投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ナミハンミョウ

 投稿者:ルホイ  投稿日:2019年 7月 7日(日)22時09分36秒
返信・引用
  千葉県産のは赤が欠乏した個体が出てきました♪
ただ今のところ全部♂(TT)
で塊は沖縄産!さてさて餌の確保が大変になります

http://mantella.blog.fc2.com

 

(無題)

 投稿者:attenboroughii  投稿日:2019年 7月 6日(土)23時51分16秒
返信・引用 編集済
  >ルホイさん

快適ですか、それは良かったです。
モモケン多めにキープしておくんでもしもの時はいつでも言ってください。

>縞げんさん

全滅との事残念でしたね...。ダメな卵が出ても、その前後に産んだ卵はきちんと育つので特に遺伝的に弱いとかそういう理由ではなさそうです。卵嚢キープ中の問題な気がします。
そろそろ輸送は厳しい時期なので秋ごろにちょっと育った幼虫をまた発送しますね。
 

Re: (無題)

 投稿者:縞げん  投稿日:2019年 7月 5日(金)21時29分33秒
返信・引用
  > No.7209[元記事へ]

attenboroughiiさんへのお返事です。

無理やり給餌して何とか膨らんでいた個体も突然カマが落ちて死んでしまいました…。
今回の孵化は予定よりも1週間ほど遅れて開始したので、孵化が遅れた卵嚢の個体が
摂食せずに死亡する傾向があるのでしたらそれなのかもしれません。
少なくとも昨年の個体は強制給餌すれば育成できていました。

というわけで全滅してしまいました。せっかく送っていただいたのですが申し訳ございません…。
 

Re: (無題)

 投稿者:ルホイ  投稿日:2019年 7月 3日(水)15時30分0秒
返信・引用 編集済
  attenboroughiiさんへのお返事です。

> ケンランの孵化日数は60日、モモアカケンランは45日程度。

モモケンは産卵後期になるほど孵化日数が伸びていく感じです。温室管理なので温度差は無いのですが、ただ高温側は管理できてませんので温度が高くて孵化が遅れることがあるのであれば別ですが
5個目の卵で初めて孵化失敗の個体が出ました。
追記:5個目は4/21採卵 6/26孵化でした

> 分けていただいたモモケンは元気です。
飼育容器の使い心地はいかがでしょうか。

元気で何よりです。逆輸入のお願いをしないよう頑張ります。一応ロケ地確認のお願いをしておきました。

ケースはとても快適です。特に午前様帰り続きの今は助かってます。沢山勉強させてもらいました。
イエコ三令に切り替えました。ケース内で勝手にトビムシは増えてますが
1cmに近づく頃に落ち始めたので、今のチビ達はその前に多頭飼いから単独に切り替えます。

沖縄に虫取り中の息子は私のリストは一切取らず・・・取れず、仕方ないのでおバカでも採れるハンミョウ頼んじゃいました^^;
今日は夜中に駅までお迎いです(TT)

http://mantella.blog.fc2.com

 

(無題)

 投稿者:attenboroughii  投稿日:2019年 7月 2日(火)15時55分1秒
返信・引用 編集済
  ケンランの孵化日数は60日、モモアカケンランは45日程度。稀に予定日より1週間以上遅れて孵化が始まる卵嚢があるんですが、そういう卵から生まれた幼虫はどうもうまく育たないことがありますね。餌も取らず2令になる前にバタバタ落ちてしまいます。

セラトールプレデタービートル幼虫はアリ幼虫に全く餌付かず1週間ほどで死滅しました...。
難しいですね。孵化してからはずっと土の中に潜っていました。
土中で細い糸を吐いていたのが食性に関しての何かヒントだったかもしれません。

十郎さんから頂いたモモケンは数日前から孵化が始まりまして、これまでに26匹出ています。
追記:32匹出ました。卵嚢を暴いた所すべての卵が孵っていました。

状態良く、早速エサを捕り始めました。
ルホイさん由来のモモケンも大丈夫です。現在4齢で13匹生存中。そろそろ餌をシロアリに切り替える予定です。
ケンランとモモケン幼虫を見比べてみますとモモケンの方が脚が短い印象で胴も太く色といい、よりゴキブリぽいフォルムですね。

>縞げんさん
餌食べませんでしたか。
ウチの飼育容器サンプルを送るので、試してみてもらえませんか?

>ルホイさん
分けていただいたモモケンは元気です。
飼育容器の使い心地はいかがでしょうか。

>十郎さん
オオエンマハンミョウ図鑑購入されたんですね。
自分も欲しかったんですけどネットだとプレミア価格ついてて手が出なかったんですよね。
六本脚さんにまだ置いてあるなら自分も取り寄せたいです。
タガメモドキ貝食なら餌の確保はすごい楽ですね。割って与えれば二枚貝でも食いついてくれそうです。
 

マダガスカルイッカクカレハカマキリ

 投稿者:ルホイ  投稿日:2019年 7月 2日(火)10時01分44秒
返信・引用
  お久しぶりです。店のまわし者みたいになってしまいますが、すごく気になる今日この頃。
サイズが大きくなるのは今は世話できないと諦めようと心に言い聞かせてます(TT)

モモアカは1cmちょいと成長中。でも3匹まで落ちました。
親も先日☆になり、孵化したて6匹と卵1つを残すのみ。
飼育方法も更に教えていただき、残りのチビ達を頑張って維持したいと思います。
それにしても社長交代のおかげで過労死寸前(TT)
今の楽しみは息子が沖縄で昆虫採集中。きっとお土産をとって来てくれると信じてることくらい^^;

http://mantella.blog.fc2.com

 

ケンラン孵化するも…

 投稿者:縞げん  投稿日:2019年 7月 1日(月)23時06分14秒
返信・引用
  みなさんこんばんは。

>attenboroughiiさん
ケンラン卵が無事に孵化しました。20頭ほど孵化したので、とりあえず孵化時の湿度感覚はつかめました。
が、孵化したタイミングが悪く、世話できない時だったのでとりあえず様々なサイズのトビムシを
多めに入れてしのいでもらったところ、頑なに摂食しませんでした…。
世話できるようになってから慌てて強制給餌(コオロギ内臓)を開始しましたが、そちらもほとんど食べずに吐き出す始末です。
結局数頭しか残ってません。申し訳ありません…。
若齢の飼育は何となくつかめたと思っていたのですが思い上がりだったようです。


>十郎さん
>オオタイコウチ
どうも使用しているオアシスが良くなかったようで、苦しそうに尻上げを始める個体が出始めました。
オアシスを撤去してミズゴケに産卵させてからはすべて発育しています。

>モドキモドキ
貝食とは…。しかしよく考えてみると普通のコオイムシもモノアラガイとか好きでしたね。

こちらはタガメ→交尾するも産まず、大モドキ→ポンピングするも産まず、ケンラン→孵化するも育たずで飼育まるで駄目状態でした。
そろそろ良い流れに切り替えていきたいところです。
 

うーむ

 投稿者:十郎  投稿日:2019年 6月28日(金)20時53分9秒
返信・引用
  オオエンマハンミョウ図鑑の凄い所は生息地の写真もあること。
いいなぁ、行きたいなぁ。
人生のラスボス・ナンベイオオタガメを手中に収めた後のエクストラボーナス的な感覚で、アフリカ行もひそかに決意しておこうと思った。
 

オイオイオイ

 投稿者:十郎  投稿日:2019年 6月23日(日)07時31分49秒
返信・引用
  24時間経ってもモドキモドキとシジミとの死闘が続いてる。
少しでも隙間が開くのをずっと待っている粘りに粘るタイプの虫なのか…と思ってたら、口吻を挟まれて抜けなくなってただけだった(苦笑)。
二枚貝は餌として危険なようです。
救出したら、さっそく石巻貝を襲ってたので、口吻は一応無事っぽい。
 

ありゃ?

 投稿者:十郎  投稿日:2019年 6月21日(金)09時24分23秒
返信・引用
  隙が無いから手が出せないと思ってた淡水シジミにも襲い掛かった。
面白い面白い。
相手は殻をピッタリ閉じてるように見えるけど、イケるのかね。
 

/403