<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助
sage

  • [68]
  • 喫茶店でおしゃべり

  • 投稿者:もも
  • 投稿日:2012年11月 7日(水)10時42分0秒
  • 返信
 
この一年で、出会った喫茶店があり、
そこがカウンター式で、初老の男性がひとりでやってるので、

統合失調症の友人と一緒に行った。
前々から友人はその喫茶店にたまに行っていたらしい。
よく友人がしゃべるので、私はひたすら黙って話しをきいていた。
友人は多分だが、
アスペを持っている、だから空気が読めない。
体調が悪い日があり、かなりうつだった、体力も限界で
思った以上に力がなく、カウンターに座ってるのも大変で。
人の顔がみえるのも、圧迫感しか感じず辛く・・・。

その時に、友人に疲れたからそろそろ帰らないというと
まだ、私はいいから~と
友人の車でのせてきてもらっていたので、帰れず。
喫茶店に入ってから一時間近くたっていた。
もういいんじゃないか、もうだめだ。。
鍵をかりて、車のなか、8月の炎天下、クーラーを入れさせてもらえず
助手席に横たわった。
それからも待たされた。
どうしていつも気持ちをわかってあげてるのに、こういう時に
私の気持ちはわかってもらえないのだろう?冷たすぎる。
待たせてマスターと話してる、友人。。
その後、ニコニコ笑って走って車にきた、15分経過していた。
待たせると悪いから~と言った。
納得したからでてきたのだなと思った。

むしょうに原がたった。
それより、他の友人に携帯でぐちっていたので、
今こられても、でもすごくストレスで。

そういうやりとりをマスターは知っている。
「あなたも、強情だなあ」
と言ったらしい。

10年近くになる付き合い。

それから、とげとげしい言葉が数々彼女から出るようになり。
疑問だった。
疲れた。
それでしばらく縁を遠くした。

その間、ふつふつと色んなことがよみがえり
マスターに話にいくようになった。
なにせ、誰も客がいないので話しやすい。
それに、友人が心の病気だと自らいっていたので、
もう何でもよくなり、
どうせ私もそう思われてるのだろうと思い、話してやる!と
息巻いて喫茶店にいった。
他人に自分の病気のことを話す経験などなくひたすら隠して息を殺し
いきてきた。
それから、私は三時間。。。

その話を他の人に話すと、
人がすきなんだね~ほんとは人がすきなんじゃない?
といわれた。

違うように思う。そうでもない、人より怖いものはない。
つまり、
私には、家族がいなくて、むしろきょうだいも冷たく無理解で
暴言、嘘を言うし、冷たく厳しい。ひどい。
だから、
他人しかいないのだ。
この人ならと思った相手に、あれこれ話す・・
これによって、少し変わった。
いやな体験も、七転び八起き。

人がすきなんだねと言った友人は
実家の母や姉や、愚痴をいえる本音を言える人がいる。私には
それを受け止めてくれる人は、他人。
しかいない。
人がすきなのではなく、わたしのような家族がいない人間が
できることは、垣根を作らず
他人のフトコロに入って我慢する事がどうしてもできなきゃ
話し相手もないって事で。
他人の垣根崩しの橋渡しかも知れない。
見られて恥ずかしいのものが何もない。