teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


新着順:52/133 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: オウム思想の様々な要因について

 投稿者:大田俊寛  投稿日:2011年11月20日(日)00時01分6秒
  通報
  高橋英利様

こちらこそ、先週はありがとうございました。大変興味深いお話を聞かせていただきました。私はこの数年間、一人の研究者として、外部からオウムについて考察してきましたが、その分析がどれほどの妥当性を持つのか、また、どのような次元をなお照らし出せていないのかを、具体的に確認することのできる一夜となりました。

高橋さんは、『オウム真理教の精神史』における「カリスマ」に関する記述を高く評価してくださいましたが、しかし同時に、「…いや、もっと深い闇だった」とも仰いました。高橋さんによれば、人類の歴史において、数百万人の人間の命を奪ってなお平気でいられる特異なパーソナリティの持ち主がごく稀に出現しており、麻原彰晃は間違いなくその一人だった、とのことです。そう言われれば確かに、私の記述は、麻原という人間が持っていたリアリティには迫り切れていないところがあり、またそれは、麻原本人とは一度も接したことのない私には、到底無理な課題なのかもしれません。

森達也さんが『A3』において麻原彰晃にこだわり続けているのも、「もっと深い闇」の正体を明らかにしたいという考えがあってのことかもしれませんね。私自身も、今後の研究において、より精緻なカリスマ論を提示できるよう努力したいと思っています。アリス・ミラーの『魂の殺人』という本のなかに、興味深いヒトラー論が収められているそうですので、とりあえず近いうちにそれを読んでみるつもりです。

所詮は外部から眺めているだけの人間でしかないという研究者の限界はありますが、互いの考えを深めつつ、今後も折に触れ対話の機会を持たせていただければ、と思っております。

http://gnosticthinking.nobody.jp/

 
 
》記事一覧表示

新着順:52/133 《前のページ | 次のページ》
/133