teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


新着順:59/133 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:高橋英利メール  投稿日:2011年11月 5日(土)18時12分4秒
  通報
  ここ10年以上は、「沈黙」の状態の僕ですが、論点がたくさん残されていることには改めて気づかされます。当時の僕自身の残した言葉を拾い集めるのも大変なのですが(笑)、予期せぬ影響力に関しましても、無防備なまま突き進んでいた時期があり、すごい時期でした。

「僕と中沢新一さんのサリン事件」…あれは、僕の中で確かに事件でした。(苦笑)
そして、心情的には一人の学者さんと争うことは避けたかったのですが、そこで問いかけられたテーマは、かなり核心部分であるために、僕は一歩も引けなくなってしまったのです。

際どい立場でもあり、今も、実はまだ傷が言えていません。
その後、島田裕己先生の本には、だいぶ救われましたが…

深く考察していただける方々には、本当に頭が下がる想いです。

提示したいテーマもいくつかございますが、どこかでお話できれば、その時にでも。。

高橋 英利
 
 
》記事一覧表示

新着順:59/133 《前のページ | 次のページ》
/133