投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


井田平日ツアー

 投稿者:vamos  投稿日:2018年 6月15日(金)17時48分2秒
返信・引用
  週末に台風が接近してきたため予定を変更して木曜日に井田で潜ってきました

今回はそんなにたいした影響はないのかなと思ってましたが、いやいや、やはり台風のパワーは凄いです
この日は朝から打ち上げられた砂などをサービスの方たちが清掃中でした(写真)、暑い中ありがとうございます

そして嵐が来るたびにエントリー口の状況が変わる井田ですが、今回はゴロゴロで歩きにくくなっていた石の上に砂が被さって歩きやすくなった!と喜んだのもつかの間、エントリー後の砂地では大きい石があちこちにゴロゴロ
しかも少し残っているうねりの影響で砂が舞っていて足元が見えないから始末が悪い・・・、こんな時は歩幅を小さくすり足気味で慎重に進みましょう

そんな状況のなか、今回のゲストは井田の常連になっているUmikoさん
初めのころはずいぶん井田のエントリーには苦労していたと思いますが、この頃はだいぶ慣れてきたみたいですね
波に対する注意が疎かで吹き飛ばされることもありましたが、その時も落ち着いて対処できていましたし、やはり経験はだいじですね

さて海の中ですが、水自体はきれいなんですが砂粒のようなものが舞っている感じで白濁しています
水深も15mくらいまで行くと視界も良くなってくるんですが、中層を泳ぐ魚の群れを楽しむにはイマイチな感じでしたので、あまり得意ではない小物などを探しながらのダイビングでした

そしてこの時期に気になるアオリイカの産卵状況ですが、この日も産卵床にはイカは見られず・・・、ただ今回は産み付られた卵は見られたのでこれからは期待できるかも?
ということで6月末の泊りの井田ツアーはまだ残席があるので参加者募集中です!
土曜日は仕事や所用で休めない方も夜に伊豆長岡まで出てこれるならお迎えに行きますので、井田で1泊して早朝ダイブを楽しめますよ!どうぞご検討ください

http://vamos-diving.blue.coocan.jp

 

おひとり様ツアーについて

 投稿者:vamos (c)  投稿日:2018年 6月 8日(金)15時24分2秒
返信・引用
  バモスのツアーは基本的には2名以上からの催行ですが、条件によっては参加希望者が1名しか集まらない状況でも「お一人さまツアー」として実施しています。

<通年で実施> 〔外房〕勝浦、なめがわ 〔館山〕波左間、見物 〔内房〕勝山
<夏場の休日以外は実施> 〔西伊豆〕大瀬崎、井田、平沢 〔東伊豆〕川奈、海洋公園、八幡野、富戸(通年で平日のみ) 〔西湘〕江之浦 〔館山〕伊戸
 *2018年の夏場の休日は7月14日から8月12日までの土休日と8月13日~15日

<実施条件>
 *ツアー代金はOW料金となります ただし誕生日割引、ご新規様割引、各講習受講者割引は使用可能、なお最終的に2名さま以上参加する場合は通常料金になります
 *2名以上の参加希望者がいるツアーリクエストが入った場合は、申し込み順序が後であってもそちらを優先します
 *リクエストをいただいていた日の前日または翌日に2名様以上のリクエストが入った場合も上記と同様にそちらを優先し、お一人さまツアーはキャンセルとなります
  (2日続けての日帰りツアーは基本的に実施を控えております、ご了承ください)
 *条件を満たしていてもお一人さまでは実施できない場合もあるのでご了承ください

http://vamos-diving.blue.coocan.jp/

 

ダイビングツアーの予定です<6/16更新>

 投稿者:vamos (c)  投稿日:2018年 6月 8日(金)15時04分38秒
返信・引用 編集済
  6/17(日) 館山/沖ノ島海底清掃 2ビーチ \14,500 <残席1名>
 ☆夏の海水浴シーズンを前に水中の清掃を行います、浅めの水深でも安定して潜行・浮上が行えるかたらなら参加可能です。
  ここ数年は毎年実施しているので回収の主体はごみや釣り糸などで、ナイフをお持ちの方は必ず持参してください。
  2本目はビーチでファンダイブとなります。

6/23(土) 館山/波左間 2ボート ¥25,500~27,500 <残席1名>
 ☆水中神社があるポイントにはコブダイをはじめ人懐こい魚がいっぱい、根の周りにもいろいろな生き物が見られます
  マンボウと一緒に泳げるマンボウランドは昨年の台風で壊れてしまい現在修復中ですが、この時期には再開できていると思われます
  なおマンボウランドで潜れない場合でも漁礁のポイントなど見どころいっぱいです

6/30(土)~7/1(日) 西伊豆/井田 4ビーチ ¥36,500~38,500(民宿1泊2食含む) <残席2名>
 ☆大瀬崎の少し先にある小さな集落が井田でビーチのみですが楽しいポイントです。
  潮のあたりがよいので魚の群れも多く、砂地やゴロタ付近での生き物も豊富に見られます。
  また今回は泊りなので普段の日帰りツアーでは見られない夕方や朝早い時間の生き物たちの姿も楽しめます。

7/14(土)or15(日)or16(祝) 外房/勝浦 2ボート ¥24,500~26,500
 ☆勝浦のメインポイントはボートダイビングのイソムラで、外海らしく魚も多くみられるダイビングが楽しめますが経験者向きです。
  もう一か所あるボートポイントのベンテンは比較的経験が少ない方でも潜れますので、そのような方は初心者でもOKのビーチポイントと組み合わせて潜ることも可能です。
  ビーチではスキンダイビングの練習をしたり、タイドプールで磯の生き物を見ることもできたりと、いろいろな楽しみ方ができるのでご相談ください。

7/22(日) 東伊豆/熱海 2ボート ¥24,500~26,500 <残席1名>
 ☆水深30mほどの所に沈んでいる沈没船には長い年月でソフトコーラルが茂り魚たちの住処になっています。
  沈没船以外にも根の周りを潜るポイントがあって、こちらにも魚が多く人気の潜水地です。
  なお沈没船は水深が深いのでディープダイビング修了者が参加の条件です、未修了の方は講習も行えますのでご相談ください


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

上記の予定のうち<残席>の表示がないものは週末を中心とした参考としての予定です。
行先は決まっていませんので、ご希望により調整しますので問い合わせください

また平日や土曜日など上記にない日もリクエストいただければ調整しますので、お気軽に問い合わせください
※バモスの定休日は火曜ですがツアーや講習は定休日でも実施します

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

房総方面ツアー(勝浦、なめがわ、波左間、見物、勝山)は随時1名様から実施、夏の休日を除けば伊豆方面でも1名様から実施します(2018年6月8日付掲示板記事参照)、詳しくは問合せください。

http://vamos-diving.blue.coocan.jp/

 

初夏の井田で3ダイブ

 投稿者:vamos  投稿日:2018年 6月 4日(月)16時26分50秒
返信・引用
  6月に入って最初の日曜日は井田で潜ってきました
天気はピーカン!気温も上がって夏の予行演習みたいな日になり、今日は日焼けした肩がちょとヒリヒリしてます(笑)

でも海の水はまだ20度前後。寒がりの人はまだドライスーツじゃないと寒いかもしれませんが、バモスチームは元気にウェットで3本潜ってきました!
水もきれいで透明度も良く深場では12mくらいは見えるんですが、浅くなるにしたがって砂粒のようなものが舞い上がっているような感じで視界が悪くなってしまうのが残念
この日は海もおだやかで、水中で行き交うダイバーも少なくてそれほど砂を舞い上げているわけでもなかったんですがね

さてこの日初参加となったHiroさんは井田で潜るのが初めてとのことだったので、1本目は深場のミジンベニハゼを目指しました。
途中にはオオウミウマがいるとの情報もいただいていたので、こちらを見た後にミジンさんの住む瓶に到着
この日は機嫌がよかったのか結構身を乗り出してサービスもしてくれましたよ

2本目はいつものようにゴロタと砂地の境に沿って進みますが、水深が20mくらいまでは視界がイマイチで魚の群れもちょっと遠くなるとボンヤリしてしまうような感じです
そんななか目についたナマコの口元を見たらナマコマルガザミを発見、しかしナマコが口を閉じてしまいゲストさんにお見せすることができませんでした、ごめんなさい

3本目も2本目と同じコースで水深をやや浅めにとりましたが、この時間になると上げ潮が効いてきたからか緩やかな流れが出始め、これにともない中層の視界もやや向上
魚たちの動きも活発になってきて井田らしい魚の群れを楽しむダイビングになりましたが、これを見てHiroさんは手でファインダーの形を作ってのぞき込む姿が印象的でした
またYukoさんが見つけてくれたヒラメもなかなかの迫力でしたね

そしてダイビング後のお楽しみの食事ですが、この日は3本潜って現地を出たのが4時30分を過ぎていたので「やまや」さんに行ってみました
建物は古かったもののメニューが豊富でそのうえ美味しかったのでメンバーさんからは人気のお店だったんですが、新装開店してからは3時から5時が休憩時間になってしまったうえ、開いていても混雑していてなかなか入れなくて足が遠のいてしまってたんですが、今回はすんなりと入れました

今回ゲストのお二人はここで食べるのが初めてだったんですが、とっても美味しかったということで、海と食事と両方を楽しめて喜んでいただけたのがなによりでした
「やまや」さんファンの常連メンバーさんも、3本潜るとちょうど良い時間になるので日が長くなる夏場はこいうパターンも良いかもしれませんね

(ミノカサゴの写真はYukoさん提供、もう一枚はやまやのマコガレイの定食と天ぷらと刺身の定食)

http://vamos-diving.blue.coocan.jp

 

ツアー代金値上げのお知らせ

 投稿者:vamos  投稿日:2018年 5月28日(月)17時00分6秒
返信・引用
  5/17の投稿で値上げ予告させていただきましたが、ついにガソリン価格が140円を超えてしまいましたので次回ツアーよりツアー代金に500円上乗せさせてください

ここ数日は原油価格が下がるような報道もありますが、ガソリン価格140円を境に頻繁にツアー価格を上下すると混乱するので、130円台半ばで落ち着くようになったら元の価格に戻す予定ですのでご理解ください

http://vamos-diving.blue.coocan.jp

 

平沢で初ファンダイビング

 投稿者:vamos  投稿日:2018年 5月28日(月)15時40分28秒
返信・引用
  大瀬崎の手前にあるダイビングポイントの平沢で潜ってきました
ここは昨秋に下見に1回行っただけで、ファンダイブとして潜るのは今回が初めてです

情報ではアオリイカの産卵が始まっていて午前中の方が見られる確率が高そうだというので、1本目はこちらに向かうも不発・・・・
産卵床以外にも繁茂している海藻などにイカが来ているんじゃないか、と周囲をキョロキョロ見回しながら浅場を徘徊するもイカは見られませんでしたが、最後にミスガイが見られて彩を添えてくれました

2本目はイカを諦めカエルアンコウを求めて土管のポイントを目指しましたが、こちらにはなんとか出会えることができました
けっこう大きい個体で、頭についた疑似餌のようにフリフリするエスカもはっきりと見ることができるくらいで、カメラを近づけようとすると逃げるように砂地を歩く姿もなかなか印象的です

海のコンディションとしては水温が20度前後とずいぶん温かくなってきています
透明度は5m前後とあまり良いとはいえませんが、砂地で生き物探しを楽しむには問題ないレベルでした

施設も新しくて使いやすいうえに風の影響も受けにくい地形なので、浅めの水深でのんびり潜りたい方や久々のダイビングの方にはおすすめのポイントですのでご希望の方は問い合わせください

http://vamos-diving.blue.coocan.jp

 

土肥ツアー再び

 投稿者:vamos  投稿日:2018年 5月21日(月)15時02分14秒
返信・引用 編集済
  先週の土肥ドライスーツ体験ダイビングに今週もリクエストをいただき、2週続けて土肥で潜ってきました!

今週のゲストはちょっとお久しぶりのYanaさん
聞くところによると、お会いしてなっかた間に2度も大きな怪我をしたりして大変だったみたいですよ

土肥はそんな久々ダイバーのリハビリダイビングにもちょうどよいかもしれませんね
この日は東寄りの結構強めの風が吹いていて、いつもおだやかな大瀬崎の湾内でも波立っていたみたいですが、ここのビーチポイントはさざ波もたっていないほどおだやかでした

今回もドライスーツの体験ダイビングだったのでプールで取り扱いの練習をしてから海へ
Yanaさんは久々とはいえ、本数も潜っているしドライもまったく初めてというわけではないとのことなので特に問題もなくドライスーツを楽しめたようです

そして潜った後のYanaさんの感想は、ドライスーツで潜るとずいぶん楽だったとのこと
そうなんですよね、体が濡れないってことはやっぱり体力の消耗が少ないし、潜り終わった後の疲労感なんかも違うんですよね

とはいいつつ、このくらいの陽気になると私なんかはやっぱりウェットで潜りたくなってくるし、このへんは個人のお好みといったところでしょうか
土肥でのドライスーツの無料レンタルは間もなく終了しますが、春の恒例キャンペーンなので興味あるかたは来シーズンに期待しましょう


海の中については水温が18~19度と先週よりちょっとアップ、透明度も浅場は8mくらい見えていてまずまずのコンディションでした
これくらいの水温になってくるといよいよアオリイカの産卵ショーもスタートです
川奈や江の浦あたりではだいぶ見られるようになってきた話も聞くので、皆様のリクエストお待ちしております

http://vamos-diving.blue.coocan.jp

 

ツアー代金値上げの可能性の予告です

 投稿者:vamos(c)  投稿日:2018年 5月17日(木)19時16分7秒
返信・引用
  最近中東の情勢が怪しくなってきましたね

中東のことなんて関係ないなんて思っている方、いやいや、そうでもないんですよ
というのも原油価格が上がってきていて、バモスのツアー代金にも影響する可能性が出てきているのです

現在のツアー価格はガソリン価格が概ね130円台半ばを上限に見込んで設定していますが、昨年後半くらいからはバモスが給油しているスタンドでも137円前後で推移するようになってきました
今後更に上がって140円台に突入するようであれば、数年前と同様に現在のツアー価格に一律500円を上乗せさせていただきたいので、ご理解のほどよろしくお願いいたします

なお来年予定されている消費税増税の時は改めてご案内しますが、あわせてご承知おきください

http://vamos-diving.blue.coocan.jp/

 

土肥でドライスーツ体験

 投稿者:vamos  投稿日:2018年 5月13日(日)17時28分30秒
返信・引用
  ここのところ夏日が来たかと思えば春先の気温まで急降下、といった感じで急激に気温が上下していますがみなさま体調いかがでしょうか?

この土曜日はちょうど良い晴天に恵まれ、土肥でドライスーツの体験を兼ねたダイビングをしてきました。
春になると土肥のTHE101ではドライスーツレンタル無料貸し出しをしているので、これを利用してのツアーです。

今回参加いただいたのはYukoさんの知り合いでバモスツアーには初参加のMikaさん
ドライスーツは初めてなのでスーツの取り扱いなど簡単な説明をしたあと、まずはプールで潜降浮上を何回か繰り返してスーツへの吸排気や吹上対策などを練習しました

Mikaさんは要領も良くスムーズに練習しているように見えましたが、プール練習を終えていったんスーツを脱いだらブーツからは結構な量の水が・・・・、吹上対策で動き回るうちに浸水してしまったみたいです
でもこの日は暑いぐらいの日だったこともあってご本人は平気な顔をしてちょっとひと安心、これが真冬だったら大変でしたよね

そんな感じでその後のビーチダイビングも行けるということだったので、ビーチに移動してファンダイブも楽しんできました
ビーチのコンディションは水温が17℃、透明度は6mくらいでしたが、Mikaさんはこれまで海外や沖縄でYukoさんも近場では透明度が良い冬でのダイビングが多かったのでこの日の透明度には緊張したとのことでした

そんな私も土肥でのファンダイブは初めてなので、ガイドロープ伝いに寄り道もせず水深20mの沈潜を目指します
中層を泳いでる魚はあまり見かけませんが、砂地にはいろいろな生き物が見られるのでそれらを楽しみつつ無事沈潜に到着、こちらも小物類がいろいろ見られました

そしてこの日いちばん記憶に残ったのはタコさん
砂地にちょっと口を開いた2枚貝が目についたのでのぞき込んでみると、タコと目が合ったのでした
ちょっと貝を開いてみようとしましたが向うも必死、結構小さい体なのにあらためてタコの吸盤の力強さを知ることができました





http://vamos-diving.blue.coocan.jp

 

GWは大瀬崎へ

 投稿者:vamos  投稿日:2018年 5月 6日(日)15時34分30秒
返信・引用
  比較的晴天に恵まれた今年のGWですが風が強い日が多かったのが難点でしたね。
バモスでは5/4(金)にリクエストが入っていたのですが、この日も強風が予想されたため第一希望の房総方面でのボートは諦めて大瀬崎にしました。

大瀬崎でも風は強く外海は潜水禁止、そして湾内も波立っていてエントリー時も風でふらつくくらいの状況です。
でも潜ってしまえば水中はおだやか、そして透明度は6~8mくらいですが感覚的には春濁りのような視界不良といった感じではありませんし、水温も18℃くらいあるのでストレスなく水中散歩が楽しめるような状況でした。

湾内では中層を泳ぐ魚が少なめなので砂地のムラサキハナギンチャクの美しさに見入っていたところ根元にいるミズヒキガニが目に入りました。
これまであまりこの部分には注目してなかったんですが、別のハナギンチャクにもミズヒキガニがいたので、これから彼らをさがす楽しみが増えた感じでちょっと嬉しい発見でした。

2本目は先端に行きましたがこちらも強風で出入りにはひと苦労しましたが、そんな苦労をしても先端の魚の多さには癒されます。
そして3月の上旬に潜ったときは水が冷たくてイソギンチャクの中でじっとしていたクマノミさんたちも今回は元気に泳いでました。

ここのところは夏日も多く水温も上がってきたので個人的にはそろそろウェットに切り替えたい衝動にもかられていたんですが、これだけ風が強いと晴れていてもまだドライスーツの方が快適でしょうね。
この時期はスーツ選びに迷いますが、寒がりの方やウェットは普通の5㎜ワンピースしか持っていないような方はまだまだドライスーツをお勧めします。



http://vamos-diving.blue.coocan.jp

 

/65