投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


暑い!!

 投稿者:はりぃ。  投稿日:2018年 6月26日(火)14時34分12秒
返信・引用
  みなさんこんにちは!関東は今週ずっと30度超えるみたいですね。暑い暑い。そんな中、次男の予防接種の後少ししてからまた虫取り(餌調達)行ってきました。
本当は安静にしてなきゃいけないのに。次男はほんと虫好きでYouTubeでカマキリ先生みてはマレーシアに行くとずっと言っていますよ(ノ_<)


>十郎さん

>腕よりも運不運の要素
いやぁ、これは明らかに私が適した環境を作ってあげられなかったのだと思います。結局メスは餌を自ら捕まえて食べる行動をみる事もないまま、衰弱してきています。m(_ _)m  産卵も難しいだろうなぁ。むしろ交尾はできたのかなぁ??と不甲斐なさでいっぱいです。
以前もう一つ試してみたいとカキコミましたが、そのもう1つが、大きめの飼育容器に腐葉土がウッドチップをひいて止まり木とダンボールを入れて、国産カブトムシやクワガタを飼育するようにやってみたらなぁと思ったのですが、、、。ケンランは私のカマキリの飼育方法から一回離して考えないと上手くいかなそうです。大事にと考えすぎて中途半端な状態になってしまった感じもしますm(_ _)m
オスだけになってしまったら一度試させていただきます。なんか今の私には手をだしてはいけないカマキリかもしれません(T . T)

>ユニコーン
おかげさまで3つ目からも孵化して、とりあえずは一安心。餌食いも良く、小型ながら丈夫な印象です。
明日あたりには脱皮もありそうな雰囲気になっています。親もまだまだ元気!!とりあえずユニコーンだけでも次の世代につなげなくては。

>ミツバチ
縞げんさんからもご意見頂きましたが、たしかに養蜂されているところがあるなら、あまり良くないですよね。日本ミツバチとかは貴重ともありますし。一応調べた情報には近くには養蜂場はなさそうですが、遠くまで集めにきていたらわからんです。
私はいい加減なので、土手のクローバー等にきているハチをミツバチと呼んでいるので、中には色々なミツバチやら違うハチもいるかもしれません。
餌としては、ハエや蝶に比べると脚も硬く、どうかな?と思ったのですが、バイオリンやサバクカマキリ等には問題なく良い餌になっています。


>縞げんさん
お久しぶりです!そしておめでとうございます!
すごい。ほんとに羨ましくそして尊敬します。
現地で捕まえただけじゃなく、繁殖成功させるなんて十郎さんくらいだと思っていましたが、、、天晴れですね~。私はだめですね。間違いなく常時80%くらいの湿度をキープできていなかったです。十郎さんの現地画像からも私も日光には多少当てた方が良いと思い、出勤前には1時間~2時間あてて、あとは日陰になるような場所で管理していました。でも、一度も捕食する事なくピンセットで掴んだ餌しか食べてくれません。ハエとかだめなんでしょうかね。一応飛べない状態のものも入れたりしたのですが、、、。ダンボールは濡れて柔らかくならないようにと思っていたのですが、それ以前の問題なのかもしれないですし、先程書き込んだ方法以外の飼育のイメージが私にはでてこないので、ケンランはだめなのかもしれません。他のカマキリはうまくいかないまでもなんらかの手ごたえや次回へ繋がるようなイメージが頭に浮かぶのですが、、、。だめですね~。
でも、縞げんさんの成功で、私もいつか採集できたらまたチャレンジしてみたい!と思うようになれました!
ありがとうございます。私もサバクカマキリ頑張るので縞げんさんもケンラン頑張ってください(^_^)b
縞げんさんの所がどれくらい多湿かわかりませんが、私の飼育部屋も梅雨~秋にかけては湿度は高めですよ。
上手くいきましたら、縞げんさんもサバクカマキリ飼育してみてください。湿度高くても飼育できたら教えてください!送ります(⌒▽⌒)


>attenboroughiiさん
あ~。私じゃなくてattenboroughiiさんがケンラン受け取っていたら新しい血を確保できたかもしれない、、、。
さすがですね。
もうケンランにしてもオオエンマにしても繁殖出来ている事がすごい。
ちょっと最近の私は本気度が足りなすぎる気がします。
疲れたから世話しないで寝ちゃうとかも増えていますし。色々な事が結果に現れているのでしょうね。


>水澄しさん
お久しぶりです。2015年羽化個体が傷むことなく元気という事はまだまだ長生きするのですね。
私は虫で長生きするものを飼育した事がないので羨ましいです。愛着わきますよね。
今回みなさんの書き込みで、凹んでられないなと元気になれそうな兆しです。

ありがとうございました。
 

(無題)

 投稿者:attenboroughii  投稿日:2018年 6月26日(火)06時20分32秒
返信・引用
  >縞げんさん

ケンラン孵化おめでとうございます。
基本産めば孵ると思いますよ。我が家のケンランで追いがけが必要になったものはいませんでした。トビムシがキープできる湿度を保って飼育出来れば孵化後3日程度で採食をはじめ、10日ほどで2齢に進むと思います。

>水澄ましさん

貴重な情報ありがとうございます。
加水にメリハリをつけて産卵を促す感じですか、やってみようと思います。
目の細かい赤土はべとべとしますからね、なるほど...。
荒木田土混合で飼育用土を調整しました。
幼虫飼育は用土を押し固めて崩れにくくしてみました。なるべく乾かして飼育を心がけたいと思います。
 

エンマの飼育例

 投稿者:水澄まし  投稿日:2018年 6月25日(月)09時38分50秒
返信・引用
  > No.6852[元記事へ]

みなさまお久しぶりです。
掲示板は一応チェックしております。

attenboroughiiさん

> オオエンマ成虫、交尾はたくさんするのですがあまり産卵してくれません。
> 今のところ初令幼虫は2頭とれました。ちょっと心もとない数ですね。
> 現在給餌方法、床材試行錯誤中です。

成虫に関しては30センチガラス水槽に珪砂のみ(粗目と細目をブレンドし20センチほど敷く)で飼育し、
HPにも記載した通り給餌は成虫が地表に現れているときに別容器にて行っていました。
砂の表面がカラカラに乾燥するまで水は与えず、与えるときはスコールのようにたっぷりと与えました。
産卵はその数日後に行われることが多かったです。

> 片方は珪砂、もう片方は赤土と珪砂混合で飼育中。
> そういえば水澄ましさんは2015年のオオエンマ飼育に赤土を利用していませんでしたが、
> あれは何故なんでしょうかね。

理由は卵が腐りやすいからです。
赤土は成虫にもまとわりつきますし、通気性が悪くなるので孵化率が低い傾向にありました。
一方で孵化した幼虫は大き目のプラコップ(ビール用)に5号珪砂:7号珪砂:荒木田土=4:2:1をブレンドしたものを詰め、適度に湿らせた中で飼育しました。
荒木田土を加えたのは用土が乾いた時に巣穴が崩れるからです。
粘土質がわずかに加わることで各段に崩れにくくなります。
幼虫の飼育も基本的には乾燥気味で飼育です。

私は今回の入荷個体は完全に出遅れてしまい、入手できませんでしたがたくさんの幼虫が取れることを祈っております。

ちなみに2015年の羽化個体は、傷むこともなくまだ元気にしております。

http://tigerbeetle.world.coocan.jp/

 

生まれました

 投稿者:縞げん  投稿日:2018年 6月24日(日)21時54分2秒
返信・引用
  みなさんこんばんは。

本日ケンラン一つ目の卵が孵化していました。およそ2か月でした。まだ2頭なのでもう少し孵化して欲しいです。
雌成虫は飼育4か月ほどになりますが、足欠けはほとんどなくまだ産みそうです。
今のところ8つ産みましたが交尾はおそらく1回だけだったので、最近のは孵化するか微妙かもしれません。
とりあえず目標は1ペア無事に羽化ですかね。


>十郎さん
>カレハの御三家とイカガタさんのメスは、常ではないですが羽化後一年前後は生きますよ
うちの持ち帰りは無精卵をちびちび産み散らし、調子を崩して死んでしまったのでかわいそうなことをしてしまいました…。

>ミツバチ
これは養蜂されているものかもしれませんので、あまり多用するのは避けたほうが良いかもしれませんね。少量ならまあ文句は言われないと思いますが。

あとサンヨウベニボタルは属で輸入可能なようですね。あれが輸入できてオオタイコウチやCercotmetus属のミズカマが正規輸入できないのは何か納得いかないです…。


>はりぃ。さん
>サバクカマキリ
順調そうで何よりです。ぜひコレクションと安定維持を目指してください。こちらではかなり多湿になりがちなので工夫しないと飼育はできなさそうです。

>ケンラン
こちらはなかなか苦戦しているようですね。僕は相性が良かったのか今のところかなり順調です。
うちでは温度を晩26度昼30度ぐらいで管理しています。湿度は80%ぐらいです。現地では日光浴していたので、朝少しだけ直射日光に当てています。
足場が湿りすぎていると露骨に嫌がっていたので、ダンボールは乾かしています。
一応4か月の飼育実績があるので、完全に間違っているということはないと思います。少しでも参考になればいいですが。


>attenboroughiiさん
とりあえず孵化が始まりました。いろいろ情報提供ありがとうございました。お送りした分もおそらく大丈夫だと思います。

>ブラックキラー
ヒヨケムシって繁殖できたんですね…。そのうち挑戦してみたいと思います。


画像は孵化したケンラン。
思っていた以上に小さいので、今のところ育成できる自信はありません。たくさん孵化したら、みなさんのご協力を募るかもしれません。


 

(無題)

 投稿者:attenboroughii  投稿日:2018年 6月23日(土)20時24分0秒
返信・引用
  こんばんは

十郎さんのマレーシア遠征は大成功だったようで、おめでとうございます。
秘密兵器も上手く機能したみたいでケンランたくさん獲れてよかったですね。
それにしても今年は野外品のケンラン全く入ってきませんねぇ。
別血統確保したかったのですが、フーム...。


我が家のケンランは最終的に4ペアが繁殖に漕ぎ着けました。うち2ペアが産卵を始めています。
メスの羽化不全ですが、結局餌の問題ということではなく、足場の不備が不全につながったという結論に至りました。段ボール片はツルツルしていてメス終齢の体の大きさでは羽化できなかったんですね。オス終齢サイズがギリギリ羽化できる足場だったようです。もっと気づくのが早ければ...><

画像一枚目は巣から顔を覗かせるオオエンマ初令幼虫。
オオエンマ成虫、交尾はたくさんするのですがあまり産卵してくれません。産卵しても地面放置の卵も多いです。
今のところ初令幼虫は2頭とれました。ちょっと心もとない数ですね。
現在給餌方法、床材試行錯誤中です。
片方は珪砂、もう片方は赤土と珪砂混合で飼育中。
そういえば水澄ましさんは2015年のオオエンマ飼育に赤土を利用していませんでしたが、あれは何故なんでしょうかね。

写真二枚目はブラックキラー5齢と3齢。
やはりハエ成虫がヒヨケの餌として優秀なようです。コオロギのように巣内で食べ残しが酷く腐ることもなく、嗜好性も高いです。
最近は脱皮導入のコントロールが上手くできるようになってきてコンスタントに脱いでいます。5齢ともなるとそこそこのサイズ感がありますね。満腹状態で2.5cmほどかな?
 

さてさて

 投稿者:十郎  投稿日:2018年 6月22日(金)07時11分50秒
返信・引用 編集済
  レインフォレストの店長さんの影響でテニスボールを握って握力を鍛えることにした。
海外で出会う人と握手するたびに、なんか筋骨の頑丈さで「負けた!」って思うことが多いのさ。
ちょっとそれに対するコンプレックス解消を目指す。

>はりぃ。さん
>ほんと困った陽気だわ。
汗っかきの肉体労働者なので個人的には涼しければ最高です。

>ユニコーン
うちとこでも少しずつ孵化が続いてます。
そろそろショウジョウバエを増産しようと思います。

>ケンラン
まぁワイルド物ですから、うまくいくかどうかは腕よりも運不運の要素の方が大きいものです。
「嗚呼、綺麗なカマキリだ」(うっとり)ぐらいの感覚でよろしいかと。

>サバクカマキリコレクション
こうなると、新大陸の砂漠も気になるんですよなぁ。
新大陸は新大陸で独自に進化したサバクカマキリとか居ると思いますし~。

>いつかカマキリ界に敵なしを名乗る、大ふへん者になってくださいませ。
ら、来世は頑張ります(笑)。
今生は自身の目玉と脳を喜ばせる冒険だけで終わりそうです。

>老個体でもしっかり交尾できるのですね。
カレハの御三家とイカガタさんのメスは、常ではないですが羽化後一年前後は生きますよ。
でもまぁ、ちゃんと繁殖を目指すなら、若い方がもちろん良いと思います。

>ミツバチ
おおっ、意外な餌を。
ランカマの幼虫が一時期ミツバチを誘引する物質を分泌してる話を知ってから、フラワーマンティス系の餌としてミツバチが気になっております。
ハチミツ舐めさせたハエじゃ、ダメですかなぁ…。(ハニーワームで良いか)



写真は持ち帰りヒョウモン。
しかし、こんな感じで顔しかハッキリ写らぬTGシリーズの浅い被写界深度にはウンザリしてきた。
 

こんばんは!

 投稿者:はりぃ。  投稿日:2018年 6月21日(木)20時45分25秒
返信・引用 編集済
  十郎さんの書き込みの時は寒い!で、明日は暑い!になりそうですね。ほんと困った陽気だわ。
もう一年の半分も終わってしまうし、色々考えてしまいますね。


>ユニコーン
>ついつい成虫まで多頭飼育
はい。ありがとうございます。さっそく孵化後の3日目になる前に共食いを確認したので4グループに分けました。孵化後2~3日は餌与えない方がストレスにならないかなぁと思っていましたが、小型カマキリは孵化した翌日から結構食べますね。他の種でも感じましたが。
ユニコーンは昨日早朝に二個目からも孵化、そして6個目の産卵と順調でございます。とても可愛らしく飼育楽しんでいます(^_^)

それにひきかえケンランは、、、。せっかくオス送って頂いたのに、ほんと手ごたえがなく不安ばかりです。
オスは天井が定位置になっていますなぁ。メスがフセツのとれた足がでてしまい、元気ですが少し不自由そうです。オスとの同居があわなかったのかなぁ。ダンボールも加工しているんですけどね。
今までで1番苦戦というか、どうしたらよいかと悩んでおります。とりあえず、色々やると他のカマキリでも失敗しているので基本カマキリ任せで最小限の接触に留めております。なので交尾しているのかどうかもわからない(ノ_<)
失敗するイメージしか湧かず、成功している方達を尊敬します。お手上げ~*\(^o^)/*
ほんとに申し訳ないです。貴重な種で欲しい方いっぱいいるでしょうに、、、こんな下手っぴのところに来てしまったがために、、、。


>サバクカマキリ
そうなのですねー。私はほんとに現在の種を飼育するまであまり興味がなかったので無知すぎて。
アフガニスタンはたしかに難しそうですね。色々調べたらたしかにサバクカマキリの種は意外と多くびっくりしました。以前、十郎さんがおっしゃっていたサバクカマキリコレクションを完成させたらヨーロッパ勢に対抗できるかも!?
しかしほんと海外勢は手強いですね~。南米ドラゴンマンティスを販売していた所にイドロモルファもあるみたいで欲しいなぁと思っているのですが、さすがに自重しないとほんとの大うつけ者になってしまうので我慢します。
十郎さんは、いつかカマキリ界に敵なしを名乗る、大ふへん者になってくださいませ。

それにしてもヒシムネカレハすごいですね!!
一年以上前の羽化個体が産卵までいったら、私もメスは特に大切にしなくてはと肝に銘じました。
去年から雌雄揃わずで諦める事が多かったので、反省しました。老個体でもしっかり交尾できるのですね。


画像は。今年も餌の調達頑張っています。
写真は、色々な蝶しか見えませんが最近はミツバチ?の採集が今の時期はとても楽なので、エサとして重宝しております。
 

寒い

 投稿者:十郎  投稿日:2018年 6月19日(火)06時09分46秒
返信・引用
  >はりぃ。さん
いや、ホント寒いですねぇ。
6月半ばにしてあいさつ代わりに「寒い」と言い合うなんて奇妙な感じですよな。
いつもは夏日が続いて「これで本格的な夏になったら、どんだけ暑くなるんだ?」と恐れおののくのが常ですのに。

>ユニコーン
うちとこも孵化しました。
本種は小さいからと、ついつい成虫まで多頭飼育しちゃいがちなんですが、やはり少なくとも雌雄差がハッキリしてきたら分けた方が無難であります。

>インド産は貴重なのですか!
普通は中近東のサバクカマキリを色々経験して、最後に残るのがインド産と思われます。
治安の悪すぎるアフガニスタンとかは別格でしょうけど。

>うまくいったら十郎さん受け取ってくださいね笑
よ、よろしくお願いします。

>十郎さんのと同種なら運が良ければ繁殖の可能性もありますし!
いや、何となく言いそびれてましたが、うちのはマレー旅行前にとっくに死んでしまってます。
ヒーターを敷いてる箇所の避難所として、折りたたんだクッキングペーパを置いていたのですが、その中に潜り込んで出られなくなったのか、そこで熱死(?)してました。
まぁ、「死なせた」というより「「殺した」ようなもんですね。
ひどいポカです。

>日訪問している施設に居ついているカミキリ。
おおう、自分でも知ってるゴマダラカミキリですねぇ。
みかけたらついつい手に取ってキイキイ音を楽しみますよな。



写真は交尾中のヒシムネカレハ。
メスは一年前近くに羽化した老個体でオスはワイルド。
メスはこの後、無事に産卵しても孵化まで卵嚢に随伴するのは難しいかな。
 

こんにちは。

 投稿者:はりぃ。  投稿日:2018年 6月16日(土)18時54分26秒
返信・引用
  今日は涼しいというか寒いですね。ジャージ着てないと仕事も寒いです。

十郎さん。
いつもありがとうございます!明日受け取りましたらメールしますね!!
オスの扱いにも注意します^_^
さて、十郎さんのボクサーに続けと我が家のユニコーンから昨日の早朝に孵化があり16匹でてきました。
卵の大きさからするとまずまず?残り4つも無事に孵化すればかなり安泰だと思うのですが、どうなりますかね。

>サバクカマキリ
インド産は貴重なのですか!じゃあ、しっかり増やさなきゃですね。でもバイオリンで少し懲りているのでどなたか欲しい人がいればなぁと思います。
バイオリンも引く手数多で里子にだせるかなぁとか思っていたのですが、ちょこっとだけでしたからね。
私の体調不良が長く、共食い等やら消化不良やらでだいぶ減らしてしまったので今は少ないですけど、、、。
(T . T)
サバクカマキリも今回の新成虫から遊んじゃえ~みたいな感じだったのですが、ちょっと半々くらいにしてしっかり繁殖してみるので、うまくいったら十郎さん受け取ってくださいね笑
サバクカマキリ試してみよー!計画の1つはカラフルな砂でカラフルな卵を作ろう!と、サバクカマキリも砂や配置する物の色で体色が一部変化するような兆候があったので、それも一緒に観察してみます。
サバクカマキリはよじ登りは苦手ですが、瞬発力があるのでケンランオスにも負けてないかもしれませんよ!
ぷみりおさんのオマーンサバクカマキリ気になりますね!十郎さんのと同種なら運が良ければ繁殖の可能性もありますし!
うちの卵からまた湧き水の如く、ちょろちょろと孵化しており、また初令が10を超えました。楽しいですねー。
サバクカマキリは先程書き込んだように移動速度も速いですが、交尾時間も早いし、成長速度も早い。
そして食べるスピードもはやい。体の割に咀嚼力があるのがあっというまにもぐもぐ終了です。
我が家のスピードスターです。


>シリアゲ
申し訳ありません。ほんとお分けしたいくらいたくさん産まれてくると思っていたのですが、、、。
そろそろ何個か中身確認してみようかなぁ。
卵の管理が下手な可能性もあるので十郎さんに卵送りたいくらいです。
十郎さんのランカマ卵みたく、剥がさなければ上手くいくかもしれないかな?と思い、直近の3個は産んだままで様子をみています^_^孵化したら、これからは剥がさないようにしなきゃ!
飼育は容易だったのですが、繁殖はどうなのでしょう。交尾も難しくなかったので、私が下手くそなだけだと思います笑

>小枝
ほんと飼育しやすいカマキリですね。うちも順調でレイアウトしたいくらいです。

>画像
ケンラン一見オスじゃん!と思ったらうっすら赤みがあって綺麗な紫ですね!うちも繁殖できたら見れるかなぁ。
魔王枯葉は産卵まで調子よくいくといいですね。

画像は、ユニコーンと毎日訪問している施設に居ついているカミキリ。こりゃ来年もまた会えそうだ。
 

ふーむ

 投稿者:十郎  投稿日:2018年 6月16日(土)13時48分55秒
返信・引用
  プミリオにドイツ便でオマーン産デザートマンティスが入ってる。
容姿が気になるね。

しかし、なかなかドイツ人の先を行けないな。
ドイツ人を驚かせるようなカマキリを先にみつけたいよねぇ。


写真は魔王枯葉。
太ってるけどコーリングはしてない。
いいぞぉ!
 

/367