ち、観賞用の♂のみです
ティッシュには産んでませんでした
砂も1ヶ所ほじってみましたが卵なし
万が一の期待でケースはそのままキープ中です

>ナミハンミョウ
私的には海外と比べても鑑賞価値トップクラスです
あれだけの多彩な色を表現してくれるのは楽しいです
ただハンミョウ全般ですが大食いが難点です
千葉産ナミハンミョウは幼虫の餌をかなり抑えて様子見してます
半分落ちましたが温度だけでなく餌でも幼虫期間を制御出来ると助かるので

http://mantella.blog.fc2.com

 

ナイジェリアも行きたい

 投稿者:十郎  投稿日:2019年 6月 7日(金)07時19分33秒
返信・引用
  近所のダイソーでヤシガラブロック発見。
150円に値上がりしてるけど、復活したんかね。

>mmmさん
>このモドキモドキ、私も以前イベントで一度だけ見ました(画像)
おおう、存じ上げてますとも。
mmmさんの書かれたその記事を読んで以来、ずっと気になってた虫なのです。
止水棲みのタガメモドキと違って、流水に棲んでるからなかなか混じらないのだろうか?とか色々想像してるのですが、やっぱ現地に行かないとダメですかな~。

ところでいきなり雑談ですが、先日大阪で催された爬虫類抜きの即売会が東京でもあるようで、ちょっと注目しております。



写真はオオズハンミョウ。
まだ砂の準備もできておらぬ。
無茶苦茶綺麗だけど、思えば日本の(ナミ)ハンミョウはもっと綺麗だよねぇ。
飼育鑑賞用の昆虫として日本の(ナミ)ハンミョウってどうなのだろう?
 

Re: タガメモドキモドキ

 投稿者:mmm  投稿日:2019年 6月 5日(水)20時52分47秒
返信・引用
  > No.7191[元記事へ]

あっ・・・これ・・・

ご無沙汰です。
このモドキモドキ、私も以前イベントで一度だけ見ました(画像)
↓こちらは当時のことを書いたうちのブログ
https://avimania.exblog.jp/17328711/

やはりタガメモドキの混じりで来たそうです。
ネットで雑に調べたところ Limnogeton という属かな~と・・・

http://avimania.exblog.jp/

 

うーむ

 投稿者:十郎  投稿日:2019年 6月 5日(水)17時48分47秒
返信・引用
  水に入れるとなかなか可愛い。
癒し系である。
前脚はミズカマキリに例えたけどもっと貧弱だねぇ。
ひょっとして水草の汁を吸うとか、草食じゃないだろうな。
 

タガメモドキモドキ

 投稿者:十郎  投稿日:2019年 6月 5日(水)17時27分11秒
返信・引用 編集済
  お昼過ぎにプミリオへゴー。
目当てはオオズハンミョウとタガメモドキ。
久しぶりに見るタガメモドキは…なんか小さい(苦笑)。
毎日大きなジャワ産タガメを見ているから、感覚がマヒしていた模様。
入荷していたタガメモドキは3種類。
お馴染みの2種類数十匹に、レアな混じりが1匹居た。
混じりは標本の世界では「テングタガメ」とか言われてる中南米産のコオイムシに似ているけど、より大型の種。
持ち腹の可能性皆無なコオイムシを1匹だけ飼ってどうするんじゃいと思うだろうけど、動くとこが見たいので買った。

お店の方は以前、エジプト産サバクカマキリを買った自分のことを覚えてくださってた。
いまだに現地にサバクカマキリのオファーは出し続けているとのこと。
ありがてぇありがてぇ。

このあと、レインフォレストへ。
必殺マレーシアアースタイガー買い占めを炸裂させた後、スマトラタイガーとブルーファングスケルトンも購入。
店長さんが「界隈のスマトラタイガーはメスしかいない」と嘆かれてるのに、先日オスをローンにも出さずに飼い殺してしまった自分はちょっと焦る。

あと新疆からカマキリの売り込みが来てるって話に食い付く(笑)。
現地から画像が来たらツイッターに上げてくださるそうで、こりゃ要チェックですわ。
砂漠系だといいね。


写真はタガメモドキモドキ。
この体形でミズカマキリみたいな細いカマの持ち主。
どうせ落下昆虫やアメンボを襲うようなせこい奴なんでしょうよ。
いいね!(いいんかい)
 

/399