投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


沖ノ島海底清掃のご案内

 投稿者:vamos (c)  投稿日:2019年 5月26日(日)15時22分25秒
返信・引用 編集済
  夏の海水浴シーズンを前に恒例になっている館山・沖ノ島の海底清掃の日程が決まったので参加者を募集いたします。
皆様の参加をお待ちしております。

日時 6月16日(日) 9:15~11:45 <朝6時ころ出発、清掃後午後は夕日桟橋付近でアマモの種取りに参加し18時ころ帰着の予定>
参加費 ¥12,000(税込み) ビーチダイブで清掃1本・アマモ種取り1本、各ランク同額
    主催者のご好意で参加費が昨年よりお安くなりました
その他 おにぎり、味噌汁などの軽食を主催者で用意してくれております
    レンタルが必要な方は重器材1,000円、ウェットスーツ500円、軽器材500円でお貸しします

清掃個所は護岸沿いで根掛かりしてしまった釣りの仕掛け類、海水浴やレジャー客が落としたゴミなどが回収の主体です
昨年の海の状況は1年前の掲示板に掲載していますが、護岸付近ではイセエビなど思わぬ生物と出会うこともできるかもしれません

水深が浅いのでウェイトは若干多めに付けますが、潜降ロープ無しで潜って途中浮き上がってしまわない程度のダイバーであれば参加可能です
水温も例年19℃前後あるのでドライよりウェットスーツの方が潜りやすいでしょう、寒がりの人はフードベストなどをお忘れなく
なお私もナイフを持って潜りますが、釣り糸などが絡むと厄介なので水中ナイフをお持ちの方は忘れずに持参してください

アマモの種取りは渚の駅たてやまに隣接する夕日桟橋付近の浅場で実施します、魚や海牛の写真を撮りながら遊びながらで参加できます

準備の都合上参加希望の方は6月2日ころまでにお知らせください

http://vamos-diving.blue.coocan.jp/

 

6月より通常営業に戻ります

 投稿者:vamos (c)  投稿日:2019年 5月24日(金)15時55分20秒
返信・引用
  少し早めに終わりそうだったこの冬の警戒船業務ですが、結局今月いっぱいまでかかってしまいました
ということで6月1日(土)から通常営業に戻りますのでこの夏もよろしくお願いいたします

海の方はというと、今年の伊豆方面は例年より若干水温が上がるのも早いみたいで、フードベストなどでしっかり防寒対策をすればウェットでも行けるくらになってきています
一方房総方面はいつものことではありますが水温の上下が激しいので、寒がりの人や初心者の方はもう少し水温が安定してからの方がよいかもしれません

http://vamos-diving.blue.coocan.jp/

 

ダイビングツアーの予定です<5/26更新>

 投稿者:vamos (c)  投稿日:2019年 5月18日(土)17時10分32秒
返信・引用 編集済
  5/30(木) 西伊豆/大瀬崎 2ビーチ ¥19,500~21,500 <残席2名>
 ☆天候の影響を受けにくくビーチ初心者でも潜りやすいのが大瀬崎の湾内です。
  砂地、漁礁、ゴロタの駆け上がりなどにいろいろな生き物が見られ、初心者からベテランまで楽しませてくれます。
  この日は平日なので潜れませんが土日限定の大瀬神社エリアの先端ポイントは魚もいっぱい見られます。

6/7(金) 南房総/波左間 2ボート ¥24,500~26,500 <残席2名>
 ☆通常1本目は水中神社がありダイバーに慣れたコブダイも住み着いている高根に潜ります
  潜降ロープがあり水深も18m前後なのでボート初心者でも大丈夫、アオリイカの産卵シーンが見られたこともあります
  2本目以降は希望によりマンボウランドと呼ばれている生け簀に潜ってマンボウと一緒に泳ぐことができます(追加¥1,000)

6/9(日) 内房/勝山 2ボート ¥24,500~26,500
 ☆バモスから比較的近いので車での移動時間が短く、またボートダイビングなので足腰への負担も軽く潜ることができます
  島の周囲を潜るのでポイントによっても見られる景観や生き物が違ってくるところがまた楽しみです
  水深も18mまで行かずに楽しむこともできるのでディープ講習未修了の方でも参加可能ですのでご相談ください

6/16(日) 南房総/沖ノ島海底清掃&アマモの種取り ¥12,000
 ☆内容は5/26付の書き込みをご参照ください

6/20(木) 東伊豆/富戸 2ビーチ ¥19,500~21,500 <残席2名>
 ☆エントリー口が整備され水深もそれほど深くないのでOWレベルやビーチ初心者でも潜りやすいポイントです
  この時期はアオリイカの産卵シーンが見られることも多く、また砂地の生き物探しも楽しめそうです
  施設の方も4月にリニューアルされたので、富戸名物の温泉丸と合わせてダイビング前後も快適に過ごせそうです

6/23(日) 西伊豆/井田 2ビーチ ¥19,500~21,500 <残席2名>
 ☆大瀬崎の少し先になる井田はビーチが1か所のみの小さなポイントですが地形や潮の関係で中層を泳ぐ魚がいっぱいみられます。
  また砂地やゴロタの隙間には小さな生き物もいて何度潜っても飽きないポイントです。
  エントリー口はスロープなど整備されていないので海の状況によってはビーチ初心者の方にはちょっと手ごわいときもあるので問い合わせください。

6/29(土)or30(日) 南房総/伊戸 2ボート ¥24,500~26,500
 ☆伊戸の名物はエイやサメたち、今や海外からもこれを見たくて潜りに来るダイバーも結構いるほどです
  サメといっても比較的おとなしいドチザメなので普通に潜っていれば襲われる心配はありませんが、水深は18mを超えるのでディープ講習修了者が対象です
  サメやエイ以外にも根の周りには魚も多いのでそちらを楽しむこともできます

7/6(土)or7(日) 外房/勝浦 2ボート ¥24,500~26,500
 ☆イソムラはダイナミックな地形とたくさんの魚の群れに出会え、勝浦を代表するポイントですが流れが強いこともあるので経験者向けです
  もう一つのボートポイントのベンテンは比較的流れも少ないものの、こちらも多くの魚の群れと出会えることが多いポイントです
  初心者やブランクダイバーでも潜れるビーチポイントもあり、こちらは第1土曜日はナイトダイビングを楽しむこともできるので興味がある方は問い合わせください

7/10(水) 西伊豆/井田 2ビーチ ¥19,500~21,500 <残席2名>
 ☆大瀬崎の少し先になる井田はビーチが1か所のみの小さなポイントですが地形や潮の関係で中層を泳ぐ魚がいっぱいみられます。
  また砂地やゴロタの隙間には小さな生き物もいて何度潜っても飽きないポイントです。
  エントリー口はスロープなど整備されていないので海の状況によってはビーチ初心者の方にはちょっと手ごわいときもあるので問い合わせください。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

上記の予定のうち<残席>の表示がないものは週末を中心とした参考としての予定です。
行先は決まっていませんので、ご希望により調整しますので問い合わせください

5月末までは都合によりツアーは実施できません(5/30を除く)、ご了承ください

現在ガソリン価格が高止まりしているためツアー価格は基本価格に500円上乗せさせていただいています
今後燃料価格が135¥/lを安定して下回るまではこの価格で実施させてただきますのでご了承ください

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

房総方面ツアー(勝浦、なめがわ、波左間、見物、勝山)は随時1名様から実施、夏の休日を除けば伊豆方面でも1名様から実施します(2018年6月8日付掲示板記事参照)、詳しくは問合せください。

http://vamos-diving.blue.coocan.jp/

 

大瀬崎ではアオリイカの産卵が凄かったです

 投稿者:vamos (c)  投稿日:2019年 5月17日(金)14時57分55秒
返信・引用
  例年は連休明けくらいから徐々に見られるようになるアオリイカの産卵シーンですが、今年は連休前から活発みたいですね
そしてこの日の大瀬崎の湾内も凄いことになってました

水深13mくらいのところに設置された産卵床付近の透明度は5~8mくらい
ぼんやりと産卵床の影が見えてきたあたりからゆっくり近づいて行くと、だんだんと見えてくるのがイカのシルエット
さらにそおっと近づいて静かに見守っていると、やがて警戒を解いたイカたちがどんどん集まってきて多い時は10匹以上が乱舞していました

この日のゲストはUmikoさんだけだったので潜水時間の半分以上は産卵床に張り付いて神秘的な産卵ショーを見守ってましたが、平日ということもあって他のダイバーもほとんど現れずゆっくりと楽しむことができました
水温もまた少し上がって19度くらいになっていたので、結局2本とも50分近く潜ってましたがドライスーツのUmikoさんとロクハンウェットの自分は寒い思いもしませんでした

動画もとってありますので編集ができましたらフェイスブックにあげておきます!
この産卵ショーはだいたい6月から7月前半くらいまでは続くと思いますが、今年はスタートが早かったので終わるのも早いかも?
もし見てみたい方は早めのリクエストが良いかもしれませんのでご検討ください

http://vamos-diving.blue.coocan.jp/

 

青い!井田の海<動画>

 投稿者:Vamos(c)  投稿日:2019年 5月10日(金)18時16分35秒
返信・引用
  GWの井田ツアーに参加されたNaoさんが動画を公開してくれました
やっぱり動画って面白いですね
この海の青さが今年のGWの井田を象徴してます
https://www.youtube.com/watch?v=fcC6_uRgXe4

http://vamos-diving.blue.coocan.jp/

 

春から、初夏?

 投稿者:moto  投稿日:2019年 5月 8日(水)06時49分44秒
返信・引用
  今年の春から初夏の伊豆は、いいですね。

春濁りがないです。ホンダワラは、どこに
行ったのか?

うれしい、伊豆の春から初夏です。得した気分です。
 

GW後半も井田へ

 投稿者:vamos (c)  投稿日:2019年 5月 6日(月)15時46分16秒
返信・引用 編集済
  10連休となった今年のGW、後半は道路も大渋滞が予想されてたので当初は近場の房総方面を計画していました
しかしなかなか水温が上がってこないのでウェットでは厳しいと判断して渋滞覚悟で伊豆方面に変更
連休前半に行ったときに水温が18度前後あって透明度も良好だった井田が引き続きコンディションも良いことを期待して今回も井田に行ってきました

今回ウェットで参加のNaoさんは、かつてデストロイヤータイプのフードをかぶってとっても苦しかった経験からフードにはネガティブなイメージがあったそうです
しかし今回お貸ししたGullの薄手のフードベストは着やすくてフードも気にならない様子で、当初の希望通りこの水温で3本潜っても大丈夫だったそうです

そして水の中の様子ですが、水温は私が持っている2台のダイコンのうち前回は1台は17℃の表示でしたが今回は浅場では2台とも18℃を示してましたし、体感的にも少し温かく感じられました
ただ透明度はちょっと白濁して8~12mくらいと少々落ちた感じで、自分なんかはついつい前回と比較してしまって残念な気もしてしまいましたが、本来のこの時期の水の状態を考えればこれでも十分きれいですし前回が良すぎただけなんですよね

今回アクションカメラデビューというNaoさんもこの透明度なら魚の群れもよく見られるということで、いろいろなシーンで群れを追って撮ることができて楽しんでいただけたようです
そしてクマノミも見つけて教えてくれました。どうやら無事に冬を越せたようです

その他小物系では前回も見られたノコギリヨウジやアカシマシラヒゲエビ(以前はアカスジモエビって言ってたような・・・)の他に、今回は砂地にいた小さいイロカエルや缶から目をのぞかせるタコなども楽しませてもらえました

ということで充実の3本を潜り終えて現地を出発したのが16時20分頃
帰りは大渋滞を覚悟していたんですが、帰路に通る真鶴道路は普段の日曜日でも大渋滞しているのにこの日はまったく順調
その後も多少混んでいるところはあったものの、いつもの日曜よりはすいている感じで21時過ぎ頃には市川ICまで戻ってこれました

思い返せば月末の前回に続き今回も井田の海もすいていたし、これだけの長い連休になると結構分散して良いのかもしれません
やっぱり夏のお休みもお盆に集中するのではなく分散してくれるとありがたいんですがね、働き方改革で少しは夏の混雑も分散してもらいたいものです

今回はカメラを持って行かなかったので水中写真はありません、悪しからず


http://vamos-diving.blue.coocan.jp/

 

ツアー価格についてお知らせ

 投稿者:vamos (c)  投稿日:2019年 5月 1日(水)14時39分33秒
返信・引用
  ツアー予定にも書かせていただきましたが、一時期安定していたガソリン価格がここにきて上昇傾向です

GW後にはさらに上がりそうだとの観測報道も聞かれていますので、GW以降のツアーからはツアー価格に500円上乗せさせていただきますのでご了承願います

上乗せは概ねガソリン価格135¥/lを安定して下回るまで継続する予定ですので、ご理解のほどよろしくお願いいたします

http://vamos-diving.blue.coocan.jp/

 

ありがとう平成 ありがとう井田

 投稿者:vamos (c)  投稿日:2019年 5月 1日(水)14時23分37秒
返信・引用 編集済
  改元を前日に控えた29~30日は井田でお泊りダイブに行ってきました
天気はぱっとしないし、日程的にお休みではない人も多いのか、この日の海はガラガラ

でもこの時期としては水温が高めの18℃、しかもそれでいて透明度は抜群の15m以上!
ダイバーも少ないので砂煙も上がらず、平成の最後のダイビングにこの素晴らしいコンディションで潜れる幸せ

それにしてもこの日はイワシやスズメダイ、ネンブツダイの群れが凄かったです
特に14時を過ぎて少し流れが出てきた時間帯、そして朝イチで潜ったときは活発な魚群に包まれて泳ぐ感覚で、これがお泊りダイブの醍醐味といったところでしょうか

小物系もじっくり見れたし、連休の中のぽっかりと開いた穴場でゆっくり楽しんでくることができました
もちろん宿のお食事も美味しくて大満足、写真はフェイスブックの方をご参照ください

http://vamos-diving.blue.coocan.jp/

 

Re: ツアーで、集まるといいなあ!西伊豆!

 投稿者:Vamos  投稿日:2019年 3月29日(金)19時24分44秒
返信・引用
  > No.1155[元記事へ]

motoさんへのお返事です。

秋の伊豆はとっても楽しいですよね、泊まりで行けば楽しさ倍増です
 

/68