スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:8/745 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ニゴニゴの大瀬崎でした

 投稿者:vamos (c)  投稿日:2020年 9月 6日(日)15時21分0秒
  通報 返信・引用
  非常に強い台風が連続して九州・沖縄に接近してくるなか、西伊豆の大瀬崎に行ってきました

当日朝の現地情報でも浅場はうねりの影響もでて視界不良にちかいものの、ゴロタ下まで降りればうねりも少ないとのこと
下に行けば多少は透視度もあがるかと期待して湾内に潜ってみましたが、結果はどこまで行っても春の海のようなニゴニゴ状態

下げの時間帯ということもあってか海への出入りの際にうねりで苦労するということはありませんでしたが、水深を18mくらいまでとってもずっと視界不良なのには参りました
もっと左(北)の方で潜ればもう少し見えみたいですが、今回は初めて参加のビギナーさんもいたので移動もちょっと控えめにして1本目は終了となりました

今回のようにビギナーさんがいるときは1本目の様子をみつつ2本目は中性浮力の練習などを交えて潜ることも多いのですが、その方は講習の時から濁り気味の海ばかりだったというので2本目はもう少し透視度が期待できそうな先端に行くことにしました
先端の方は透明度も良い所では8mくらい見え、イソギンチャク畑ではクマノミやミツホシクロスズメなどもあちこちに見ることができましたが、こちらは結構流れがあってまたまたビギナーさんにはちょっと試練のダイビングになってしまいました
ただ水温は高いのでストレスもなくキンギョハナダイの群れなどにも癒されました

今回はカメラを持っていかなかったので水中写真はありませんでしたが、持って行っても水中景観を撮れるような状況ではなかったかもしれません
ただこの日は大瀬崎に近付くころになると大きな櫓を立てた白い船が目に入ってきたので、あれは「ちきゅう」じゃないかと車中で話しながらはまゆうさんに到着
ちょうどはまゆうでもこの船の話題で盛り上がっているところだったので、スタッフの一人が双眼鏡を取り出してきて確認したところ、船体にはやはり「ちきゅう」と明記されているとのことでした
ということで、個人的には今回のツアーで一番のレアものはこの「ちきゅう」かな?

http://vamos-diving.blue.coocan.jp/

 
》記事一覧表示

新着順:8/745 《前のページ | 次のページ》
/745