投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


大瀬崎で海洋実習

 投稿者:vamos (c)  投稿日:2018年11月12日(月)16時31分30秒
返信・引用
  日曜日は海洋実習で大瀬崎に行ってきました
晩秋ということもあり、とにかく寒くならないことを祈りながら迎えた実習日でしたが、風も弱く日差しもあってウェットを着てのセッティングでは汗をかくほどでした
海の中も水温20~21℃あって、ベストを着てもらったので寒さで震えることもなく水中世界を楽しんでいただけたようです

今回は実習最終日ということで中性浮力を意識しつつちょっと深めの水深に行くこと、そして水中の世界を楽しんでいただくことが目的でしたが、出ました!アオリイカの大編隊!
他にもイサキやスズメダイの群れ、そしてそこに突っ込むイナダの姿なども見られて、秋の海の中の楽しさを味わっていただけたようです。

そしてこの魚の多さに驚いていたYさんからは「こんなに魚が多いところ、他には無いでしょ?」なんてことも聞かれましたが、「いやいや、大瀬崎でも先端に行けばもっと魚が多いし、房総の海もここに負けないくらい魚がいっぱいいますよ」と答えたことは言うまでもありません。
実際この時期は水族館で潜っているみたいに魚いっぱいのポイントも多いので、これからも近場の海でいっぱい楽しんでいただければと思います。

今回講習ということであまり生物探しはしませんでしたが入ってすぐのところにネジリンボウもいたし、ここのところ悪かったという透明度も10mくらいまで回復してきたので、ファンダイブご希望の方も楽しめる状況になってきました。
今がベストシーズンの伊豆の海を楽しみたい方は、ぜひリクエストお待ちしております!

http://vamos-diving.blue.coocan.jp/

 

秋なのにニゴニゴの井田

 投稿者:vamos (c)  投稿日:2018年10月31日(水)15時52分57秒
返信・引用
  日曜日は秋晴れの中の快適なダイビングを期待して西伊豆の井田に行ってきました。

道中では雪をかぶった富士山もきれいに望め気持ち良い休日の予感だったんですが、海の中は秋だというのにニゴニゴ状態でした・・・。
濁り方も、うねりで砂が舞い上がっているというよりは春のように浮遊物で薄暗い感じの状態で、ちょっと離れるとバディも霞んでしまうような感じです。

だからタカベやイサキの群れも目を凝らさないと見えないので、何かいるみたいだなと思って近づいて行ってようやく巡り合えるといった具合でした。
そんなこともあってワイドは諦めて近場の生き物を楽しもうと思ったんですが、これまた見たいと思っていたベンケイハゼやニシキフウライウオには出会うことができませんでした。

でも浅場の安全停止付近の水深ではソラスズメダイの群れが凄かったし、Motoさんが見つけてくれたキリンミノのチビちゃんもなかなか可愛かったです!
ちなみにカメラは持って入ったけどこんな状況なので撮った写真はこのミリンミノだけ、しかも波に揺られてこんな写真しか撮れませんでした

http://vamos-diving.blue.coocan.jp/

 

秋晴れの中、海洋実習

 投稿者:vamos (c)  投稿日:2018年10月22日(月)14時09分46秒
返信・引用 編集済
  この秋、雨が降らなった日は数日しかなったそうですが、ようやくすっきりした秋晴れになりましたね
そんななか、S夫妻の海洋実習で勝浦に行ってきました

秋はダイビングのハイシーズンということで週末はツアーが設定されている日も多く、ようやく1回目の実習の設定ができたのが10月の下旬
水温はまだ高いものの天気次第では寒い思いをすることにもなるので、天気が良くなることを祈ってましたが、その祈りが通じたようです

この日は北風が強めの予報でしたが勝浦のビーチは比較的影響を受けにくいので、生け簀での基礎練習の復習は順調に進行
ただ時間の経過とともにうねりの影響がでてきて、2本目のころには生け簀の外に出るとちょっと底揺れがあり砂も舞い上がって視界も低下気味でした

それでも日差しもあって水中は明るいし、ご夫婦ということもあってお互いに手助けしたり、気遣いをしながらの実習は見ていてもすがすがしいですね
次回の実習は11月に入ってからになってしまいますが、次回も好天気に期待したいところであります

そんな実習も無事終了し、さあ帰ろうと思ったら今回もまた勝浦のアイドル「あおもり」に車を乗っ取られてしまいました
今回は横のドアを開けていたわずかなスキに占拠されてしまったようです
ちなみに前回は床のブレーキペダルの前で寝てましたが、運転席が好きなのかなあ?


http://vamos-diving.blue.coocan.jp/

 

虹を超えて井田の海へ

 投稿者:vamos (c)  投稿日:2018年10月17日(水)17時17分18秒
返信・引用
  14日は未明から結構な雨降りとなりましたが、伊豆に向かう道中の小田原付近ではきれいな虹も見られ、井田で潜るころには予報通り天気も回復してきました
風も東寄りのため海はとっても穏やか、11日に引き続きエントリー口にも砂が堆積していて海への出入りもしやすい状況でした

この日はエントリーしていきなり浅場でタカベの群れがお出迎え!
日の光が差し込む中で群れが黄金色に輝く景色は何度見ても感動する風景で、秋の井田の海の最高の”おもてなし”ではないでしょうか
こちらの動画はフェイスブックにあげておきますので良かったらご覧ください

到着したときは17℃だった気温も日差しとともに上昇して昼頃には23℃まであがり、水温も23度ととっても気持ち良いダイビングが楽しめる一日となりました
海の中もタカベ以外にもたくさんの魚がいて飽きない状態です、ただニシキフウライウオは探したのですが見つけることができなかったのが残念でした

さてこの先の週末も結構予定が入ってしまっていますが、11月の第1週はまだあいてますので井田や大瀬崎以外でもリクエストありましたらお待ちしております

http://vamos-diving.blue.coocan.jp/

 

井田で海洋実習

 投稿者:vamos (c)  投稿日:2018年10月11日(木)17時38分47秒
返信・引用
  9月からOW講習受講中のEさんの海洋実習で井田に行ってきました

この日の井田は干潮時間帯とも重なって波もなくとっても穏やか、そして連続で来た大型の台風のおかげで砂が堆積してエントリーもしやすくなり、海洋実習にはもってこいの状況。
水中はまだ白っぽいものの水自体はきれいなので透視度も良いところで10mくらい、水温も24℃と快適な秋の海でした。

Eさんもとっても落ち着いていて講習も順調に進み、無事にOWダイバーの誕生となりました。
なにより驚きは空気消費量がとっても少なかったことで、私やイントラ資格をもっているMさんと同じくらいしか消費していなということは、これから相当エアもちがよいダイバーになっていきそうですね。
今後のツアーへの参加もお待ちしております!

今回は講習ということであまり小さな生き物さがしはせず、また潜ったタイミングも悪かったのか井田にしてはスズメダイの大群なども見れませんでしたが、それでもイサキの群れは結構見ることができました
情報ではニシキフウライウオなども見られるという話も聞いているので、今週の日曜日にまた計画している井田ツアーも楽しみですね

http://vamos-diving.blue.coocan.jp/

 

ダイビングツアーの予定です<11/3更新>

 投稿者:vamos (c)  投稿日:2018年10月 7日(日)17時52分3秒
返信・引用 編集済
  11/11(日) <この日は海洋実習のためツアー設定はありません>

11/18(日) 西伊豆/大瀬崎 2ビーチ ¥19,500~21,500 <残席2名>
 ☆湾内は風やうねりの影響をうけにくく初心者でも安心して潜れますが、生き物も多くベテランにも人気のポイントです。
  休日限定の先端は魚が多くここもリピーターに大人気のポイントで、ディープダイビングの講習も可能、また水曜と土日はナイトダイビングも可能です

11/23(金)or24(土)or25(日) 東伊豆/熱海 2ボート ¥24,500~26,500
 ☆水深30mほどの所に沈んでいる沈没船には長い年月でソフトコーラルが茂り魚たちの住処になっています。
  沈没船以外にも根の周りを潜るポイントがあって、こちらにも魚が多く人気の潜水地です。
  なお沈没船は水深が深いのでディープダイビング修了者が参加の条件です、未修了の方は講習も行えますのでご相談ください

12/1(土)or2(日) 外房/勝浦 2ボート ¥24,500~26,500
 ☆勝浦のメインポイントはボートダイビングのイソムラで外海らしく魚も多くみられます、また冬季限定のポイントもありますがどちらも経験者向きとなります。
  もう一か所あるボートポイントのベンテンは比較的経験が少ない方でも潜れますので、そのような方は初心者でもOKのビーチポイントと組み合わせて潜ることも可能です。
  ビーチではスキンダイビングの練習やタイドプールで磯の生き物観察もできます、また第1土曜日はナイトダイビングもできるので興味ある方は問い合わせください


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

上記の予定のうち<残席>の表示がないものは週末を中心とした参考としての予定です。
行先は決まっていませんので、ご希望により調整しますので問い合わせください

また平日や土曜日など上記にない日もリクエストいただければ調整しますので、お気軽に問い合わせください
※バモスの定休日は火曜ですがツアーや講習は定休日でも実施します

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

房総方面ツアー(勝浦、なめがわ、波左間、見物、勝山)は随時1名様から実施、夏の休日を除けば伊豆方面でも1名様から実施します(2018年6月8日付掲示板記事参照)、詳しくは問合せください。

http://vamos-diving.blue.coocan.jp/

 

10年ぶりの富戸ダイビング

 投稿者:vamos (c)  投稿日:2018年 9月29日(土)18時06分20秒
返信・引用
  金曜日は富戸で潜ってきましたが、バモスで富戸ツアーを開催するのは平日のみということもあって随分久しぶりのダイビングでした
記録を調べてみるとたぶん最後に潜ったのはちょうど10年前みたい、それじゃあ海の中もどんな様子だったか覚えてないわけですね

今回富戸に行ったのはNaomiさんからリクエストをいただいたからなんですが、そのNaomiさんもここで潜ったのはかなり前のこととか
ただ水がとってもきれいで美しい魚もいっぱいいて、まるで沖縄で潜っているようだったとの記憶が忘れられなかったからだそうです

これはちょっとハードルが高いなあと思いつつ、とにかく潜ってみようことでエントリーしてみました
するときれいな所では透明度も15mくらいあるし、浅場のイソギンチャク畑ではクマノミやミツホシクロスズメダイなどは明るい光も差していたので結構きれいです

さらに進んで水深も20mくらいまで行くとシラコダイの群れなども見られましたが、さすがに沖縄のような景観までにはいきませんでした
Naomiさんの話ではもう少し寒い季節だったような記憶もあるとのことでしたが、たしかに12月前後になって水が澄んでくると富戸に限らず伊豆の浅場は沖縄みたいな感じになることが多いので、またその時期に期待したいですね

さてそんな久々の富戸は、温泉丸やシャワーなどの施設は10年前とはそれほど変わっていない感じでしたが、ヨコバマへの器材の運搬に車が使えるようになったりエントリー口に上屋付きの休憩スペースができたりして快適さもちょっと向上したようです
今後も富戸ツアーは平日のみの開催ですが、お一人様でも実施しますのでご希望の方はリクエストください

http://vamos-diving.blue.coocan.jp/

 

魚いっぱい 秋の井田

 投稿者:vamos (c)  投稿日:2018年 9月24日(月)17時50分26秒
返信・引用
  今年の夏はあまりに暑すぎたためかツアーのリクエストも低調、盛夏は伊豆方面のお一人様ツアーをお断りしていたこともあって伊豆の海で潜るのは2か月ぶりになってしまいました。

ようやく酷暑も過ぎた秋の伊豆の海は、水温もまだまだ高くてとっても快適です。
そして海の中は魚の群れがいっぱい、浅場では今年生まれたアオリイカの編隊もあちこちに見られ、もう水の中を漂っているだけで楽しい気分に満たされてきます。

秋のお月見も近づいたこの日は大潮にも近く、夕方の満潮時間に合わせて潜れば魚の群れも楽しめそうだということで3本潜ることを計画してダイビングをスタート
1本目は深場を目指し-30mでベンケイハゼとご対面してきましたが、ここまで潜っても水温が25℃あるのでとっても快適です。

2本目以降はいつものようにゴロタ沿いにー24mくらいまで行き、帰りは中層を楽しみながら戻ってくるパターンですが、周囲はスズメダイやイサキの群れがいっぱいです。
そして潮もだいぶ上げてきた3本目になると群れの動きもさらに活発になってくるんですが、この日目についたのはソラスズメダイです。

普段はどちらかというと浅場でその青く美しい姿で目を楽しませてくれるソラスズメダイたちですが、この日はちょっと深めのところまで群れを成して泳ぎまわったり、大き目の石の上で群れてついばんでいる姿が、差し込む日の光を受けてとってもきれいに輝いているのが印象的でした。

これから秋の深まりとともに魚たちの群れは更に大きくなって、感動のシーンが見られるようになってきます。
この素晴らしいシーズンを逃さないでいただきたいので、皆様からのリクエストお待ちしております

写真はイサキの群れ motoさん提供

http://vamos-diving.blue.coocan.jp/

 

ナイトダイビングも楽しい季節です

 投稿者:vamos (c)  投稿日:2018年 8月10日(金)16時12分36秒
返信・引用 編集済
  休日の伊豆方面おひとり様ツアーは来週末の18日より再開となります。
最近は西伊豆方面にとっても良い潮が入ってきているようで、昨日の大瀬崎でも透明度20~50m(ホントか?)なんて声も聞こえてきているようですよ。
皆様のリクエストお待ちしております。

そして9月はナイトダイビングが気持ち良い季節でもあります。
大瀬崎では毎週土日と水曜日にナイトで潜れますが、9/1(土)は20時30分から花火大会も実施されます!
大瀬崎のナイトは日帰りでも実施できますがやはり泊りで行くのがおすすめです。
ナイトは不参加でのんびり花火を楽しむのもOKですので、9/1(土)~2(日)の大瀬崎泊りツアー希望者いましたらお知らせください。

本格的な秋の海に比べると9月の透明度は若干落ちるかもしれませんが、ナイトで潜ると昼間は見られない生き物がいっぱい見れますし、何より地上が温かいので快適に潜れるところが初心者にもお勧めです。
他にも9月は1日と8日に川奈でもナイトダイビングを実施中、また勝浦では毎月第一土曜日に実施しています。
ナイトダイビングやったことない方はこれを機に始めてみませんか?

http://vamos-diving.blue.coocan.jp/

 

真夏の館山 海が気持ち良いですよ

 投稿者:vamos (c)  投稿日:2018年 8月 5日(日)14時57分35秒
返信・引用 編集済
  先週末の台風が去って一週間、館山の海の中もカラフルな魚たちがだいぶ増えてきました

この日潜ったのは水中神社とコブダイの頼子に出会えることで有名な波左間ですが、この波左間でも先日の台風の影響で潜降ロープが動いてしまったとか
そのため潜降ロープから水中ドームまで直行で降りれるようになり、降りるとすぐにカゴカキダイの群れがお出迎えしてくれました

水温も猛暑で火照った体には気持ち良い27℃、透明度も10mくらいは見えていて潜っているだけでも快適なダイビングですが、ここ波左間では人懐こいコブダイの頼子が我々を待っていてくれます
この日はすでに1時間前と30分前にもダイバーが潜っているので、もう飽きて遊びに来てくれないかなとも思ってましたがそんなことはありませんでした

その後水中神社でお参りし、貝殻にイソギンチャクを背負ったヤドカリを見たり、謎の幼魚を発見したり、水中ドームに頭を突っ込んだりと遊んでいるうちに潜水時間は終了
ゲストのNaoさんはご自身で楽しみを見つけられる方なので、これくらいの潜水時間では足りなくてもっと潜っていたかったとも言ってましたが、それくらい見どころいっぱいの波左間なのでありました

2本目はドリームに行きましたが、流れも弱く透明度も15mくらいはあったのでタイヤ漁礁を往復
タイヤの上にはイソギンチャクがいっぱい着いていて小物探しも楽しめます

ドリーム漁礁では好奇心旺盛なNaoさんは私が案内するよりも先に漁礁の中を泳ぎだし、本当に楽しそうな感じが伝わってきます
そしてコブダイが現れると手を差し出してコミュニケーションをとろうとしていている姿は、見ている自分も思わず楽しくなってきてしまいます

夏シーズンも真っ盛りとなり、波左間に行く途中の館山の海水浴場はどこも人でいっぱいでしたが、伊豆方面の大混雑や大渋滞に比べればまだまだ許容範囲
ダイバーもこの日は通常の週末と変わらないくらいの感じで、混雑が苦手な方でも問題ないレベル
房総方面はお一人でもツアーを実施しています(休日の伊戸は2名様から)、潜りたい方はまだまだリクエスト募集中ですので問い合わせください

http://vamos-diving.blue.coocan.jp/

 

/66