投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


こんばんは!

 投稿者:はりぃ。  投稿日:2018年 6月21日(木)20時45分25秒
返信・引用 編集済
  十郎さんの書き込みの時は寒い!で、明日は暑い!になりそうですね。ほんと困った陽気だわ。
もう一年の半分も終わってしまうし、色々考えてしまいますね。


>ユニコーン
>ついつい成虫まで多頭飼育
はい。ありがとうございます。さっそく孵化後の3日目になる前に共食いを確認したので4グループに分けました。孵化後2~3日は餌与えない方がストレスにならないかなぁと思っていましたが、小型カマキリは孵化した翌日から結構食べますね。他の種でも感じましたが。
ユニコーンは昨日早朝に二個目からも孵化、そして6個目の産卵と順調でございます。とても可愛らしく飼育楽しんでいます(^_^)

それにひきかえケンランは、、、。せっかくオス送って頂いたのに、ほんと手ごたえがなく不安ばかりです。
オスは天井が定位置になっていますなぁ。メスがフセツのとれた足がでてしまい、元気ですが少し不自由そうです。オスとの同居があわなかったのかなぁ。ダンボールも加工しているんですけどね。
今までで1番苦戦というか、どうしたらよいかと悩んでおります。とりあえず、色々やると他のカマキリでも失敗しているので基本カマキリ任せで最小限の接触に留めております。なので交尾しているのかどうかもわからない(ノ_<)
失敗するイメージしか湧かず、成功している方達を尊敬します。お手上げ~*\(^o^)/*
ほんとに申し訳ないです。貴重な種で欲しい方いっぱいいるでしょうに、、、こんな下手っぴのところに来てしまったがために、、、。


>サバクカマキリ
そうなのですねー。私はほんとに現在の種を飼育するまであまり興味がなかったので無知すぎて。
アフガニスタンはたしかに難しそうですね。色々調べたらたしかにサバクカマキリの種は意外と多くびっくりしました。以前、十郎さんがおっしゃっていたサバクカマキリコレクションを完成させたらヨーロッパ勢に対抗できるかも!?
しかしほんと海外勢は手強いですね~。南米ドラゴンマンティスを販売していた所にイドロモルファもあるみたいで欲しいなぁと思っているのですが、さすがに自重しないとほんとの大うつけ者になってしまうので我慢します。
十郎さんは、いつかカマキリ界に敵なしを名乗る、大ふへん者になってくださいませ。

それにしてもヒシムネカレハすごいですね!!
一年以上前の羽化個体が産卵までいったら、私もメスは特に大切にしなくてはと肝に銘じました。
去年から雌雄揃わずで諦める事が多かったので、反省しました。老個体でもしっかり交尾できるのですね。


画像は。今年も餌の調達頑張っています。
写真は、色々な蝶しか見えませんが最近はミツバチ?の採集が今の時期はとても楽なので、エサとして重宝しております。
 

寒い

 投稿者:十郎  投稿日:2018年 6月19日(火)06時09分46秒
返信・引用
  >はりぃ。さん
いや、ホント寒いですねぇ。
6月半ばにしてあいさつ代わりに「寒い」と言い合うなんて奇妙な感じですよな。
いつもは夏日が続いて「これで本格的な夏になったら、どんだけ暑くなるんだ?」と恐れおののくのが常ですのに。

>ユニコーン
うちとこも孵化しました。
本種は小さいからと、ついつい成虫まで多頭飼育しちゃいがちなんですが、やはり少なくとも雌雄差がハッキリしてきたら分けた方が無難であります。

>インド産は貴重なのですか!
普通は中近東のサバクカマキリを色々経験して、最後に残るのがインド産と思われます。
治安の悪すぎるアフガニスタンとかは別格でしょうけど。

>うまくいったら十郎さん受け取ってくださいね笑
よ、よろしくお願いします。

>十郎さんのと同種なら運が良ければ繁殖の可能性もありますし!
いや、何となく言いそびれてましたが、うちのはマレー旅行前にとっくに死んでしまってます。
ヒーターを敷いてる箇所の避難所として、折りたたんだクッキングペーパを置いていたのですが、その中に潜り込んで出られなくなったのか、そこで熱死(?)してました。
まぁ、「死なせた」というより「「殺した」ようなもんですね。
ひどいポカです。

>日訪問している施設に居ついているカミキリ。
おおう、自分でも知ってるゴマダラカミキリですねぇ。
みかけたらついつい手に取ってキイキイ音を楽しみますよな。



写真は交尾中のヒシムネカレハ。
メスは一年前近くに羽化した老個体でオスはワイルド。
メスはこの後、無事に産卵しても孵化まで卵嚢に随伴するのは難しいかな。
 

こんにちは。

 投稿者:はりぃ。  投稿日:2018年 6月16日(土)18時54分26秒
返信・引用
  今日は涼しいというか寒いですね。ジャージ着てないと仕事も寒いです。

十郎さん。
いつもありがとうございます!明日受け取りましたらメールしますね!!
オスの扱いにも注意します^_^
さて、十郎さんのボクサーに続けと我が家のユニコーンから昨日の早朝に孵化があり16匹でてきました。
卵の大きさからするとまずまず?残り4つも無事に孵化すればかなり安泰だと思うのですが、どうなりますかね。

>サバクカマキリ
インド産は貴重なのですか!じゃあ、しっかり増やさなきゃですね。でもバイオリンで少し懲りているのでどなたか欲しい人がいればなぁと思います。
バイオリンも引く手数多で里子にだせるかなぁとか思っていたのですが、ちょこっとだけでしたからね。
私の体調不良が長く、共食い等やら消化不良やらでだいぶ減らしてしまったので今は少ないですけど、、、。
(T . T)
サバクカマキリも今回の新成虫から遊んじゃえ~みたいな感じだったのですが、ちょっと半々くらいにしてしっかり繁殖してみるので、うまくいったら十郎さん受け取ってくださいね笑
サバクカマキリ試してみよー!計画の1つはカラフルな砂でカラフルな卵を作ろう!と、サバクカマキリも砂や配置する物の色で体色が一部変化するような兆候があったので、それも一緒に観察してみます。
サバクカマキリはよじ登りは苦手ですが、瞬発力があるのでケンランオスにも負けてないかもしれませんよ!
ぷみりおさんのオマーンサバクカマキリ気になりますね!十郎さんのと同種なら運が良ければ繁殖の可能性もありますし!
うちの卵からまた湧き水の如く、ちょろちょろと孵化しており、また初令が10を超えました。楽しいですねー。
サバクカマキリは先程書き込んだように移動速度も速いですが、交尾時間も早いし、成長速度も早い。
そして食べるスピードもはやい。体の割に咀嚼力があるのがあっというまにもぐもぐ終了です。
我が家のスピードスターです。


>シリアゲ
申し訳ありません。ほんとお分けしたいくらいたくさん産まれてくると思っていたのですが、、、。
そろそろ何個か中身確認してみようかなぁ。
卵の管理が下手な可能性もあるので十郎さんに卵送りたいくらいです。
十郎さんのランカマ卵みたく、剥がさなければ上手くいくかもしれないかな?と思い、直近の3個は産んだままで様子をみています^_^孵化したら、これからは剥がさないようにしなきゃ!
飼育は容易だったのですが、繁殖はどうなのでしょう。交尾も難しくなかったので、私が下手くそなだけだと思います笑

>小枝
ほんと飼育しやすいカマキリですね。うちも順調でレイアウトしたいくらいです。

>画像
ケンラン一見オスじゃん!と思ったらうっすら赤みがあって綺麗な紫ですね!うちも繁殖できたら見れるかなぁ。
魔王枯葉は産卵まで調子よくいくといいですね。

画像は、ユニコーンと毎日訪問している施設に居ついているカミキリ。こりゃ来年もまた会えそうだ。
 

ふーむ

 投稿者:十郎  投稿日:2018年 6月16日(土)13時48分55秒
返信・引用
  プミリオにドイツ便でオマーン産デザートマンティスが入ってる。
容姿が気になるね。

しかし、なかなかドイツ人の先を行けないな。
ドイツ人を驚かせるようなカマキリを先にみつけたいよねぇ。


写真は魔王枯葉。
太ってるけどコーリングはしてない。
いいぞぉ!
 

むむむ

 投稿者:十郎  投稿日:2018年 6月16日(土)02時55分50秒
返信・引用
  ネットケージのチャックをふさぐように産卵するランカマキリ。

自分のささやかな経験で言うと、「ランカマキリの卵嚢は剥がしちゃダメ」ってのがある。
この場合、産み付けた部分ごとハサミでチョキチョキ切り取って、コバエシャッター系の湿度維持に優れたプラケに移すのが定石。
無論、断裁されたネットケージは台無しになるけど、数百円を惜しんではいけません。
 

今日は休みだ

 投稿者:十郎  投稿日:2018年 6月16日(土)02時43分17秒
返信・引用 編集済
  子供の頃からこの時期になると水生昆虫が気になって、ソワソワするのよね。
実はミズカマキリの累代はやったことないので、今年は挑戦してみたい。



>はりぃ。さん
>テコいれ
はいはい、メールしましたように、今日、オスを送らせていただきます。
新成虫のオスはメスの倍は素早く、しかも飛びますので取り扱い注意です。
自分の知る限り、カマキリ界最速であります。

>獲物を捕らえる気がないのでしょうか。
産卵が近いのかもしれません。
ケンランって無理に食わせること無いですよ。

>マオウカレハは少しずつ値段が落ち着いてきているのでしょうか。
たまたまでしょう(笑)。

ちょっと言わせていただければ、アフリカの本家魔王様が偉大過ぎて、こちらの魔王は多少とんがったカレハカマキリの域を出てないってのが正直な感想です。
普通に人気種にはなるでしょうけど、自分にとってのアジアのカマキリ界の最高峰は依然、ドラゴン勢ですね。

>サバクカマキリ
>もちろん必要でしたら幼体、成虫も送れるように維持しておきます!
よろしくお願いします。
インドって虫の輸出はご法度のハズなのですから、本種は一期一会の可能性があります。
なるたけ、このチャンスを逃したくないのですよ。

>シリアゲは4ペアとれて、卵も12個もあるのにまったく孵化しません。
んがんぐ。
あのカッコいい方の尻上げですよな。
出来ればトレードしていただきたいと思ってたのですが、尻上げの癖に(苦笑)繁殖が難しかったりするのかしらん。

>小枝
マレーシアのコエダよりゴツいですよな。
お譲りいただいた幼虫たちは、順調に成長してます。
飼育向きの良いカマキリです。




写真は羽化したケンランメス。
ワイルド終齢から無事に羽化した。
羽化直後の紫がかった色合いを楽しめるのは飼育者ならでは。
 

ボクサーおめでとうございます!

 投稿者:はりぃ。  投稿日:2018年 6月14日(木)12時39分44秒
返信・引用 編集済
  こんにちは。梅雨時期のじめじめがない日は貴重ですね~。

十郎さん
>自分とこやkazさんとこでも産卵しましたし
見事に飼育技術の差があらわれましたね(T . T)
そうですね~。とても元気なうちにテコいれしてみましょうかね。足場のこだわりはやめてダンボールのみに変えてみましょう。今日か明日少し飼育に時間とれそうですし!!それにしてもうちのケンランはまったく捕食してくれません。獲物を捕らえる気がないのでしょうか。美味しい餌にありつけてぱっとカマで持ってもしばらくするとぽいっ!したり。ピンセットで与えてるとあっという間に完食。難しい子です笑

>ワインセラー
意外と扱いが難しいのですね。
ショウジョウバエは本格的な夏になれば冷房の部屋や涼しい場所で繁殖させるのですが、朝餌に使ったまま暑い部屋に放置でアウトでした。今年も変な陽気ですよね。

>旅行
なかなか上手くいかないものですね。一人旅でサクッとの時は是非色々教えてください^_^
それにしてもマオウカレハは少しずつ値段が落ち着いてきているのでしょうか。なんにせよまだまだ珍しい主みたいですし、海外の方を含め繁殖頑張って頂けたらいつか見れる日がくるかもしれませんね!

>サバクカマキリ
あえて湿度を高くしていないのでわかりませんが、うちでも60%以上の日があると思うのですが湿度による不調は感じないですね。脱皮も含め。でもまだまだ検証不足ですのでこれ以上は言えませぬ。
強いて言えば半分の個体はパネルヒーターで飼育しているので、乾燥気味にはなっていると思います。
ですが、もう半分は無加温、湿度無調整で飼育し成長もしております。今朝また新たに4匹孵化。オス1メス2が羽化しているので、上手くいけば来月には産卵までいきそうです。
ですので、卵も送れると思いますよー!もちろん必要でしたら幼体、成虫も送れるように維持しておきます!

今朝6時頃からユニコーン5個目の産卵がはじまっていました。嬉しいですねー。
こないだの書き込みで1ペアから上手くいった~と書いたのですが、シリアゲは4ペアとれて、卵も12個もあるのにまったく孵化しません。それぞれメスも交尾までの日数(成熟していない可能性排除の為)を長くしてみたり交尾後の精包も確認したりと万全だと思ったのに上手くいかないですねー。
卵の管理はkazさんにもご教授頂いたのですが、これなら大丈夫だという自信につながる結果をだせないですね。(T . T)

画像は小枝。実物みてるとたしかにチョコレート菓子の小枝に似てる。なんか枝で文字でもできたらなぁと思うも断念。表情愛嬌あって良いですね!


追記
勘違いだったら申し訳ありません。
テコ入れがオスを送ってくださるという事でしたら、十郎さんや他の飼育している方で必要な方に行き渡っていてなお余りがあるようでしたらお願いしますm(_ _)m
 

湿度対策

 投稿者:十郎  投稿日:2018年 6月14日(木)05時33分30秒
返信・引用 編集済
  最近バグったような書き込みがあるけど、なんでしょね。
粛々と消すのみだけど。


>はりぃ。さん
>恥ずかしながら、本当に必要かどうかもわからない有様です(苦笑
まぁ、表情の読みにくいカマキリの筆頭ですからなぁ。
しかし、自分とこやkazさんとこでも産卵しましたし、よろしければちょっとテコ入れを考えてみますか。

>土曜日の予想外の高温でトリニドとキイロが壊滅状態。
自分も先日レインフォレストでキイロを補充しました。

夏場はショウジョウバエの容器はワインセラーに入れてますが、ワインセラー保管にはワインセラー保管用の水加減とか少々コツが要るようで
ダニやカビが異常発生したりして、イマイチ効果は実感できてなかったりします。

>私も短期で旅行行けるならケンラン狙いにしましょうかね。
個人旅行ならいいですが、ご家族連れならちとキツイですよ。
あそこは周りは何もないですもの。

>ヤフオクでマオウカレハ
落札価格は4万ちょっとでしたっけ。
まぁ、幻扱いされてるカマキリのペアとしては安い方かと。

ちなみにウォンさんとこでは去年まではメス1匹5万円。
今年は3万円でした。

>サバクカマキリ
こちらでは梅雨入りとともに脱皮失敗が続出してビビってます。
魔王も不調ですし、やはり夏場は夏場でエアコンをフル稼働して湿度調整をせねばならないのかもしれません。




写真は昨夜孵化したボクサー。
持ち帰りカマキリの持ち腹一番槍はボクサーでした。
あとはケンラン・ユニコーン・ランカマ・メダマカレハ・ヒメカマの孵化待ち中。
マオウカレハとヒョウモンは産卵待ち。
サイコはダメ卵嚢を産んでよろよろしてるので期待薄。
 

こんにちは!

 投稿者:はりぃ。  投稿日:2018年 6月11日(月)12時40分48秒
返信・引用
  台風の被害でないといいですね。みなさん通勤、通学にお仕事気をつけてください。

十郎さん

>本当にオスが必要な様子
恥ずかしながら、本当に必要かどうかもわからない有様です(苦笑
こんな感じで譲り受けてしまってよかったのやら、、、。他のカマキリなら自信持って語れる種もでてきたのですが、まだまだですね。
うちのメスも天井でコーリングなのかな?みたいな行動を見かけたのですがわかりません。
確実なのは、とても元気なのと産卵していない事くらいですかなぁ。
ダンボールや足場に付着したものをみて一喜一憂しております(フンって事です
楽しんでいるのは間違いないです(^_^)b

>ユニコーン
いつもありがとうございます。早めに仕入れておきます。
というのも油断して、土曜日の予想外の高温でトリニドとキイロが壊滅状態。全滅じゃないのと、ウジ状態はセーフだったので、現在リカバリーに必死。

>現地情報
あーありがとうございます。やはり他のカマキリも生息してますよね。なら私も短期で旅行行けるならケンラン狙いにしましょうかね。野犬怖いので山以外はパスします笑
ヒナカマキリっぽいのとか入手してみたいなぁ。
最近、小型も好きになっています。

先日ヤフオクでマオウカレハがでていたので、ゲットしようかなぁと思いましたが、最近色々あったし断念しました。幾らまで上がるかは分かりませんが手が出ない程ではないしなにより成虫ペア売りはすごいですよね。


画像は色々あったけど無事羽化のサバクカマキリ。
ほぼ3か月ですね。孵化~羽化まで。
触覚は半分ないし、足も切れてましたが不全ながらももう自力捕食で動きまわっています。
昨日またサバクカマキリは孵化があったので、初令~成虫まで揃っております。1ペアからでも上手くいくときはいくもんですね。気を抜かず頑張ります。いい感じに減らしてキープできています。
 

ブラックアウト行きたかったなぁ

 投稿者:十郎  投稿日:2018年 6月11日(月)01時49分53秒
返信・引用
  うーむ、今年はマレー産カマキリの入荷が全然ないね。
今は飼うには一番いい時期なのだが…。


>はりぃ。さん
>それにしてもお金持ちですねー!
衣食住にお金を使ってないだけです。
貯金もボチボチですし、自分の老後はなかなか悲惨なものになると思いますよ~。

>できたらすべり止めの足場に産んで欲しい!
本当にオスが必要な様子なら仰ってくださいよ。
自家製・ワイルド共に揃えておりますれば。

>ちょこちょこ居場所がかわっています。
こちらのメスは天井でコーリングばかりしてます。
同居中のオスはな~にをやってるんだか。

>ユニコーン
あ、そうそう、
夏場はキイロショウジョウバエもトビムシも品切れになりやすいですから、今のうちに抑えといた方が良いですよ。
夏はアブラムシもなかなかみつかりませんし。

>やはり自分で勝ち取らねばなりませんな。
まぁ、自分がしょっちゅう自力自力言ってるのは、そっちの方が面白そうだからですけどね(笑)。

>ケンランを採取したところには他のカマキリはあまりいないのでしょうか?
山の中ではキノカワカマキリと有翅のヒナカマキリみたいな小型種は確認しています。

あと、ふもとの住宅地のあちこちに空き地とか広大な草むらとかあるのですが、番犬や野良犬の群れが多くて、迂闊にウロウロできないのですよな。
オオカマ・コカマ・ハラビロとかなら、きっといると思うのですが。

>画像はカマキリ?!
予備知識無しで砂漠でこんなの発見したら、どれだけ興奮したかと思う反面、知らなきゃ砂漠なんか行かないですわな~(笑)。

まぁ、世界は広ろうございます。
寒冷地に棲む雪渓カマキリとか、水中特化した真・ミズカマキリとか、自分が知らないだけでまだ見ぬ強豪カマキリが居るかもしれません。



写真は飼育・ワイルドオス比較。
左側はうちで育てた個体で右側の濡れてる方がワイルドからの羽化個体。
ワイルドの方が長翅型とまではいかないけど、羽が長くてやや大型。
地域変異…というより、栄養の差でしょうかなぁ。
やっぱシロアリ食べ放題の環境で育ったワイルドの方が、トビムシとショウジョウバエでボチボチ育てられた方より体格に勝りますわな。
 

/364